東証、中古マンション価格指数を算出 4月から試験運営

東証、中古マンション価格指数を算出 4月から試験運営

2011/3/4 19:12


 東京証券取引所は4日、中古マンションの価格水準の動向を反映した指数を算出し、4月26日から試験的に公表すると発表した。同地域の類似物件の売買価格を分析し、標準的な価格を導き出す。中古物件の価格形成の適正化を促し、投資家が市場予測をしやすくすることで、不動産投資信託(REIT)市場を活性化させる狙い。

 名称は「東証住宅価格指数」。東京、神奈川、千葉、埼玉のほか、首都圏の5種類の指数を月次で算出し、東証が毎月最終火曜日にインターネット上で公表する。〔日経QUICKニュース〕

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE2E6E290EB8DE2E6E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195164008122009000000

一ヶ月ほど前もこのトピックは取り上げましたが、いよいよ4月末頃から試験的にではありますが、公表を始めるようです。

ということで、東証のプレスリリースはこちらです。

“東証住宅価格指数”の試験的算出、公表開始について

指数の概要は以下のようになるそうです。

指数名称(日本語)

東証住宅価格指数(既存マンション・首都圏総合)
東証住宅価格指数(既存マンション・東京)
東証住宅価格指数(既存マンション・神奈川)
東証住宅価格指数(既存マンション・千葉)
東証住宅価格指数(既存マンション・埼玉)

指数名称(英語)

TSE Home Price Index (Used Condominium, Composite of Tokyo Metro Area)
TSE Home Price Index (Used Condominium, Tokyo)
TSE Home Price Index (Used Condominium, Kanagawa)
TSE Home Price Index (Used Condominium, Chiba)
TSE Home Price Index (Used Condominium, Saitama)

指数計算方法

同質性を有する物件の成約価格の組み合わせを抽出し、リピート・セールス法により当指数を算出します。

基準日・基準値

平成12年1月 100ポイント

公表開始日

平成23年4月26日

算出頻度

月次(2ヶ月前時点の指数値を公表)

指数値の公表

毎月最終火曜日の16時頃、東証ホームページに掲載

とりあえずは、首都圏、特に東京、神奈川、千葉、埼玉、の4都県を対象に算出を始めるようです。


ここからどんなビジネスが生まれてくるのでしょうか、、、とりあえず、しばらくは注目していきたいと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin