2016年4月末頃のアセットアロケーション

先月末のアセットアロケーションです。

今回はアセットアロケーションを少し変更しました。具体的には以下のとおりです。

AAchange201604.png

株式については、日本株式、先進国株式を減らして、新興国株式を増やしました。
そして、リスク資産としての債券は持たないことにしました。言い換えると新興国債券をゼロにしました(ちなみに、安全資産として、個人向け国債は別枠で少し保有しています)。
最後に、REITは日本、先進国ともに増やしました。

ざっくり言うと、付加価値を生み出し続ける資産である株式と不動産を4:1で持ち、債券は持たないことにしたということです。それから、株式の内訳では、これまで浮動株調整後時価総額のイメージに近い形だったのですが、それを浮動株調整前に近い形に変更しています(計算はざっくりです)。

AAchange201604graph.png

新興国債券をなくした分、少しシンプルになったのと、先進国株式などが減ったことで、全体的により分散したのではないかと思います。

ちなみに、目標とするアセットアロケーションは変更しましたが、それに向かってのリバランスはまだこれからですので、少しずつやっていきたいと思います。

ということで、新しいアセットアロケーションをベースにした今回の状況です。

まあ、あまり変化はありません。

AA201604trend.png

AA201604table.png

AA201604trendasset.png

AA201604trendregion.png

ということで、アセットアロケーションでした。

新しい目標に向けて、今後、積立金額など変更していく予定です。あと、売却益が非課税になる確定拠出年金口座では少しリバランスしていく予定です。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • AA201605trend.png
  • AAchange201604.png
  • AA201603trend.png
  • AA201602trend.png
  • mgmtfeechange.png
  • AA201601trend.png
  • trend201512.png
  • AA201511trend.png

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2016年6月 [1]
  2. 2016年5月 [1]
  3. 2016年4月 [3]
  4. 2016年3月 [1]
  5. 2016年2月 [2]
  6. 2016年1月 [1]
  7. 2015年12月 [1]
  8. 2015年11月 [1]
  9. 2015年10月 [1]
  10. 2015年9月 [4]
  11. 2015年8月 [1]
  12. 2015年7月 [4]
  13. 2015年6月 [2]
  14. 2015年5月 [3]
  15. 2015年4月 [3]
  16. 2015年3月 [3]
  17. 2015年2月 [3]
  18. 2015年1月 [6]
  19. 2014年12月 [3]
  20. 2014年11月 [3]
  21. 2014年10月 [1]
  22. 2014年9月 [4]
  23. 2014年8月 [8]
  24. 2014年7月 [3]
  25. 2014年6月 [2]
  26. 2014年5月 [2]
  27. 2014年4月 [4]
  28. 2014年3月 [6]
  29. 2014年2月 [4]
  30. 2014年1月 [4]
  31. 2013年12月 [1]
  32. 2013年11月 [1]
  33. 2013年10月 [4]
  34. 2013年9月 [1]
  35. 2013年8月 [1]
  36. 2013年7月 [2]
  37. 2013年6月 [4]
  38. 2013年5月 [3]
  39. 2013年4月 [2]
  40. 2013年3月 [5]
  41. 2013年2月 [6]
  42. 2013年1月 [1]
  43. 2012年12月 [1]
  44. 2012年11月 [3]
  45. 2012年10月 [4]
  46. 2012年9月 [6]
  47. 2012年8月 [3]
  48. 2012年7月 [8]
  49. 2012年5月 [7]
  50. 2012年4月 [4]
  51. 2012年3月 [2]
  52. 2012年2月 [2]
  53. 2012年1月 [11]
  54. 2011年12月 [7]
  55. 2011年11月 [6]
  56. 2011年10月 [7]
  57. 2011年9月 [5]
  58. 2011年8月 [5]
  59. 2011年7月 [9]
  60. 2011年6月 [5]
  61. 2011年5月 [5]
  62. 2011年4月 [5]
  63. 2011年3月 [7]
  64. 2011年2月 [7]
  65. 2011年1月 [11]
  66. 2010年12月 [3]
  67. 2010年11月 [8]
  68. 2010年10月 [8]
  69. 2010年9月 [12]
  70. 2010年8月 [8]
  71. 2010年7月 [11]
  72. 2010年6月 [17]
  73. 2010年5月 [15]
  74. 2010年4月 [11]
  75. 2010年3月 [12]
  76. 2010年2月 [10]
  77. 2010年1月 [16]
  78. 2009年12月 [18]
  79. 2009年11月 [15]
  80. 2009年10月 [12]
  81. 2009年9月 [9]
  82. 2009年8月 [18]
  83. 2009年7月 [13]
  84. 2009年6月 [17]
  85. 2009年5月 [14]
  86. 2009年4月 [16]
  87. 2009年3月 [13]
  88. 2009年2月 [16]
  89. 2009年1月 [26]
  90. 2008年12月 [18]
  91. 2008年11月 [18]
  92. 2008年10月 [13]
  93. 2008年9月 [14]
  94. 2008年8月 [19]
  95. 2008年7月 [15]
  96. 2008年6月 [14]
  97. 2008年5月 [15]
  98. 2008年4月 [17]
  99. 2008年3月 [29]
  100. 2008年2月 [23]
  101. 2008年1月 [34]
  102. 2007年12月 [37]
  103. 2007年11月 [41]
  104. 2007年10月 [40]
  105. 2007年9月 [43]
  106. 2007年8月 [40]
  107. 2007年7月 [28]
  108. 2007年6月 [27]
  109. 2007年5月 [25]
  110. 2007年4月 [31]
  111. 2007年3月 [27]
  112. 2007年2月 [23]
  113. 2007年1月 [28]
  114. 2006年12月 [29]
  115. 2006年11月 [26]
  116. 2006年10月 [23]
  117. 2006年9月 [27]
  118. 2006年8月 [34]
  119. 2006年7月 [40]
  120. 2006年6月 [28]
  121. 2006年5月 [26]
  122. 2006年4月 [34]
  123. 2006年3月 [14]
  124. 2006年2月 [3]
  125. 2006年1月 [2]
  126. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin