住まいの解剖図鑑―心地よい住宅を設計する仕組み

住まいの解剖図鑑―心地よい住宅を設計する仕組み
4767809185


住宅設計の現場には、家づくりの先人たちが積み重ねてきた知恵や工夫、心憎いまでの「ふつう」があります。それらのエッセンスを、550点超のイラストと洒脱な文章で分解・抽出した「住宅版・解体新書」。家づくりに関わる全ての人へ。

■目次

・はじめに

・1 気持ちよさにはワケがある
 家づくりとは? 住宅の設計は、お弁当づくりに似ています。
 ポーチ ソトとウチのあいだで、誰でも気持ちのギアを入れ換えている。
 玄関 入口で靴を脱ぐのは、なぜ?
 階段 その部屋が狭いのは、階段の演出をミスしたせいかもしれません。
 ドア 人は滑らかに移動したい。ドアはそれに従います。
 リビング 翻訳するなら「座る部屋」。
 和室 畳が敷いてあれば、和室でしょうか?
 ダイニング ダイニングテーブルは、見かけよりずっと大きい
 キッチン 設計のプロでも、機器の配列はアヤシイ。
 キッチン+ダイニング(平面) 冷蔵庫は八方美人。誰かれかまわず呼び寄せる。
 キッチン+ダイニング(断面) 「アイランド役」を、演じきるのは難しい。
 ベッドルーム ベッドの置き方を間違えると、真夜中にダイビングするはめになる。
 収納 モノは生きている。とても出たがり・夜行性。
 トイレ 手洗いは、お手洗いの中で。
 浴室 日本のお湯は、みんなのものです。
 洗面室と水廻り 洗濯機の居場所が決まらないと、洗面室の中身も決まらない。
 給水・給湯・排水 握手するのなら、行き先くらい聞いてやれ。

・2 箱のかたちにはイミがある
 屋根・軒 雨の日に傘を差すように。レインコートを着るように。
 軒下 日傘のありがたさを知っているのは、ご婦人だけではありません。
 庇 窓の上には、どんな帽子をかぶらせますか。
 壁と開口 壁に穴をあけるのか、穴を壁でふさぐのか。
 開口部 あなたの前には、七つの窓があいています。
 断熱・通気 行くべきか、とどまるべきか、空気はいつも迷っている。
 風通し 野暮だねぇ、エアコンで風鈴を鳴らすのかい。
 音 吸ったり、遮ったり、響かせたり。
 敷地と道路 敷地は道路にぶら下がっている。
 敷地の方位 敷地の向きを決めていたのは、道路でした。
 建物の配置 「ルビンの壺」の気になる二人。
 駐車スペース クルマは見かけよりずっと大きい。

・3 人にも寸法にもクセがある
 動線 いちいち降りなくても、両手を使えば枝づたいに渡れます。
 共有と専有(プライバシー) あなた、家族、たくさんのあなた。
 共有と専有(装置) 私のモノは私のモノ、みんなのモノも私のモノ。
 尺と坪 「三センチの虫にも十五ミリの魂」とは言いません。
 グリッドとモジュール パズルのルールは、簡単がいい。
 基準線と壁厚 厚みがない本は立たない。壁厚がない家も建たない。
 断面 バンズのないハンバーガーなんて、うまくない。

・column
 畳の五カ条/家族のタイムテーブル/平凡な案から/方針・決心・変心
 「ふつうじゃダメなのかい?」/平面のトポロジー/無目的という目的もある

・あとがき

http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/76780918


住宅の各パーツにどのような役割があり、なぜそのように設計されているのか、といった話が細かく説明されています。

例えば、

キッチンでは、冷蔵庫、コンロ、まな板、シンク、の4つがどのような順番で並んでいると使いやすいか、とか、

ドアについては、内開き、外開き、どちらの向きがよいのか、またトイレや納戸のドアはどのようにするべきか、とか、

窓の3つの役割(視認、採光、通風)に対して、どの役割が必要な場合にはどんなタイプの窓が適しているか、

などが書かれています。


住宅を建てるにあたって、間取りの詳細を詰めていくにあたって、一度読んでおくと参考になります。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin