Greater Manchester Club の総会に参加してきました

ゴールデンウィークあたりに風邪を引いてしまい、それが治りかけてきてはいるのですが、咳が全く止まらない状態です。夜も咳のせいでなかなか眠れず、睡眠不足で会社に行っていたので、ちょっとフラフラでした(なので、ブログを書く元気がありませんでした)。

帰国してから、週に3回くらいのペースで飲みに行っていたので、その疲れが出たのかもしれません。それも一巡してきたので、来週あたりから少しずつ時間のゆとりができてくると信じています。

ただし、船便がもう少しで家に着くらしいので、着いたら着いたで荷物整理が大変そうです。


前置きが長くなりましたが、今日はGreater Manchester Clubの総会に参加してきました。マンチェスタービジネススクールの先輩からご連絡を頂き、せっかくなので参加してみました。

Greater Manchester Clubは、マンチェスターになんらかの関わりがある方であれば誰でも参加可能なクラブのようです。

参加した総会は英国大使館で行われ、毎年1回開かれているようです。1年間の活動報告の後、神戸大学の教授によるバイオマスに関する講演("カーボンニュートラル"と"バイオリファイナリー"がキーワードであると強調されていました)があり、最後にバンケットでした。

こういった機会はネットワークを広げるチャンスではあるのですが、なぜかこういう時に限って、名刺入れに名刺を補充し忘れ、手持ち3枚で参加しました、、、

名刺がないと話しかけづらかったりもするのですが、いろいろな方とお話しすることができました。中でも、以前クレデリのトレーディングをやっていたという方が二人もいらっしゃり、ひょんなところでお会いするものだなぁ、と思いました。

MBA留学のベネフィットの一つに、ネットワークの拡大があるかと思いますが、確かにいろいろな方と出会える機会は増えると思います。名刺交換に留まらず、その次の段階まで発展させることができるかどうかが重要だとは思いますが。


ちなみに、昨日は昨年うちの会社を退職された方2人と飲みに行ったのですが、なんとお二人ともクレデリ関係のお仕事をしていました。おお、なんという偶然。


とりあえず、風邪を治したいと思います。

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

大事な立ち上げ時期に、風邪は怖いですね。お互い気をつけましょう。

年初からのIBプロジェクト、帰国、仕事開始とあまり休む時間がなかったので、その疲れが出たのかもしれません。風邪は万病のもとですからね。

投資一族の長さんも、新しい生活環境で体調にはお気をつけください。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin