2008年6月のエントリー 一覧

基本からしっかりわかる Movable Type 4.1 カスタマイズブック Movable Type 4.1/MTOS 4.1対応 (Web Designing BOOKS)
大藤 幹
4839928215


Movable Type 4.1 にテンプレートを変更するにあたって、購入してみました(さっき本屋で買ってきました)。

Movable Typeは、テンプレートの構造を理解するのに苦労する気がするのですが、この本はテンプレートやスタイルシートについて丁寧に書かれていてわかりやすいです。そういう意味ではこの本はかなりいいです。それからメインページの基本構造と各部分に対するソースコードの説明が載っているのもいいです。

一方、細かいカスタマイズの事例とかは少ないので、いろいろな具体例を知りたい場合はあまりおすすめできません。

Movable Type 4.1

今週末はひさしぶりに時間が取れたので、Movable Type のテンプレートをバージョン4.1に上げました。今までやろうやろうと思いながらなかなかできていなかったのですが、f さんのご協力のもと、無事移行することができました。 f さんありがとうございました。

まだもう少しテンプレートをいじるかもしれませんが、なんとか形にはなったと思います。ウィジェットという形で、コンポーネントを自由に配置できるのは非常に便利になったと思いますが、あいかわらずカテゴリの表示順をいじるのはプラグインを使わないとできないようです。

プラグインでもいいのですが、今後バージョンアップした時に動かなくなったりすると嫌なので、カテゴリー名には番号を振ってしまいました。結局はこれが一番速いのかも知れません。


話が変わりますが、今週はかなり疲れました。ロンドンから出張で来ていた人がいたのですが、火、水、木、とオフィスにいて、その3日とも夜は一緒でした。ぼくはいずれも終電までには帰ったのですが、火、水、木と帰りの時間がエスカレートしていき、水曜日は1:00過ぎ、木曜日は4:00を過ぎてもまだ帰らなかったそうです(うちのチームで最後までいた人は次の日仕事だったので、4時頃でさすがに帰ったとか。金曜日はしんどそうでした)。

あのイギリス人はかなり元気です。

最短で結果が出る超仕事術 (講談社BIZ)
荘司 雅彦
4062820757


この著者

平均的弁護士の10倍の仕事をこなしつつ「ノー残業、土日完全休み」の生活を続け、年収7000万円をキープしてきた 本の帯

そうです。ノー残業ってのがすごいですね。本当なのかな?とか思ったりもしますが、この方がやっていることのうち、少しでもマネして取り入れることができたら、少しは仕事の効率がよくなるはずです。


「着手してしまえば、仕事の半分は終わったようなものだ」 P.35

困難な仕事を先に片付ける習慣を定着させるには、一つコツがあります。それは、「まとまった時間はいらない!途中でいつでも中断して構わない」という気持ちで始めることです。 P.36

どうも取りかかりづらい仕事とかって、ありますよね。まとまった時間が取れそうにないから後でいいか、とかって思ってしまいがちな。でも、やり始めてみたら意外とすんなり終わってしまった、なんてこともよくあることです。とにかくまずは着手するようにしてみます。


最近、さかんに手帳に目標などを書くことの重要性が説かれていますが、これは心理学的に正しい行為なのです。人間というものは「書く」「書いたものを確認する」というコミットメントを繰り返すことによって、書かれた内容に沿った行動を取る(書かれた内容と一貫性のある行動を取る)という傾向があります。そうであれば、どんどん書き込める手帳の方が、携帯端末機器より便利で手軽だと言えます。 P.45

今年の1月頃に手帳を買ったのですが、現在のところまったく使っていません。どうも、手帳を使うのが得意ではありません、、、どうしたもんでしょうか、、、


組織において「朝令暮改」を行う場合、トップは部下や周囲に対して、しかるべき「説明責任」を果たさなければなりません。「かくかくしかじかの事情で、当初の方針をこのように変更します」という理由の説明があれば、下の者も混乱をきたすことはないでしょう。 P.101

説明がないと本当に困ります、、、


私は弁護士として多くの会社を見てきましたが、「仕事は仕事、休みは休み」と割り切った組織の方が、概ねいい業績を挙げています。 P.138

ぼくはこの考え方好きです。なんとなくダラダラ仕事を続けるのは好きではありません。


「なんで私が、こんなつまらない、小さな仕事をしなければならないんだ!」
ビジネスパーソンの多くは、こう怒鳴りたくなった経験が少なからずあるのではないでしょうか?

しかし、つまらない仕事や小さな仕事を絶対に馬鹿にしてはいけません。さきほども少し触れましたが、それらが大きな仕事に化けることが、世の中には結構あるのです。 P.155

ぼくの経験でも、これは確かにその通りだなぁ、と思います。「え、なんでこんなこと?」とか思ったりしても、その経験が後々になって意外なところで役に立ったりするものです。特に入社してすぐの頃は仕事の選り好みはせずに(できないかもしれませんが)、何でもどんどんやっていった方がよいのではないかと思います。


「自称プロ」ではなく「本当のプロ」をめざせ
仕事のプロの条件
① 自分で責任が取れる人
② コスト意識を持っている人
③ お金のことをはっきりできる人
④ 最新の専門知識を有している人
⑤ 結果を出す人
⑥ 約束を守る人 P.189~

どれも重要だと思いました。


しかし、私を含めて同じ部署の人間は全員、その上司を尊敬・敬愛していました。私と同じように罵倒されまくっていたにもかかわらず、です。

その“鬼上司”が部下の尊敬・敬愛を集めていた大きな理由は、自分が決裁印を押した事案に関しては、すべて自分で責任を取ったからです。 P.192

罵倒しまくった上に、部下の責任にしてたら最悪ですね。でも、すべて自分で責任を取ったら、逆に尊敬されるんですね。この差は非常に大きいですね。


余談ですが、私が娘にいつも教えているのは、
「人間にとって最も大切なのは、『約束を守ること』と『自分に非があるときは言い訳せずに謝ること』の2つだよ。この2つを守っていけば、最低限、どこの社会のどんな組織でも通用するよ」
ということです。 P.211

留学中に、外国人と一緒にいろいろな活動をしましたが、この2つができない(をしない?)人がけっこういることを実際に肌で感じました。


一つだけ言えるのは、どんな仕事でも「仕事がやりがいを与えてくれるのではなく、仕事の中から自分自身でやりがいを見つけるしかない」ということでしょう。 P.226

たまに仕事に対して文句ばかり言っている人がいますが、とりあえずは好きになるまで全力で取り組んでみるしかないんだと思います。そしたら、いつの間にかやりがいが見つかるのではないでしょうか。


残業ゼロって、ひびきいいですね。がんばります。

Apple iPod shuffle 1GB シルバー MB225J/A
B000UKLT2S


今まで、S11HTでBluetoothで受信していたのですが、どうもBluetoothのスイッチ操作が面倒だなぁ、と感じるようになりました。

そして、iPod shuffleって、大きさ的にはBluetoothのレシーバーとほとんど変わらないじゃん、ということにふと気づきました。

ということで、価格も下がってきたところだったので、購入してしまいました。価格.comとかも見ていたのですが、送料込みだとそれほど安くないなぁ、ということで、Apple Storeから整備済製品を4500円(送料込み)で購入しました。


ちなみに、整備済製品とは、

整備済製品とは、店頭商品、返品商品、初期不良品などを修理調整し、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品です。新製品同様、1年間の特別保証書をお付けしております。

だそうです。これだとiPod nano(4GB)の現行モデルは11100円で売られています。かなり安いなぁ、とも思ったのですが、nanoだと大きくなってしまうので、初志貫徹でshuffleを購入しました。

そして、イヤホンはもちろん以前購入したカナル形イヤホンをしぶとく使いまわしています。

Bluetoothだと無線ということもあって音が飛ぶこともあったのですが、それがなくなり、かつ、スイッチ操作の回数が減ったのでかなり快適になりました。しかも、iTunesから直接操作できるし。ちょっとまわり道してしまいましたが、こればかりは仕方ありません。

音楽を溜め込んで持ち歩きたい場合は別ですが、その日(または週)に聞く分を入れて持ち歩く分には、iPod shuffle はかなり使い勝手がよいのではないかと思います。

タダで自宅を手に入れるスゴイ方法
日本ファイナンシャルアカデミー
4478000514


今のところ、しばらく自宅を購入するつもりはないのですが、「タダ」ならいいなぁ、と思って読んでみました。

で、実際にどのように手に入れるかというと、

住宅ローン(1棟もの)型

この本のメインテーマ。ワンルーム多数+ファミリータイプ1室のアパートを新築で建築。適した土地さえ見つかれば理論上いくらでも生産可能。自分で高利回りの物件を造り出すこともできる。

というふうにやるそうです。

一般的に投資用のアパートローンと住宅ローンを比べると、住宅ローンの方がかなり条件はよいわけですが、住宅ローンはあくまで自宅用の物件にしかローンがつきません。

ただし、住宅ローンの適用ルールを細かく見ていくと、住宅用の面積が半分以上を占めていれば適用可能だそうで、1棟ものを建てて自宅以外の残りの部分を賃貸に出せば、家賃収入が発生するので自分で支払うことなくローンを返済することが可能になる、という話です。

詳細や具体例は本に譲りますが、1階(もしくは2階)が自宅、2階(もしくは1階)がワンルーム3室などの形の住宅に住みたいというのであれば、この方法はなかなかよさそうですね。住宅ローンであれば、銀行の敷居も低そうだし。

この本、家を建てるにあたって最低限知っておくべき基礎知識なども載っており、個人的には意外と新しい発見がありました。

こんなニュースを見つけました。

賃貸情報サイトに架空物件、公取委「エイブル」に排除命令

 賃貸物件を検索できるサイトなどに虚偽の物件や条件を掲載したとして、公正取引委員会は18日、不動産賃貸仲介大手エイブル(東京都港区)に対し、景品表示法違反(不動産のおとり広告、優良誤認)で排除命令を出した。

 公取委によると、同社は2006年11月~昨年8月、実在しなかったり、既に賃貸契約が結ばれたりしていた都内や埼玉県、福岡県の物件計15件について、入居者を募る広告を自社サイトや賃貸情報サイト「CHINTAI NET」などに表示し、不動産のおとり広告に関する公取委告示に違反した。

 福岡市内のマンションは307号室までしかないのに、308号室のデータを掲載。東京都清瀬市の物件では02年7月に契約済みなのに、07年2月にも募集していた。駅まで徒歩約26分かかるのに「徒歩16分」、1979年2月に建築されたのに「築年 1996/05」などと表示していたケースもあった。

 調べに対し、同社は「契約済みかどうか大家に確認しなかったり、確認しても情報を更新しなかったりした。築年数などは入力ミス」などと釈明した。架空の物件の広告を載せた理由ははっきりしないという。同社は「お客様にご迷惑をかけたことをおわびします」としている。

(2008年6月18日20時02分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080618-OYT1T00618.htm


今回はたまたま「エイブル」が検挙されたようですが、これって業界としては結構普通に行われていることなのかもしれません。

というのも、今回イギリスから日本に引っ越してくるときに、これを実際に体験したからです。

イギリスにいると、日本の物件情報は基本的にはインターネット経由でしか入手できなかったので、インターネットで調べ、よさそうだと思う物件を不動産屋さんに知らせて詳細を調べて頂く、といったプロセスで物件探しをしていました。

ある時、「これはいい!」という物件があったのですが、担当して頂いた方からは次のような返信メールが来たのです。

お問い合わせの物件ですが、現在募集していないものでした。

お客様用のサイトは情報が正確でないことが多く、
見栄えのよいものを載せている場合がございます。

え?そんなことあるの?と正直その時はびっくりしましたが、仲介業者としてはとりあえずお客様をつかまえるために、よさそうに見えるおとり物件を掲載するといったこともあるのかもしれません。

自分なりのプライオリティを決めて、譲れるところと譲れないところをハッキリ業者の方に伝えて、探してもらえば仮にそういう物件で釣られたところの業者さんにお世話になったとしても、満足のいく物件を探すことができるのではないかと思います。

まあ、賃貸であれば購入することと比べればかなりリスクは低いとは思いますが。

現役・三井不動産グループ社員が書いた! 「ダメマンション」を買ってはいけない
藤沢 侑
4478000875


マイホームとしてのマンション購入(特に新築)を考えている方は、一読された方がいい本でしょう。新築マンション販売営業の裏事情がかなり詳しく書かれています。


「一生で一番大きな買い物をするのだから営業マンがすべていろいろやってくれるのは当然だ」と考えている方も多いです。気持ちはわかりますが無理な話なのです。P.42

購入する方からしたら人生で一番大きな買い物ではありますが、営業マンからしたらたくさんいるお客さんのうちの一人にしか過ぎないので、残念なことではありますが、親身になって考えてくれるわけではないという話です。投資と同じで、結局は自己責任ということですね。


あとから自力で変えられないことにこだわり、変えられることにはこだわらないが幸せな人生への切符を手に入れる近道なのです。 P.88

これは確かに重要なポイントだと思いました。マンションの部屋の中は自分たちでいじることができても、まわりの環境とかはどうしようもないですからね。部屋の内部は、時間をかければ、ある程度は自分たちの好きなように作りこんでいくことができますから。


「知りたい場所+洪水ハザードマップ」で検索すればすぐたどり着けると思います。よかったら自分が現在住んでいる所がどうなのかぜひ見てみてください。 P.113

ということで、「洪水ハザードマップ公表一覧」というページを見つけました。現在お住まいになっているところを確認してみるとおもしろいかもしれません。
http://www.river.or.jp/hazard/link/search.html

(6月23日追記)
関連サイトを見つけましたので、リンクを追加しておきます。

ハザードマップで避難経路確認
国土交通省 ハザードマップポータルサイト


あなたにとって一番いい間取りだから勧めているとは限らないのです。
間違いないのは不動産会社にとって一番買ってほしい間取りを勧めているということなのです。P.127

これが営業マンの本音なんでしょうね。もちろんお客様の希望を完全に外れることはないでしょうが、それでも裏にはさまざまな事情があるのでしょう。


あまり慎重になりすぎてしまうといつまで経っても買えなくなってしまうかもしれませんが、そうは言ってもほとんどの人にとって人生で最大の買い物でしょうから、それなりに慎重にはなるべきでしょう。勢いで買ってしまって、後悔するなんてことのないようにしたいものです。

本を読んだり、すでに購入した人の話を聞いたり、いろいろ事前に調査したかどうかで、けっこう選択が変わってくるのではないかと思います。


ちなみに、以前紹介した ↓ こちらの本もオススメです。
マイホームは「貸せる物件」を買いなさい!―後悔しないマンション・一戸建ての選び方・買い方・考え方

「ある投資家の考え」というカテゴリーを追加しました。

最近は、平日は会社勤めをしているので、留学していた時のようになかなかその日にあったことをこのブログに書くこともありません。そこで、普段考えたり思っていたりすることを書いてみたいと思います。

今までと何が違うんだ、と思われるかもしれませんが、とりあえずは書いてみたいと思います。

ブログのタイトルを「ある投資家の日々」から「ある投資家の考え」に変えてみようかとも思いましたが、まあ日々思ったり考えたりすることなので、タイトルはそのままでいいかな、と思っています。


で、初回はモノの価値について考えてみたいと思います。

あるモノがあった時に、その価値は誰にとっても同じなのでしょうか?

これは違うのではないかと思います。株式投資なんかの場合を考えた場合、ある会社の株式1株の価値は一定だと思って、価格の変動に注目して割安、割高などという判断をしたりします。短期的には価値が一定とみなせるかもしれませんが、長期的には変化しますし、どのくらいの量を取得するかによっても価値が変わってきます。例えば、発行済み株式数が100万株の会社で1株あたり1000円で1株取得した場合の1株の価値と、1株あたり1000円で51万株取得した場合の1株の価値は明らかに異なるでしょう。

1株しか保有していなければその企業に対して影響を与えることはほぼ不可能です。しかし、51万株という可半数以上の株数を保有した場合には、実質的にはその企業をコントロールすることが可能になります。だからこそ、TOBで市場から株式を買い集めるときは、直近の株価に対してプレミアムを上乗せした高い価格で行われます。コントロールプレミアムや流動性プレミアムなどが含まれていると考えることができるでしょう。


いきなり株式の例を出してしまいましたが、これは他のものにも言えることだと思います。つまり、モノの価値は誰が持つかによってかなり変化しうるのではないか、ということです。例えば、パソコンを1台10万円で買って、インターネットを楽しむだけに使う人もいれば、そのパソコンを使ってビジネスを始めリターンを得る人もいるでしょう。これを投資ととらえると、前者の人はリターンはほぼゼロかもしれませんが、後者の人はリターンはプラスです。

「あのパソコンが10万円で買えるなんて、安い」「いや、あれだったらあと1ヶ月もすれば値崩れするはずだ」などと、モノ(パソコン)の構成要素(パーツ)に着目して高いとか安いといった判断をすることがありますが、割安に思えて購入したとしても、そのモノをきちんと使って、買った人にとっての価値を高められるかどうかが重要なのではないかと思います。

買ったはいいけど、すぐに使わなくなってしまった電気製品とかあったりしませんか?

ちなみに、うちの食器洗浄機はかなり使われています。この食洗機は日に日に割安になっています。

初めて知ったのですが、土日でも住民票が取れるんですね。これって、文京区だけなのでしょうか、それとも最近ではどこでもこのようなサービスが行われているのでしょうか。

帰国してから銀行等の住所変更手続きをいろいろしましたが、銀行によって必要書類が違ったりします。で、ある銀行では住民票の原本が必要と言われたのですが、ぼくも奥さんも平日は働いているのでなかなか住民票を取りにいけませんでした。

ところが、文京区のホームページで確認してみたところ、土日であっても普通に入手できるようなことが書いてありました。もしや?と思っていってみたところ、本当に住民票が取れました。

これって、最近変わったことなのでしょうか、それとも文京区はかなりレアケースなのでしょうか。そのあたりはよくわかりませんが、とても便利になってきていると思いました。

便利になるのはいいのですが、その分住民税が高くなってたりして、、、?

月曜、火曜、と残業ゼロとは程遠い生活を送っています。

状況に応じてある意味仕方がない(ロンドン時間にいろいろやりとりが発生する)気もするのですが、業務の内容を理解しながら、少しずつ改善していけたらと思います。

こういう時、ロンドン勤務の人はいいなぁ、と少しだけ思ったりします。向こうは昼間ですからね。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin