2009年12月のエントリー 一覧

来年6月から7月頃引き渡し予定の一戸建てマイホームの間取りはほとんど固まっているのですが、ここに来てエアコンの位置はどこにすべきか、という視点が抜けていたことに気づきました。

というか、正確には先日大家検定の忘年会があったのですが、その忘年会の前に、大家検定を一緒に受講した方に間取りを見て頂き、アドバイスを頂いたのですが、その時に指摘して頂いたのです。

今までマイホームを買おうと、マンションだったり、一戸建てだったり、ちょこちょこ見てきましたが、エアコンの室内機と室外機の位置が離れてしまっているために、エアコンのダクトが壁の目立つところにかなりの存在感を出している物件を少なからず見てきました。

そして、あのような物件にだけはしたくない、と思っていました。

しかし、その点を今の今まで忘れていたのです。ご指摘頂いてからちょっとネットでチェックしてみたところ、間取りを決める際には重要なポイントになるようです。

例えば、以下のリンクをご覧ください。

室内機の設置場所選定の注意点

第40回:家の中のいろいろな納まり(1)~エアコン設置は大変!~

第31回:外壁に開けられる穴の処理について(1)

今までいろいろと一戸建てに関するガイドブックなどを読んでみましたが、このエアコンの位置について書かれている本はなかった気がします。

ということで、早速、工務店の方と建築士の方にメールで問い合わせ中です。場合によっては開口部を変更する可能性もあり、その場合は建築確認申請の前に確定させる必要があるからです。

すでに年末なので、回答は年明けになりそうです。


とにかく家づくりに関しては素人なので、後になって、こんな点を忘れていた!、なんてことで後悔しないようにしたいものです。現在、会社の同僚で同じように土地を購入して一戸建てを建てようとしている人が少なくとも二人いるので、いろいろ情報共有しながら進めていこうと思います。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

先日、玄関ドアサッシを見るために、トステムのショールームに行ってきました。これで、トステムのショールームは2回目になります。

前回は、水まわり(キッチン、バス、洗面化粧台)を見に行ってきたのですが、今回は玄関ドアとサッシです。玄関ドアは工務店の営業の方曰く、「カタログを見ながら選べば十分だと思います」とのことでしたが、せっかくだから実際にこの目で見て選びたい、と思い、行ってきました。

玄関ドアのコーナーでは、いろいろなキーが紹介されていて、中でも簡易タッチキーシステムなんかは便利そうだなぁ、という印象を受けました。設置することも検討してみようと思います。

また、横滑り出し窓、縦滑り出し窓、上げ下げ窓、ルーバー窓、出窓、引き違い窓などいろいろなタイプのサッシ(窓)を見ることもできました。実際に触ってみて、操作感を確かめるのは重要だと思いました。

さらに、トステムのショールームには幅広く展示されているので、アプローチ・玄関や、バルコニーなんかも見てきました。バルコニーのコーナーでは、いろいろなタイプのバルコニーはもちろん、洗濯竿を置くための台なんかもあり、けっこう参考になりました。

前回トステムのショールームに行ったときはあまり時間がなかったのですが、今回は多少時間的な余裕があったため、目的のもの以外にもいろいろ見ることができ、新しい発見がありました。やはりショールームに行く際は、多少時間の余裕を見て、ぶらぶらしてみるのがいいようです。

ショールームめぐりは年明けも少し続きそうです。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

2009年も残りわずかとなりましたが、2009年の入居率を計算してみたところ96.6%でした。

計算方法は、「契約日数/365日」という日数ベースの計算です。家賃の金額ベースで計算する方法もありますが、想定家賃をいくらにするかによって、容易に変わりうるのでぼくは計算していません。

昨年の96.8%と比べると、0.2%下がってしまいましたが、絶対水準とすればまずまずだったと思います。ただし、昨年と違うことは昨年末時点では満室だったのに対して、現在は空室が2つほどあり、さらに来年1月に退去を予定している部屋が1つあるので、2010年のスタートはちょっと厳しめになりそうです。

とは言っても1月以降は繁忙期に突入するわけで、時期的には決して悪くないはずです。とにかく早いところ満室状態にもどしたいところです。

入居率だけを見ると大きな差はないわけですが、昨年と今年では、空室に伴う原状回復およびバリューアップ工事にかけた費用がけっこう違うので、収支という意味では2009年の方が明らかに厳しい年でした。

一方で、いろいろと提案して頂ける原状回復工事業者の方と出会うことができ、また大家検定を受講したりして、ネットワークを広げることもできたので収穫の多い年でもありました。

少しずついろいろな経験を積んでいるという気がします。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

ショールームめぐりは終わったかと思いつつも、まだまだ続いています。今回は、トイレを見に、INAXのショールーム(@新宿)に行ってきました。

トイレ本体は、サティスというものにすでに決定しているのですが、どちらかというとアクセサリー類を見てきました。トイレのわきにつける手洗器や、ペーパーホルダー、収納棚、タオル掛けなどです。

カタログで見るのと違い、やはり実際にショールームに行って触れてみると、質感がわかるので行ってよかったと思います。

そして、新しい発見もありました。案内して頂いた方に、エコカラットという建材を紹介されました。いろいろな機能を持つ内装壁材のようで、機能のみならず、アクセントとしてもある一面のみエコカラットを付けたりすることで、なかなかよさそうな気がします。

実際、玄関脇の収納だったり、サニタリーのあたりに、ちょこっと使ってみようかと思っています。

ショールームに行ってみると、いろいろな発見があるものです。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

なんと、ミカドが民事再生法の申請だそうです。


システムキッチンのミカド再生法申請 負債176億円

2009年12月24日22時10分

システムキッチンのミカド(大阪市北区)は24日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。ステンレス材料の高騰に加え、住宅の販売不振が響いた。帝国データバンク大阪支社によると、負債額は約176億円。債権者説明会を28日午後1時半から、大阪市中央区の「エル・おおさか」で開く。

 帝国データバンクなどによると、ミカドは1985年設立で、戸建て住宅向けのシステムキッチンやシステムバスの企画製造、販売を手がけた。90年代後半に住宅市場の低迷で経営が悪化。ショールーム閉鎖などのリストラを進め、市場の回復とともに売上高はいったんは回復していた。

 しかし、2007年6月の建築基準法改正や昨年のリーマン・ショックで再び経営環境が悪化。09年3月期の売上高は前期比13%減の312億円、約8億円の純損失で、3期連続の赤字に陥った。今年に入り、人員削減などに取り組む一方、10月には同業のタカラスタンダード(大阪市)と販売面の業務提携で基本合意して復活の道を探ったが、資金繰りに行き詰まった。

http://www.asahi.com/business/update/1224/OSK200912240078.html


先日、ミカドのショールームに行ったときは麹町にショールームがあるなんて家賃高そうだなぁ、なんて思っていたのですが、経営的には厳しい状況だったんですね。

しかも、同じ日に行ったタカラスタンダード(@立川、正確には泉体育館という駅)と業務提携していたとは、知りませんでした。

ショールームで受けた印象は、品質はよさそうだけど、お値段はかなり高そう、というものでした。予算が許せばぜひミカドとも思っていたのですが、やはりちょっと厳しいかな、と。

今のご時世、低価格が好まれる風潮があるので、そういった意味ではミカドの経営にとっては逆風だったのかもしれません。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

東京ドームシティでウインターイルミネーション0|というものを現在開催しています。

ということで、見てきました。

まずは東京ドーム側から(写真はクリックで拡大します)。

LaQua2009_014.jpg


LaQua2009_019.jpg


LaQua2009_031.jpg


そして、ラクーア側へ。


LaQua2009_033.jpg


LaQua2009_038.jpg


LaQua2009_044.jpg


LaQua2009_051.jpg


LaQua2009_056.jpg


LaQua2009_065.jpg


ということで、ラクーア&東京ドームシティでした。

なかなかきれいです。

2月14日まで開催しているようなので、機会があればぜひ!



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

ある部屋でトイレの給水管に水漏れが発生した、という連絡が管理会社からありました。こういう時は、もちろんすぐに対応して頂きます。

結局、水まわりのトラブルということで、クラシアンの方に対応して頂き、基本料金+部品代ということで、約13000円ほど費用がかかりましたが、すぐに直りました。

今回は比較的小さなトラブルでしたが、やはり中古物件であればあるほど、設備にはガタが来ているわけで、なんだかんだと費用がかかる気がします。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

あーだ、こーだ、と言いながら、今まで間取りを調整していたのですが、やっと確定しました。

土曜日に、ビルダー(工務店)の営業の方と打ち合わせをして、最終的に間取りを確定させました。この間取りというのは、建築確認申請をするためのもので、間取りと言っても、構造計算をするために開口部(窓やバルコニーの位置などを含む)も確定させる必要がありました。

この窓の位置を決めるというのが、けっこうやっかいです。というのも、キッチンや壁面収納などのところに、窓を作ろうとしていたので、家具の大きさや配置も合わせて検討しなければならず、微調整が続いていました。

この確定した間取りをベースに、天空率の計算をして頂き、3Fバルコニーの出入り口の高さや、ルーフバルコニーの大きさが最終的に決まってくるようです。

ということで、今後は再度ショールームめぐりをして、水まわり(キッチン、バス、洗面化粧台)、外壁、床材、建具、などなどの各種仕様を少しずつ確定させていこうと思います。

と言ってるそばから、よくよく考えてみると、窓の位置を少しだけ変更して頂く方がよいことに気づきました。まだ間に合うでしょうか。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

ローンを借りているある銀行からローンの返済予定表が送られてきたのですが、ローン金利に変更はありませんでした。ということで、返済額に変更はありません。

この銀行は、ぼくが借りている3行のうちで最もローン金利が低いところなので、これ以上下がるのはなかなか難しいのかもしれません。他の2行に期待です。

金利は低いのですが、残高も一番小さいため、少し残念ではあります。住宅ローンを借りると、金利という意味では、住宅ローンがダントツで一番低くなります(当たり前ですが)。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

住宅版エコポイントについての概要が決まったようです。

住宅版エコポイントの概要決まる 新築は今月着工分から

2009年12月15日23時24分

 国土交通省は15日、2次補正予算案に環境対策として盛り込まれた「住宅版エコポイント」の概要を発表した。国の省エネ基準を満たす新築住宅や、二重窓にする改修工事などにポイントを与える。新築は今月8日以降、リフォームは来年1月1日以降に着工し、補正予算成立後に完成する物件が対象となる。

 新築は国が定める省エネ基準などを満たすことが条件。リフォームは内窓を入れたり、複層ガラスに取り換えたりする窓の工事と、床や天井に断熱材を入れる工事が対象となる。リフォームでバリアフリー対応の工事をした場合、さらにポイントが加算される。ポイントの基準は今後決めるが、新築なら30万ポイント程度、リフォームなら15万ポイント程度になる見込み。

 ポイントは、家電のエコポイント制度と同様に商品券、地場産品などと交換できる。国交省は「住宅はポイント数が多いため、交換商品も多様化したい」としている。ポイントの付与は来年12月末までになる見込み。

http://www.asahi.com/politics/update/1215/TKY200912150385.html


ということで、早速、現在計画中のマイホームに適用できるものなのかどうか問い合わせてみました。住宅ローン減税に始まり、フラット35S、そして、住宅版エコポイントということで、住宅取得を考えた場合、現在はかなり優遇された環境にあるのではないかと思います。

住宅ローン金利の水準もかなり低い状態で安定していますし。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin