マイホームを買うべきか? - アウトフレーム工法ってかなり重要だと思います

最近、「マイホームは結局買うのか買わないのか」と聞かれることもあるのですが、現時点において買うという選択肢はかなりトーンダウンしている、というのが正直なところです。やはり迷っている間は買ってはいけない気がします。

ただ不動産の折込チラシにはできるだけ目を通すようにはしていますが。

さて、以前紹介した高く売れるマンション暴落するマンション―資産価値を絶対下げない85ポイントという本に書いてあったのですが、アウトフレーム工法という建築の手法があるのでご紹介しておきます。

これを知っていると知らないとでは、チラシの見方が変わると思います。


アウトフレーム工法というのは以下のようなものです(ヤフーのページより引用)。

outframe.JPG


http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p=%A5%A2%A5%A6%A5%C8%A5%D5%A5%EC%A1%BC%A5%E0%B9%A9%CB%A1


ということで、柱や梁が室外に出ているかどうか、という話なのですが、柱が室内に出っ張っていると、家具を置きにくかったり、デッドスペースができてしまったり、ととにかく使い勝手が悪くなってしまう気がします。

ということで、いくつかサンプルを見つけてみました。

outframe1.JPG

左上の洋室、下のLDKの部分に柱(黒い四角。以下、同様)がでっぱっていて、ちょっと使いづらそうな間取りです。


outframe2.JPG

こちらの物件も、四隅に柱が出ていて、家具とか置きづらそうです。窓やバルコニーがあるとその前には高い棚は置けません。


次はよさそうな例です。

outframe3.JPG

こちらは柱が室外に出ているため、各部屋はほぼきれいな四角形になっていて上の例と比べると明らかに使いやすそうです。


outframe4.JPG

さらに進んでいるのがこちら。右上の部屋は若干柱が出てしまっていますが、ベランダ側の柱は完全に外側に出ています。このようになっていると、隣の部屋から覗き込まれる可能性はありません。つまり、プライバシーが確保されているわけです。


ぼくはマンションについての専門家ではないので、きちんとした説明はぜひ以下の本を参考にして頂きたいのですが、マイホームを買うにあたって、生活しやすい空間を確保するというのは非常に重要なことだと思います。

高く売れるマンション暴落するマンション―資産価値を絶対下げない85ポイント

ただ、どのような視点で住宅を評価するか、といったことを普通はあまり勉強する機会がない(または勉強しない)まま、買ってしまうこともあるかと思います。しかし、一生で最大の買い物であるならば、できるだけ後悔はしないようにしたいものです。

ある程度まで調べたら、エイヤッ!で買うしかないとは思いますが。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin