2009年1月のエントリー 一覧

昨年購入した物件の不動産取得税を支払ってきました。

昨年の8月に購入(決済)し、不動産取得税の納付の通知が来たのが今年の年明け、そして納期限が2月2日となっていました。ということで購入してから約半年後くらいが納期限でした。

不動産取得税は、土地、家屋のそれぞれについて課税標準額(購入価格ではありません)の3%になっているのですが、それなりの金額になります。

ATMの1日の引き出し限度額が知らない間に1日あたり50万円になっていたので、1度では引き出すことができずちょっと手間取ってしまいました。銀行振り込みで納税できると便利になると思うのですが、税金の支払いはそこまでは難しいんですかね。もしくは、不動産取得時の購入事実の確認のためと思われる書類が送られてきたときに、その書類に口座番号とかを書いておくと、指定日に自動的に引き落とされるとか。これ結構いい案だと思うのですが、どうでしょう?

やらなければと思いつつまだ手をつけていないのですが、さすがにそろそろ確定申告の準備を始めなければいけません。

Global MBA 2009

ファイナンシャルタイムズのGlobal MBA 2009が発表になったようです。

Global MBA Rankings 2009


マンチェスタービジネススクールは残念ながら10ほど順位を落として32位となったようです。MBSのサイトには以下のようなコメントが載っていました。

Financial Times Ranking 2009

Manchester Business School (MBS) is placed 32nd in the Financial Times' ranking of the world’s leading business schools, published today (Monday 26 January). This is a drop of 10 places globally and is primarily a reflection of The FT's methodology, which focuses largely on average weighted salary and salary percentage increase.

Whilst this is of course disappointing the result confirms for us some of the areas we are already working to improve - such as our relationship with alumni and the emphasis we place on external relations.

By some indicators we do very well - for instance MBS' doctoral programme remains 1st in the world for the second year running. And we have achieved a higher ranking in the all-important category of MBA career progression - world 7th - up three places from 2008.

Our performance is in keeping with that of the majority of other leading UK schools. Indeed the minimal degrees of separation between our peers is unprecedented and could not have been anticipated.

It is important that whilst addressing the factors we want to change, to positively influence the criteria of highly-regarded rankings, we retain our perspective. Over the last three years The FT ranks us at an average position of 25. Our mission is to be consistently rated amongst the top 20 schools globally.

http://www.mbs.ac.uk/newsevents/26-01-2009.aspx


卒業後の給料およびその上昇率を重視する最近のランキングの算出方法を反映した結果である、みたいなことが書かれていますが、他のUKのスクールも全体的には順位を落としているようですので、最近のポンド安を一部は反映しているのかもしれません(いつ時点の為替レートを使って計算しているんですかね?)。もちろん給与関係の指標自体が相対的には低下してしまったのが主因なのでしょうが。


卒業して1年弱が経ちますが、この間本当にいろいろなことがありました。あっという間の1年だったなとも思いますし、まだ1年しか経ってないんだな、とも思います。不思議な感じ。

いずれにしろ留学していたのは遠い昔のような気がします。

EMPEX(エンペックス) エクストラ温・湿度計 TM-6201
B0011GIH8Y


温・湿度計を購入しました。風邪予防のためには、室内の湿度を保つことが大切だと思いますが、そもそも室内の湿度って、どんなもんなんだろうと思って購入してみました(今まで持っていませんでした)。

この湿度計の精度は±3%なのですが、実際に使ってみたところ50%~55%のあたりを指しているので、風邪をひきやすくなると言われる40%未満ではないので合格点でした。

場合によっては加湿器を買ったほうがいいのでは、なんて考えていたのですが今のところその必要もなさそうです。まあ、必要であればやかんで十分かもしれませんが。

まずは現状認識が重要ですね。

イギリスにいた時に購入したDSを最近またやり始めています(イギリスで購入し付属していたのはイギリス用のACアダプターでしたが、日本用のものを購入したところ問題なく使えています)。

実は、先日三國志DS2を購入しました。


三國志DS2
B000MJRJ1M


ところが、わかってはいたことですがこの手のゲームはクリアまでそれなりに時間がかかるし、やりだすとちょっとはまってしまいそうな気がしたので、あっさり手放すことにしました。

というわけで、売りにいったわけです。

最初に行ったお店では買い取り価格は2000円と言われました。ちょっと安いなぁ、と思ったのでそこでは売らず、次にブックオフへ。すると、こちらでは買い取り価格が3000円!なんと1.5倍です。ということで、そのまま売却。

しかも、150円分の商品券を付けてくれました。実質的には3150円で買い取ってもらったことに。ツイてる!

そしてそのまま大人の常識力トレーニングDSを中古で買いました。1550円!


監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS
B000G7B5ZQ


すると、クジを引いてください、と言われました。目の前に、うまい棒がたくさん置いてあったのでハズレクジはうまい棒なんだろうなぁ、と思いつつ引いてみたところ、なんと300円分の商品券が当たりました!またもや、ツイてる!

いやぁ、今日は本当にツイてました。幸せです。


ツイてる!
斎藤 一人
4047041742


斎藤一人さんのツイてる!ですが、かなり前に購入したものの、まだ読んでません。早く読まねば。


ちなみに、大人の常識力トレーニングDSですが、おもしろいです。というか、ためになりそうです。少しずつやって常識力を磨いていこうと思います。

住まいのプロが教える30の警告 「この街」に住んではいけない!
中川 寛子
4838718470

毎日を楽しく、気持ちよく、そして安心して過ごしたい。誰もが持つあたり前の思いです。その基本となるのが、「住む街」と「住む家」。ところが、「街選び」「家選び」が間違えだらけ、だったらどうしますか? じつは、驚くほど間違えだらけなんです。そう指摘するのは、「住まいのプロ」として知られる、カリスマアドバイザーの中川寛子。オールアバウトでも人気ナンバーワンのガイドとして知られています。

住まいのプロが教える30の警告は、「街選び」が防災編、防犯編、便利さ編、快適さ編、「家選び」が建物編、住戸編に分け、その驚愕の危険性とその理由、回避する方法の数々を詳しく紹介。図表あり、写真あり、イラストあり、データも満載の見やすく、わかりやすい解説つきです。
首都圏ばかりでなく、関西圏、中部圏などの大都市圏のデータを網羅した画期的な内容で、全国の都市生活者すべてのお役に立つ必読の一冊です。

内容の一部をご紹介します。「地震国日本では20m以上も以下も危ない」「サンズイの街、希望の街には複合的な危機が」「4歩で横断できる道ばかりの街では火災に注意」「公園のトイレが汚い街は夜道が危ない」「空き巣はコンビニの多い街が好き」「親の最大関心事、いじめ問題は下駄箱に出る」「腐ったサトイモを売っているスーパーのある街は、物価が高い」「緑豊か。でもダメな環境もある」「相場より1割以上安い物件には手を出すな」「トイレをけちる物件は鉄骨もけちる」「縦型の鍵穴は空き巣好み」……etc

一人暮らしの女性、新生活で家を探している人、引っ越しを考えている人、家やマンションの購入を予定している人、犯罪に巻き込まれたり、巻き込まれそうになった人。この本を読むと、快適で安心・安全な「住む街」と「住む家」が見つかります!

http://www.amazon.co.jp/住まいのプロが教える30の警告-「この街」に住んではいけない-中川-寛子/dp/4838718470


この本は、「街選び」および「家選び」に関する基本的な考え方が書かれています。具体的には上にも引用したとおり、大きくは

  • 「街選び」:防災編、防犯編、便利さ編、快適さ編
  • 「家選び」:建物編、住戸編

と分かれていて、それぞれについて基本的な考え方が書かれています。

建物の基礎の重要性、水害を避けるためにはハザードマップをチェックする、といったことから、子供が通うであろう学校のチェックの方法、そして、トイレを見て物件を評価する方法までカバーされている範囲は広いです。

全てを満たす物件を探すのは難しいと思いますが、検討するときに、どういった視点があって、自分は何を重視したいのか、を明確にするためには知っておいて損はないかと思います。

いろいろ本を読んでみて、本によって見方も結構違うのですが、結局は自分にとって重要な点を明確にし、それを満たす場所に家を買えば、満足度は最も高くなるのではないかと思います。

とは言っても、建物自体の質とかは重要ですし、気にする場合は地盤とかも考慮に入れておきたいところだとは思いますが。

良質なマンションを手に入れる (生活人新書)
村上 健
414088214X


永く住み続けるために本当に大切なのは何だろう

マンションは人生最大の買物。主役は当然買主のはずが、売手のペースにはまっていた、ということも起こりがち。でも、「素人にはどうせわからない」と簡単に諦めてはいけない。マンションを見る目や判断力は努力次第で身に付くもの。納得できる住まいを掴むための知恵とヒントを、実例を交えて紹介。

http://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=0130&webCode=00882142007


住宅性能評価書がついている物件はある程度信頼性が高いものですが、設計性能評価書だけではなく、建設住宅性能評価書も付いているかを確認しましょう。 (P.25)

こういうポイントは、専門家でなければわからないでしょう、、、


売主と販売会社とは、もちろん同一が理想です。 (P.26)

設計と施工に関しては、違う会社が行うのは、逆に良いことなのです。 (P.28)

マンション開発に携わる会社間の利害関係がうまく働き、良質なマンションができあがる場合もあれば、馴れ合いの関係になって悪質なマンションが出来上がってしまう場合もあるようです。

簡単に言えば、良質なマンションを作るためには、やはり材料にもこだわる必要があります。しかし、良い材料を使うとコストが上昇します。一定の利益を保ちつつ、良質なマンションを適当な価格で提供するには、関係会社間に適度なバランスが必要のようです。

企業でいう、株主、経営陣、従業員などステークホルダー間の利害関係に似ているかと思います。これらのバランスが重要であるということです。株主至上主義では、結局バランスが壊れてしまって、長期的な存続は難しいことがわかってきたわけですし。


床については後述しますが直床ではなく、二重床のほうが良いのですが、壁は逆に、二重ではなく、クロス直貼り工法がいいといわれています。 (P.39)

こういう点って、一般的にはどのくらい考慮して購入されているのでしょうか。まあ、気にしすぎても買えなくなる気がしますが。


満足のいくマンション、良質なマンションを手に入れる。これはすべての購入者の熱意にかかっています。どんなことも人任せにせず、どんな場面でも、その目的のために努力を惜しまない人が、手に入れられるものなのです。

私はこれからも、そうした人たちのお手伝いをしていきたいと思っています。 (P.202)

結局は、ここが一番大事なんだと思います。人任せにせず、自分でやる。

勢いで買ってしまって後悔する、なんてことのないようにしたいですね。大きな買い物ですから。

「ある投資家の日々」検索キーワードトップ20に続いて、こちらは参照サイトトップ20です。

  1.  diary.jp.aol.com
  2.  dbsb.blog116.fc2.com
  3.  worldwealth.blog92.fc2.com
  4.  mixi.jp
  5.  business-paradigm.com
  6.  google.co.jp
  7.  search.goo.ne.jp
  8.  gcblog.net
  9.  manchesterboard.com
  10.  retujyou.com
  11.  alc.co.jp
  12.  my.yahoo.co.jp
  13.  by101w.bay101.mail.live.com
  14.  bookmarks.yahoo.co.jp
  15.  google.com
  16.  images.google.co.jp
  17.  r.hatena.ne.jp
  18.  ocnsearch.goo.ne.jp
  19.  bloglines.com
  20.  google.co.uk

このブログも、気づくといろいろなところからリンクを張って頂いていることがわかります。大変ありがたいことです。

少し前に「ある投資家の日々」人気記事ベスト10を集計してみましたが、今回は検索キーワードトップ20を集計してみました。

  1. クレジット・デフォルト・スワップ
  2. クレジットデフォルトスワップ
  3. cds とは
  4. ある投資家
  5. クレジット デフォルト スワップ
  6. cds
  7. ある投資家の日々
  8. クレジット・デフォルト・スワップとは
  9. brm
  10. roa 計算式
  11. クレジットデフォルトスワップとは
  12. toppoint
  13. cds参考値
  14. 吉越 site:104ka.com
  15. yokoken
  16. cds 残高
  17. カナル
  18. cds残高
  19. ハゲタカ youtube

ほとんどがCDS関連のキーワードになっています。

このブログ自体、CDS関連のエントリーはそれほど多くないのですが、CDS関連のキーワードをきっかけに訪れて頂く方が多いようです。

最近、雇用を維持するために内部留保を活用するべきだ、的な意見が様々なところで見られます。例えば、ちょっと探してみただけでも以下の通り。ただ、この内部留保を活用する、という表現の意味が個人的には理解不能なのです。


大手製造業、株主重視で人員削減 内部留保、空前の33兆円

 大量の人員削減を進めるトヨタ自動車やキヤノンなど日本を代表する大手製造業16社で、利益から配当金などを引いた2008年9月末の内部留保合計額が、景気回復前の02年3月期末から倍増し空前の約33兆6000億円に達したことが23日、共同通信社の集計で明らかになった。

 過去の好景気による利益が、人件費に回らず巨額余資として企業内部に積み上がった格好。08年4月以降に判明した各社の人員削減合計数は約4万人に上るが世界的な景気後退に直面する企業は財務基盤の強化を優先、人員削減を中心とするリストラは今後も加速する見通し。

 08年度の純利益減少は必至の情勢だが配当水準を維持、増やす方針の企業が目立ち株主重視の姿勢も鮮明だ。

 派遣社員などで組織する労働組合は「労働者への還元が不十分なまま利益をため込んだ上、業績が不透明になった途端、安易に人減らしに頼っている」と批判している。

 集計によると内部留保の合計は01年度末の約17兆円から08年9月末に98%も増加。この間に米国の金融資本主義が広がり「株主重視」の経営を求める風潮が日本でも強まった。増配や自社株買いなどで市場での評価を高める経営手法がもてはやされた。

2008/12/23 22:08 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008122301000451.html


共産党、トヨタに非正規労働者らの解雇中止を要請

 共産党の志位和夫委員長は24日、党本部でトヨタ自動車の古橋衛専務ら幹部と会談し、非正規労働者らの解雇を中止するよう申し入れた。志位氏は「内部留保や中間配当を取り崩せば雇用は守れる」と主張。トヨタ側は「内部留保を取り崩してまで期間社員を守ることはできない」と述べた。(24日 21:35)

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20081224AT3S2402L24122008.html


「企業は内部留保の活用を」 雇用対策で官房長官

 河村建夫官房長官は5日午前の記者会見で、派遣社員の雇い止めなど深刻化する雇用問題の対応策として、企業側に内部留保を活用するよう求めた。河村長官は「企業はこういう事に備えて内部留保を持っている。こういうときに活用して乗り切っていくべきだ」と強調した。
 雇用問題が深刻化している一因として「派遣社員の受け入れを進めた企業の体制が問題を引き起こしている」とも言及。「企業の社会的責任がどうあるべきかという議論も生まれてきている」と語った。(05日 16:52)

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090105AT3S0500G05012009.html


内需拡大へ雇用環境改善=麻生首相表明-衆院予算委

 衆院予算委員会は9日午前、2008年度第2次補正予算案に関する基本的質疑を続行した。麻生太郎首相は「自律的な内需拡大を図るには労働者の手当てを厚くしないと消費が伸びない。非正規労働者の待遇改善、最低賃金の確保が効果的な対策だ」と述べ、景気回復に向け雇用環境の改善に取り組む考えを示した。民主党の枝野幸男元政調会長への答弁。
 首相は、共産党の笠井亮氏が雇用を維持するため企業に内部留保活用を促すよう求めたのに対し「今までと違い資金繰りが厳しくなり経営者の気持ちも猛烈に固くなっている。内部留保の扱いについては(活用するよう)重ねて言わねばならない」と応じた。 
 一方、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃が続いている中東情勢に関しては、中曽根弘文外相が「中東和平担当の有馬龍夫外務省参与の派遣を検討している。わが国は(国連安保理の)非常任理事国となっているから関係国とも緊密な協議をしたい」と述べた。社民党の阿部知子政審会長の質問に答えた。
 与党は2次補正について、関連法案と併せて13日中の衆院通過を目指す方針。これに対し、民主党は2次補正から給付金部分を削除すべきだとして反発している。(了)(2009/01/09-13:51)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200901/2009010900051


一般的に、企業は利益を上げ、そのうち一部を株主に対する配当にまわし、残りを内部留保として将来の成長に向けて蓄積していきます。会計上の利益とキャッシュフローという意味ではその利益は必ずしもその時点における入ってくるキャッシュフローを意味するわけではありませんが、基本的にはお金が入ってくると考えて問題ないかと思います。

ただ、ここで"将来の成長に向けて"企業は、新しいビジネスに投資をしたり、設備投資をしたりしていくわけで、内部留保として入ってきたキャッシュがキャッシュのままあるとは限りません。

ぼくの理解が正しければ、内部留保の蓄積額は会計上「利益剰余金」という項目に該当し、言わばその企業の今までの成績表みたいなものだと思います。つまり、創立以来、その企業がどの程度の利益を稼ぎ、配当を払いだした後に、どの程度企業に残してきたか、を示しているわけです。


例え話として、会社員の例を考えてみるとわかりやすいのではないかと思います。例えば、月収30万円の方が10年間働いたとします。すると、

30万円×12ヶ月×10年=3600万円

の給与収入が10年間であるわけです(賞与はなしとしておきます)。収入からは社会保険料、税金などが差し引かれ、手元には2800万円が残ったとしましょう。

でも、普通は生活していくために、手元に残ったお金から、家賃を払ったり、洋服を買ったり、食事をしたり、スキルアップのために習い事をしたり、パソコンを買ったり、車を買ったり、といろいろと使っていくわけです。その結果、10年間で2800万円を現金として稼いできたとしても、手元には100万円の現預金しか残っていないかもしれません(企業は存続するための費用は基本的にすべて費用となりますが、会社員の場合は生きていくための費用は必ずしも給与収入を得るための費用とはならない、という意味で異なることはとりあえず無視しておきます)。

ぼくには最近の「雇用維持のために内部留保を活用せよ」といった意見は、会社員の例え話で言うと、「この人は今まで2800万円も稼いだきたのだから、この2800万円を活用して、世の中の困っている人たちを助けるべきだ!」と言っているのと同じようにしか見えないのです。

でも、それは難しいですよね。手元には100万円しか残っていないわけですから。

1月14日付けの日経新聞に「雇用Q&A 内部留保活用で雇用守れる?」というコラムが載っていましたし、いつも読ませて頂いている吉永康樹の CFOのための読みほぐしニュースというブログでも取り上げられていましたので、会計的な話としてはぼくの理解で正しいのではないかと思うのですが、だとすれば上で挙げたような「内部留保を活用して雇用を維持せよ」的な発言は意味不明ということになるかと思います。

初めて会計を勉強した頃、ぼくも利益剰余金に相当するお金があるものだと勘違いして、なかなか理解できなかった記憶がありますが、上のような発言をしている方たちはひょっとしたらまさにそういう理解なのではないかと思います。

もしくは内部留保という言葉の定義が、まったく別の意味で使っているのかもしれませんが。

言葉の意味が正しく理解された上で、建設的な議論がされていくとよいと思います。

決定版 お茶大図鑑―日本茶・紅茶・ハーブティー・中国茶・健康茶・コーヒーのすべて (主婦の友新実用BOOKS)
主婦の友社
4072449083

日本茶、紅茶、中国茶、ハーブティー、健康茶、コーヒーを網羅した、飲み物図鑑の集大成。各分類のお茶の特徴が一目でわかるガイドと、200種類もの茶葉をていねいに解説した図鑑で、何を飲もうか迷ってしまう初心者から、もっと茶葉のことを深く知りたい中級者までお使いいただけます。飲み物は、毎日の生活で楽しむもの。本書で生活の楽しみをさらに深め、ぜひ、おいしいお茶時間をお過ごしください。

構成】
パート1 日本茶(産地別日本茶カタログ・日本茶の淹れかた・日本茶に合うお菓子)

パート2 紅茶(産地別紅茶カタログ・おいしい紅茶の淹れ方・紅茶に合うお菓子)

パート3 中国茶(産地別中国茶カタログ・中国茶の淹れかた・中国茶に合うお菓子)

パート4 ハーブティー(よく使うハーブティーカタログ効用付き・ハーブティーの淹れ方)

パート5 健康茶(よく知られている健康茶カタログ効用付き・作り方)

パート6 コーヒー(コーヒーカタログ・おいしいコーヒーの淹れ方・コーヒーバリエーション)

巻末 ショップ一覧

http://www2.shufunotomo.co.jp/webmado/detail.php3?isbn=4-07-244908-3


家でコーヒーをよく飲むようになってから、そのコーヒーをインスタントからちょっとだけ本格的なものにしようかなぁ、と思いコーヒーについての本を探していました。そこで見つけたのがこの本です。

コーヒーに特化した本ではありませんが、よくよく考えてみると日本茶、紅茶、中国茶、なども淹れ方とかきちんと知らないなぁ、と思い、すべてが1冊にまとまっていたのでこの本を選びました。

香港で中国茶を買ったときに、そのお茶屋さんで「この茶葉は13回淹れられる、こっちは11回ね」みたいな、説明を受けました。その時、中国茶の中でもこれだけ違うんだったら、日本茶、中国茶、紅茶だったらずいぶん違うんだろうなぁ、と漠然と思っていました。

ということで、すごく詳しいというわけではありませんが、これらのお茶について網羅的に説明しているのがこの本です。

お茶の淹れ方は、それぞれの専門店にいって直接教えてもらうのが最もよいとは思いますが、それぞれのお茶についてをちょっと調べるには便利な本だと思います。

家に1冊あると便利かもしれません。


最近、家でミルを使ってコーヒー豆を挽いたら、もっとおいしくなるのかなぁ、と思いつつ、それって掃除がかなり面倒なんだろうなぁ、結局使わなくなるんだろうなぁ、なんて考えています。豆はお店で挽いてもらって、ペーパードリッパーで淹れるくらいが妥当なところなんでしょうねぇ。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin