原状回復工事の打ち合わせ その2

先日に引き続き、再び原状回復工事の打ち合わせに行ってきました。

原状回復工事業者の方にいろいろなバリューアップ案を提案して頂いたこともあり、今回も単なる原状回復工事という感じではなく、いろいろなバリューアップ工事をすることになりました。

今まで原状回復工事はすべて管理会社さんに(ある意味)丸投げしていたので、クロスやCFを自分で選ぶなどと行った作業はしたことがありませんでした。ところが、今回はクロスの見本をいろいろ見ながら、どれがよさそうか、CFは最近は白っぽいものが流行っている、などといろいろなアドバイスを頂きながら自分で決めていくことができました。

そういう意味ではかなり勉強になりました。クロスは「継続」のものから選ぶのがよい、とか。


ということで、最終的に決まった主なバリューアップ工事は以下の通りです。

  • アクセントクロス(DKの一面および下駄箱正面)
  • ジョイランナーの取り付け
  • キッチンの混合水栓をシングルレバー水栓へ交換
  • 浴室の2ハンドル混合水栓をサーモ水栓へ交換
  • トイレのペーパーホルダーの交換
  • テレビインターホンの取り付け
  • くねくねミラーの設置
  • 照明器具を今風なものに交換
  • コンセントプレート、スイッチプレートを今風なものに交換
  • 火災報知器の設置(←これは義務です)

今回も工事費はそれなりの金額になりそうですが、今まで入居されていた方は10年以上(?、正確な年数は把握できず)住まれていたそうなので、かなりの工事が必要になるのはある程度は仕方ないかと思います(ちょっとバリューアップしすぎな気もしますが、とりあえず実験です。うまく賃料アップにつながるとよいのですが)。

でも、今回は今まで以上に自分でいろいろ見ながら決めていったので、今から工事完了が楽しみです。工事内容については、工事完了次第、写真を撮ることができればまた掲載したいと思います。


ちなみに、今回お願いしている原状回復工事業者の方は工藤一善さんです。

以下の著書(大家さん必読です!)を読ませて頂いて、ぜひ一度お願いしてみたいと思い、今回直接コンタクトを取ってみました。

日曜日はお休みと書いてあったのですが、とりあえず電話してみたところ、ご本人が直接出られ、そのまま原状回復工事について少しお話をさせて頂き、今回工事をお願いすることになりました。

思い切って直接電話してみて、よかったです。

勝ち組大家さんの高収益アパマン経営マニュアル~原状回復工事業者が初めて明かす儲かるサポート業者の選び方
482720506X


工藤一善.com

リメイクプロ

大家検定 神奈川 ブログ



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin