2006年9月のエントリー 一覧

英国の料理はイマイチ(?)、もしくは英国以外の人たちの口に合わない(?)ことで有名ですが、普段どんな感じの昼食を食べているか、簡単にご紹介したいと思います。午後の授業がない時などは、ビジネススクールの外に行くこともありますが、たいていは1Fにあるカフェテリアで食べてしまいます。



フィッシュ&チップスです。いずれも油を使った料理(?)なので、こんなのばかり食べていては太るの間違いなしです。



ラザニアだと思います。コーンが多すぎだと思うのはぼくだけではないと思います。こちらは多くの種類を少しずつという発想がないため、コーンを注文すると、これでもかと言わんばかりに盛ってくれます。



ホワイトシチューです。これもグリーンピースがちょっと多いです。


いずれも2〜4ポンドくらい(約440〜880円)です。ぼくが日本で大学に通っていたのはもう6年くらい前になるので最近の事情は知りませんが、日本の学食の方が断然安くて、おいしいのは間違いありません。

クラスの中には、毎日自分でお弁当を作って持ってきている人もいます。


そんな感じのランチでした。

初めてのSkype

こちらに来てもう3ヶ月以上も経っているわけですが、おととい初めてSkypeをやりました。

おとといはフランスにMBA留学している友人と話しました。それなりに快適に話せたのですが、なぜか途中で雑音?のようなものが入ることがありました。一方、昨日はアメリカにMBA留学している友人と話したのですが、この時はそのようなこともなく非常に快適でした。

こういう雑音とかって、何が原因なのでしょうか。通信速度とかの問題なのでしょうか。

それにしても、料金が発生しないというのはいいですね。かなり便利そうです。


以前、シティグループがコスト削減に乗り出した話を書きましたが、今度はクレディスイスが同じようなことを始めたようです。昨日のファイナンシャルタイムズの1面に出ていました。

概要はこちらです。
Credit Suisse cuts colour to stay in the black

Credit Suisse cuts colour to stay in the black By Lina Saigol,European M&A Correspondent

Published: September 25 2006 02:00 | Last updated: September 25 2006 02:00

Credit Suisse has ordered investment bankers to cut back on colour photocopying, staff parties and client entertainment in an attempt to reduce the Swiss bank's cost base.

The cutbacks - set out in an internal memorandum from Brady Dougan, head of investment banking - are unusual because they come during the biggest boom in the sector since 2000. Typically banks impose savings in downturns. For example, Goldman Sachs ended free fruit after the dotcom bubble burst.

The rest of this article is for FT.com subscribers only


記事によると、クレディスイスの投資銀行部門でカラーコピー代を削減するように、との指示が出たようです。カラーコピーはクライアントへのプレゼンに限定するとのこと。おそらく社内のミーティングであっても平気でカラーコピーを使っていたものと思われます。

これに対して、トヨタでは役員会議でも裏紙が使われている、ということをどこかで聞いたことがあります(聞いた話なので真偽の程はわかりませんが)。しかし、トヨタのコスト削減ぶりからするに、けっこう信じられる話だと思っています。

CSR(Corporate Social Responsibility)に対する注目が高まる中、どんな業種の企業であっても社会的責任が求められる時代になりつつあることを示唆しているように思いました。

ちなみに、ぼくは以前から両面&集約印刷、インクセーブ(グレースケール)で印刷するようにしています。身近なことから始めましょう!

The Diploma Stage 始まる

いよいよ The Diploma Stage が始まりました。今学期(秋学期)は以下の科目を受講します。

Marketing
Corporate Finance
Economics (Macro & Micro)
Accounting (Financial & Management)
M&A Project & Soft Management Skills

初日の今日は、Accounting の補講もあったため、4コマ(90分×4、ただし通常は3コマ)もありました。火曜日は2コマ、水曜日は3コマ、木曜日は一日M&A Project & Soft Management Skillsにあてられており、金、土、日は通常の授業はありません。3連休に思われるかもしれませんが、グループワークだったり、予習&復習だったりで、おそらくほとんど休んでいる時間はなくなるような気がしています。


以下に今学期に配られたテキストを紹介しておきます。


Marketing Management (Marketing Management)
Philip Kotler Kevin Lane Keller
0131457578

Marketing のテキストです。マーケティングでは定番とも言えるコトラーです。12版からケラーという人が著者に加わったようです。


Corporate Finance
Richard A. Brealey Stewart C. Myers Franklin Allen
0071117997

Corporate Finance のテキストです。こちらもコーポレートファイナンスでは定番のテキストだと思います。


Economics for Business
John Sloman
0273683357

Economics のテキストです。


Financial Accounting For Decision Makers
Peter Atrill Eddie McLaney
0273688472

Financial Accounting のテキストです。


Management Accounting (Robert S. Kaplan Series in Management Accounting)
Anthony A. Atkinson Robert S. Kaplan S. Mark Young
0130082171

Management Accounting のテキストです。


Takeovers, Restructuring and Corporate Governance (PIE)
J. Weston J.Harold Mulherin Mark Mitchell
0131225537

おそらく M&A project のテキストだと思います。


Financial Statement Analysis and Security Valuation
Stephen Penman
0071254323

これもおそらく M&A project で使うのだと思われます。


今日はそんなところです。

Potluck party

昨日、マレーシア人E主催の Potluck party (料理の持ち寄りパーティー)に参加してきました。今回は東の方のアジア人限定ということで、中国、香港、マカオ、韓国、マレーシア、インドネシア、タイ、日本(+一人だけですがカナダ)といった国の人が集まりました。全部で18名ほどでした。

集まった料理はこんな感じでした。



実際には後からもう2品ほど追加されました。


アジアの料理はやはりいいですね。たまに辛いのがあることを除けば、たいていは安心して食べることができます。

料理を食べた後は、トランプをやったり、マレーシア人Jの旦那さんがマジックを披露したり、いろいろと今後のことについて話をしたりしました。

その時、なぜかぼくがジャグリングをやることになったのですが、ジャグれそうなものがあまりなかったので、ジャガイモでジャグリングをすることになりました。かなり厳しい状況でしたが、なんとか3 Potatoes から 5 Potatoes まで見せることができ、それなりに受けていたようなのでよかったです。


明日からいよいよ Diploma stage が始まります。ということで、今日はほとんど一日、家で教科書を読んでました。リーディングの量がはんぱじゃないです、、、

Pub Crawl

いよいよ来週から、MBA本番とも言えるDiploma stageが始まるわけですが、その前にみんなで飲みに行こう、ということで昨日行ってきました。正確な人数はわかりませんが、40人〜50人くらいが参加していたような気がします。

まずは学校から歩いて10分ほどのところにあるカレー屋さん。Wilmslow Road の Rusholme 界隈は、カレーマイルと呼ばれていて、インド、もしくはパキスタン系のカレー屋さんがこれでもかと言わんばかりに軒を連ねています。その中にある King Cobra というお店でカレーを食べました。

オクラのカレーやら、パイナップルのカレーやら、とにかくいろんな味があったことだけは覚えています。そして、一部のものはとても辛かったです。前に座っていたクラスメイトのマレーシア人曰く、「これはインドというより、バングラディッシュの料理だと思う」とのことでした。まあ、ぼくにはその違いを理解することは全くできませんが、、、

そして、その後はPub Crawl。パブを次から次へとはしごして行きます。当初の予定では30分ごとに6件くらいまわるようなことを言っていましたが、それではさすがに大変だと思ったのか、夜の0時くらいまでで3件のみにしたようです。ぼくは0時ちょっと前に、2件目から3件目に移動する途中で帰ったので、その後何時頃まで、何件行ったのかは知りません。

こちらのパブは基本的に立ったまま飲むことが多いので、3時間とか立ちっぱなしだと結構疲れます。


それから昨日は、交換留学で今学期マンチェスタービジネススクールに来ている他のビジネススクールの方も一緒でした。中国人、フランス人、マレーシア人、台湾人といった方々とお話しました。こういう機会を通じて、いろいろな方と知り合いになれるのはいいことだと思います。


ちなみに今日は今から、クラスのアジア人だけの potluck party (料理の持ち寄りパーティー)に参加してきます。中国、香港、マカオ、韓国、マレーシア、インドネシア、日本あたりの人たちが参加する予定です。

ビジネススクール以外の学部生や大学院生のスケジュールについては全く知らないのですが、昨日、今日の人の多さから判断するに、どうやら新学期が始まったようです。

ビジネススクールまでは毎日歩いて通学していますが、その時にまわりを歩いている学生の数が明らかにBrathayに行く前と、行った後では違います。

週末の夜とかも、さらにうるさくなったりするのでしょうか、、、


Partners club イベント

ヨーロッパのMBA留学の学生は平均年齢が30歳前後と比較的高いため、他の専攻の大学院留学と比べると既婚者率も高いようです。ということで、配偶者の人たちをサポートするようなアクティビティも用意されていたりします。

今日は Partners club というパートナー(必ずしも結婚しているわけではありません)間の交流を目的とした活動の一環で、簡単なパーティーがありました。

初めてのイベントだったため、自己紹介が中心でしたがやはり外国人の名前を覚えるのはかなり大変です。クラスメイトは名簿があるため、忘れたとしても後で見返すことができますが、そのパートナーまでは名簿がないので一度聞いたらなんとかして覚えなければなりません。

印象的な名前だったりすると覚えられるのですが、一度聞いてん?何?と感じてしまうような名前だとかなり厳しいです。というか、正直、もうすでに忘れてたりします。


次回は来月、各国の料理を持ち寄ってのパーティーがあるようです。

日曜日の朝から先ほどまでの2泊3日、ビジネススクールのアクティビティで湖水地方に行ってきました。Brathayというところで、チームワーク、リーダーシップなどを学んできました。

場所は湖水地方のウィンダミア湖畔です。学校からバスで約2時間ほどのところでした。

10人弱のグループに分かれて、3日間各グループごとにいろいろなアクティビティをやりました。湖でボートをこいでどれだけ多くの目的地に到着できるかを競ったり、大きな木の積み木のようなものをどれだけ早く組み立てられるか競ったり、それから皆でキャンバスに絵を描いたりと、とにかく3日間ぶっ通しでいろいろなことをやってきました。

朝9時から夜9時まで食事を除いて全てアクティビティでした。しかも、2日目の夜は3日目のための準備が必要だったため、21時以降も準備をしたりしてました(最終的にはパブに行ったのですが)。



左に見えるのがウィンダミア湖です。



緑に囲まれたとても気持ちのよいところでした。天気は相変わらずきまぐれでしたが。



こんな感じで、壁によじ登ったり、ポールによじ登って飛び降りたり、してました。


ちなみに、ぼくらのグループは英国人、クウェート人、インド人、フランス人、イラン人、ペルー人、メキシコ人、マレーシア人、日本人といった構成だったのですが、あらためて英語のリスニング力のなさを痛感しました。アカウンティングだったり、ファイナンスだったりの勉強のトピックだとボキャブラリーがある程度限定的なのでまだましなのですが、こういったアクティビティの時のちょっとした会話だと難易度が断然高くなる気がします。


グループとしては、みんなとても協力的だったので、グループ内で衝突することもなく比較的スムーズに作業を行うことができました。この体験で、効率的なチームワークやリーダーシップのみならず、いろいろなことが学べたのでけっこう大きな収穫だったと思います。

先週のボウリングに引き続き、今週も学校のアクティビティでドッグレースに行ってきました。今回も学校からバスで行ったのですが、約15分くらいとかなり近いところにありました。



これがドッグレースの会場です。"競犬(?)場"ですね。



全14レースについての出走予定犬について、直近のレコードなどが載っている冊子を渡されました。これを見ながらみんなで必死に研究しました。



第4レースでぼくが賭けたのは、この4番です。


第1レースから積極的に賭けているクラスメイトもいたものの、よくわからなかったので、ぼくは第4レースで初めて賭けてみました。第1〜第3の結果を踏まえて、賭けてはみたものの、まったくダメでした。ぼくが賭けた4番は6頭中の4着でした。

ちなみに、クラスメイトの中には損益がプラスで終わった人もいました。やりますね。



勝った犬はこのような形で表彰されます。競馬とほんと同じですね。


ちなみに、距離は470メートルで、ほとんどはFlatでしたが、1レースだけHurdlesもありました。また犬の種類は、Greyhoundというもので、競争ではよく使われているようです。


日本にいたときでさえ、競馬を生で見たことがなかったのですが、まさか先に"競犬(?)"の方を見ることになるとは、、、

初めての経験でしたが、それなりに楽しむことができました。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin