2011年3月のエントリー 一覧

会社の方は、本日までリフレッシュ休暇を頂いていたので、今日はキヤノン株式会社 第110期定時株主総会に出席してきました。キヤノンの株主総会に出席するのは初めてですが、株主総会というものは今までワタミと、それから2年半前にワークスアプリケーションズで出席したことがあります。

3社それぞれ株主総会の雰囲気はまったく違うのですが、今回はいわゆる超一流企業のかなりお堅い雰囲気の株主総会でした。


株主総会、震災関連の質問相次ぐ 12月期決算企業

2011/3/30 21:10

 12月期決算企業の株主総会が30日にピークを迎え、全体の4割近い100社以上が開催した。株主からは東日本大震災による収益への影響や生産・販売面での対策などの質問が相次いだ。キヤノンの御手洗冨士夫会長が「4月末までに工場の完全復旧を目指す」と応じるなど、多くの経営者が復興に向けた意欲を示した。

 震災の影響で出席者数は前年比1~3割減る企業が目立った。楽天やライオンなどは総会の冒頭で黙とうをささげ被災者を気遣った。一方、被害額など震災による具体的な影響については大半の企業が「精査中」と話すにとどまった。

 キヤノンでは昨年より1割少ない1571人が出席。質問者の半数が震災関連について回答を求めた。同社は一眼レフカメラ用レンズ工場など8拠点が被災したが復興に全力を注ぐことを強調。「被災地への追加支援を検討する」(御手洗会長)考えも示した。

 計画停電の生産拠点への影響については、旭硝子の石村和彦社長が「対象外の拠点も活用する」と回答。昭和電工は負荷の少ない夜間や休日操業を増やす考えを明らかにした。

 また東京電力福島第1原子力発電所の事故による放射能汚染を危惧する声も出たが、サッポロホールディングスは「国の規定に沿って生産しており安心していただきたい」と回答した。

http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E1E2E2EA998DE1E2E2E1E0E2E3E38698E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2


この日経の記事にも出ていますが、やはり震災による影響に対する関心が高かったのが1点、そして、もうひとつは資本政策に関する質問が多かったです。

株主資本比率66%以上、有利子負債依存度0.3%ということで、財務基盤が強い(しかも昨年はM&Aにより財務が悪化した後でこの数字)という点を経営陣の方は強調していましたが、個人的にはなんでもっとデットファイナンスしないんだ、、、と思います。ベンチャー企業でもあるまいし、そこまでエクイティに頼らなくてもとは思います。ただ、経営陣の方たちはあまりそういった考えはないようでした。

平日開催の企業が多いので、なかなか会社の休みを取ってまでというわけにもいかないのですが、実際に出席してみるとかなりいろいろな面で勉強になります。今後も、株主として、できれば出席していきたいと思います。


ちなみに、株主へのおみやげは、キヤノンのロゴが入ったタオルでした。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

今回の大震災で液状化現象が発生したとして千葉県浦安市が注目を集めています。


湾岸の人気タウン・浦安、液状化の三重苦

東日本巨大地震で液状化被害を受けた千葉県浦安市では、埋め立て地の中町、新町地区でライフラインの途絶が続き、震災発生11日の今も、断水と下水道使用制限、ガス供給停止の「三重苦」を抱える地域がある。

 市は、上下水道や道路などの被害額を約734億円と推計。高級住宅地として人気を集めてきた街は、波打つ道路、傾いた住宅と電柱、数え切れない地割れや陥没と、痛々しい姿をさらけ出している。

 ◆給水所に行列◆

 断水と下水道の使用制限があった高洲地区では連日、給水所に長蛇の列が作られた。同地区のマンション6階に住む児玉恭子さん(44)はポリタンクを手に、「給水所を往復するのは重労働。夜間に仮設トイレへ行くのも怖いし、寒い。毎日、水と食料の心配ばかり」とこぼした。

 東京湾埋め立てで市域を4倍に広げた市では、液状化被害は予測されていた。今回、被害範囲は想定より小さかったものの、市面積の4分の3に及んだ。市によると、21日現在、液状化により水道は約4000戸で断水、下水道は約1万1900世帯で使用を制限、ガス供給の停止は約5800件に上っている。

 下水道の復旧が特に難航している。市によると、損傷箇所には、余震によって新たに泥土や水が流れ込むため、いまだに被害の全容がつかめないという。すべての下水管をチェックした上での完全復旧には長期化が予想されている。

 ◆各地に泥の山◆

 街中に積み上げられている泥土の山も、「重く、硬く、粘る。際限がない」(34歳男性)と頭の痛い問題。21日は雨となり、ボランティアらによる撤去活動は中止となった。入船地区の吉田朝子さん(53)は「水分を含むとヘドロ臭く、乾くと黄砂のように飛び、室内にも入り込む。マスクがないと生活できない」と顔をしかめた。

 市によると、市内の幹線道路上の泥土は21日までにほぼ撤去され、残っているのは住宅地の生活道路周辺だけとなった。しかし、各所の集積所で回収した後の処理はめどが立っていない。県廃棄物指導課によると、民間事業者にコンクリートやアスファルトの材料として引き取ってもらうか、廃棄物として最終処分場に引き渡すことが想定されているという。

 ◆治安に不安も◆

 生活環境の悪化で、親類宅などに避難する住民が増え、留守中の空き巣対策など治安の維持も重要課題となってきた。市によると、21日現在では2件にとどまっているが、今後、帰宅した住民による発見で被害件数は増加するとみられている。市は24時間体制で防犯車両を巡回させ、ボランティアも拡声機やチラシ配布で注意を呼びかけている。

 今川地区の会社経営男性(58)は、14年前に9000万円で購入した約50坪の洋風住宅について、専門業者に被害調査を依頼することにした。「自慢じゃないが、千葉リーヒルズと言われた高級住宅街。それが今では廃虚の街並み。地価の暴落は避けられない」と肩を落としていた。

 この苦境に、被害の少なかった元町地区の住民もボランティア参加などで支援に乗り出し始めた。堀江地区の阿部勉さん(48)は言う。「新住民と旧漁師町という色分けをされるが、同じ浦安市民。一緒に乗り切れば一つになれる」(大須賀軒一)

(2011年3月22日09時20分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110322-OYT1T00122.htm


ということで、マイホームを購入するにしても、不動産投資として物件を購入するにしても、液状化のリスクは考慮しておくべきであることが明確になったかと思います。

以前、地震のリスクについて調べると題して、地震のリスクを調べるサイトを挙げましたが、液状化リスクも加えるべきですね。

液状化リスクについては、

埋め立て地は100%液状化する?

東京臨海部に液状化の恐怖~首都直下地震が起きたら(1)

などでも紹介されていたのですが、東京であれば

東京の液状化予測図

で確認することができます。すべての自治体ではないかと思いますが、各自治体で公開しているようですので興味のある場所については調べておくとよいかもしれません。

とりあえず、自宅の場所が液状化リスクの低い場所でよかったです。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

先日の東北地方太平洋沖地震発生!今、自分たちにできることでも書きましたが、今、自分たちにできることは限られています。

義援金、(東京電力、東北電力管内であれば)節電の2つが大きなところかと思います。ということで、日本赤十字社のサイトの準備も整ったようなので、義援金をお送りしておきました。日本赤十字社のサイトは以下のリンクです。

日本赤十字社

いろいろ詐欺サイトがあったりするようですし、他にもいろいろ募集しているところはありますが、日本赤十字社のサイトから直接送るのが一番間違いがない気がします。

いろいろな企業だったり、経営者の方々が個人で義援金を送ることを表明していますが、額の多寡はともかくとして、少しでも多くの一個人が義援金を送って日本国民みんなで復興支援していくことが重要なのではないかと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

節電生活にも慣れ、基本、暖房などは使わずに厚着で寒さをしのぐ生活を送るようにしています。

節電、節電と言われていますが、この節電生活はいつまで続くのだろうか、、、供給能力は増大する可能性はあるのか、、、節電して消費されずに余った電力は貯めておけないのか、、、と、なんとなく疑問に思っていたのですが、それらに対する答えが見えてきたのでまとめておきます。

まず供給能力についてですが、火力発電所を再開するということで、今の水準よりは回復するようですが、例年の夏場の水準には全然足りないようです。もし、今年も酷暑だったりしたら、大変です。寒さは厚着でカバーできますが、暑い方は薄着するにも限界がある気がします。

東電の発電能力、震災前7割に回復へ 2火力再開で

2011/3/19 21:18

 東京電力の藤本孝副社長は19日、東日本大震災で停止した東扇島火力発電所(川崎市)を3月中、鹿島火力発電所(茨城県神栖市)を4月中に全面的に運転再開する見通しを明らかにした。他の火力発電所の稼働率も引き上げる。4月末までに発電能力を現状より2割高い約4200万キロワットに増やし、震災前の約7割に回復させる。ただ需要が拡大する夏場の水準にはまだ届かない。

 地震で停止した東電の発電所は福島第1、第2原子力発電所(計900万キロワット強)と、東扇島、鹿島、広野(福島県広野町)、常陸那珂(茨城県東海村)の4カ所の火力発電所など。このうち、東扇島の発電能力は全体で約200万キロワット、鹿島全体で約400万キロワット。2つの火力発電所が全面的に再稼働すれば、合計で約600万キロワットの発電能力を上積みできる。

 東電は稼働中の火力発電所設備でも定期点検の期間短縮などで設備稼働率を引き上げる考え。ガスタービン発電設備の調達も進めており、電力不足解消のため、火力の発電能力を積み増す。

 東電の被災後の電力供給能力は他社からの受電分も含めて約3400万キロワット。火力発電所の再立ち上げなどが進めば、供給能力は大幅に増える。しかし広野と常陸那珂は需要期の夏までに「復旧できるか今のところ分からない」(藤本副社長)という。

 東電は通常、冬場で5000万キロワット、夏場で5500万~6000万キロワットの電力供給力が必要。電力不足を完全に解消するには時間がかかる見通しで、東電は「夏には東京都の千代田、中央、港の3区を除く20区でも本格的に計画停電を実施せざるを得なくなるだろう」としている。

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819696E3EBE2E1E28DE3EBE2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C93819695E0E2E2E3EB8DE0E2E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2


そして、電力は貯められるのか、という話ですがこれは勝間和代さんのブログに以下のような記載がありました。

夜中に余った電力は揚水発電、という形で、水の位置エネルギーに貯めることは出来ます。しかし、東京電力全体ですべての揚水発電を稼働しても、100万kwあるかないかくらい、ピーク時コントロールの方が、停電対策としては有効です。

http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2011/03/post-d9f7.html

ということで、多少は貯められるものの、容量的には大した量ではないようです。ということで、基本的には毎日発電し、その発電した分を消費し続ける生活が続くわけであり、毎日節電したとしても、節約した分をどこかに貯めておくのはできないようです。

ということで、今後も節電し続ける必要があるわけですが、大規模停電を発生させないためには、一日の最大需要が、最大供給を上回りさえしなければよいわけで、そうすると「ピーク時」にいかに節電するかが大切になってくるようです。

そして、ピーク時というのは次の記事によると平日の午前8~11時と午後6~9時がピークになるとのこと。

暖房、照明が効果大=「ピークずらして家事を」-家庭の節電ポイント

他の記事だったり、案内だったりでは多少時間帯がずれている気もしますが、要するに朝と夕が電力需要のピークになるようです。逆に言えば、この時間帯を外して電力を使う分にはそれほど大きな問題にはならないわけです。なので、洗濯機(特に乾燥時)や、食洗機、掃除機、トースターなど消費電力の大きなものはピーク時を外して使うようにすれば、必要以上に不便な思いをする必要はないかと思います。消費電力の目安は次のページが参考になります。

節電の参考に――電気製品の消費電力まとめ


ということで、この節電生活がいつまで続くのかは今のところ未知数な感じですが、電力問題については東京電力、東北電力管内においては、一人一人の地道な努力の積み重ねでがんばっていくしかないようです。

そんな状況の中、プロ野球の開幕、ナイターの開催が注目を浴びていますが、個人的には東京ドームのナイター開催はあり得ない、と思います。人々が生活するために必要な電力と、プロ野球観戦をすること、の優先順位としては明らかに前者であると思いますし、仮にナイターを開催するとしても東京ドームと他の球場ではかなりの差があるようなので、東京ドームの利用は控えるべきだと強く思います。


プロ野球、節電課題 東京ドームのナイター3500世帯分

横浜、開始時間前倒し検討

2011/3/17付

 東日本巨大地震への対応を迫られているプロ野球。セ・リーグ6球団は25日開幕という当初の日程通り進めたい意向だが、選手会からは延期を求める声も上がる。試合開催となると、心配なのは、ナイター照明などで多大な電力を使うこと。節電対策も必要になりそうだ。

 「ナイター開催に必要な電力は1日あたり5万~6万キロワット時」。東京ドームの担当者はこう話す。イベントがない日の同ドームの消費電力は約1万5000キロワット時。両者の差の3万5000~4万5000キロワット時が、1試合にかかる電力に該当する。

 電力会社の連合体である電気事業連合会によると、一般家庭1世帯あたりの平均電力消費量は2009年で1日あたり10キロワット時弱。東京ドームでナイターを開催すれば、少なく見積もっても、1試合あたり一般家庭3500世帯分に相当する電力を使うことになる。

(後略)

http://www.nikkei.com/sports/column/article/g=96958A96889DE0E7E0E2E0EBE2E2E3E5E2E1E0E2E3E38781E2E2E2E2;p=9694E0EBE2E3E0E2E3E2E1EBE0E0


エンターテイメント的なことは、電力供給の問題が発生していない、「東京電力、東北電力管"外"」でやるように、なんとか調整していくべきだと思います。"Need to have" (必要なもの)と "Nice to have"(あったらいいもの)を明確にしておかなければならないと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

マグニチュード9.0という、日本では史上最悪の東北地方太平洋沖地震が発生しました。直後の津波に始まり、福島の原子力発電所への影響など、複合的な要因によって、その被害は拡大するとともに、その全容が次第に明らかになりつつあります。

ぼくは会社から徒歩で帰宅することになった程度で、家族共々、今のところ大きな影響はありません。

被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

さて、明日から輪番停電と呼ばれる計画停電も始まるとのことですが、日本人として、今、何ができるのか、を考えてみたいと思います。

被災地の方々に、物資を送る、自分がボランティアとして向かう、というのも選択肢としてはあるのかもしれませんが、多くの方にとってはあまり現実的な選択肢ではないでしょうし、また何の知識もない人間がこのような初期段階からいきなり被災地に行ったところで、できることはかなり限定的かと思います。そこで、実際にできることですが、とりあえずは以下のようなことかと思います。

  • 募金をする、義援金を送る

  • 個人として物を実際に送ることは、送られる方も扱いなどが複雑になり困るでしょうから、やはり何にでも自由に使える金銭的な援助というのは、比較的手軽にできる貢献かと思います。グーグルが募金情報を以下のページでまとめています。

    http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

    詐欺などには注意しなければなりませんが、大手の信頼できるサイト経由であれば間違いはないと思われます。ちなみに、日本赤十字社はまだ募金サイトの準備中のようです。ソフトバンクは早くも次のようなリリースを出しています。

    http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2011/20110312_04/

    mixiも義援金の募集を開始しています。

    http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1284


  • 節電する
  • とにかく、節電する。これが自分たちで手軽にできて、かつ、効果が大きいのではないかと思います。より具体的には、

    暖房をつけない(→厚着すればなんとかなる)

    照明の電気を最小限にする(→さすがに夜はなしというわけにはいきませんが、必要最低限にする、白熱灯などで蛍光灯に交換できる物は交換する(LEDならなおいいですが、あまり現実的ではないかもしれません))

    待機電力をなくす(→DVDレコーダーや、給湯機器などこまめに電源を切ったり、コンセントを抜いたりする。)

    家電の待機電力ワースト3(AllAboutより)

    小さな節電を積み重ねる(→普段からパソコンの電源をつけっぱなしにしている人は、こまめに電源を落とす。液晶のディスプレイの輝度を少し落とす、など)

    とにかく電化製品をできるだけ使わない(→電気ポットを使わず、お湯はガスで沸かす。便座の暖房機能を消す、など。)

こういう時、オール電化のご家庭は大変かと思いますが、「自分くらいやってもやらなくても変わらないだろう」ではなく、こういう時こそ、「塵も積もれば山となる」の精神で、できるだけ多くの人が実施していくことが大切なのではないかと思います。

ということで、とりあえず、そろそろパソコンの電源を落とすので、今日はこのへんにしておきます。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

東証、中古マンション価格指数を算出 4月から試験運営

2011/3/4 19:12


 東京証券取引所は4日、中古マンションの価格水準の動向を反映した指数を算出し、4月26日から試験的に公表すると発表した。同地域の類似物件の売買価格を分析し、標準的な価格を導き出す。中古物件の価格形成の適正化を促し、投資家が市場予測をしやすくすることで、不動産投資信託(REIT)市場を活性化させる狙い。

 名称は「東証住宅価格指数」。東京、神奈川、千葉、埼玉のほか、首都圏の5種類の指数を月次で算出し、東証が毎月最終火曜日にインターネット上で公表する。〔日経QUICKニュース〕

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE2E6E290EB8DE2E6E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195164008122009000000

一ヶ月ほど前もこのトピックは取り上げましたが、いよいよ4月末頃から試験的にではありますが、公表を始めるようです。

ということで、東証のプレスリリースはこちらです。

“東証住宅価格指数”の試験的算出、公表開始について

指数の概要は以下のようになるそうです。

指数名称(日本語)

東証住宅価格指数(既存マンション・首都圏総合)
東証住宅価格指数(既存マンション・東京)
東証住宅価格指数(既存マンション・神奈川)
東証住宅価格指数(既存マンション・千葉)
東証住宅価格指数(既存マンション・埼玉)

指数名称(英語)

TSE Home Price Index (Used Condominium, Composite of Tokyo Metro Area)
TSE Home Price Index (Used Condominium, Tokyo)
TSE Home Price Index (Used Condominium, Kanagawa)
TSE Home Price Index (Used Condominium, Chiba)
TSE Home Price Index (Used Condominium, Saitama)

指数計算方法

同質性を有する物件の成約価格の組み合わせを抽出し、リピート・セールス法により当指数を算出します。

基準日・基準値

平成12年1月 100ポイント

公表開始日

平成23年4月26日

算出頻度

月次(2ヶ月前時点の指数値を公表)

指数値の公表

毎月最終火曜日の16時頃、東証ホームページに掲載

とりあえずは、首都圏、特に東京、神奈川、千葉、埼玉、の4都県を対象に算出を始めるようです。


ここからどんなビジネスが生まれてくるのでしょうか、、、とりあえず、しばらくは注目していきたいと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

昨年10月末に自宅の引っ越しを終えて、自宅関係は落ち着いてきていたので投資用の物件を少しずつ探し始めていたのですが、昨年末と今年に入ってよさげな物件があったので、ワンルームマンションを続けて2部屋ほど購入しました。

1つめは横浜の方の物件で500万円ほどで売りに出ていたところを440万円で指してみたらそのまま通ったので、買うことにしました。こちらは現金で購入しました。売り主さんがおっしゃっていたのですが、バブルの頃に2600万円ほどで購入された物件だそうです。オーナーチェンジの形だったので、特に新たに募集することもなく、今年1月末に決済を終えて、そのまま家賃が発生しています。

そして、2つめは都内の港区の物件です。築40年近くの古い物件ですが、ほぼ土地値くらいの値段になっており、それほど遠くない将来に建て替えが起きる可能性もあるのかな、といった物件です(このあたりの詳細はあらためて書きたいと思います)。こちらは、1年半ほど前にフルリフォームされており、ユニットバス、エアコン、フローリング、室内洗濯機置き場などがきちんと整っていたため、その分を考えると意外と割安感があった気がしました。さらに、修繕積立金もかなり積まれており、物件全体で6000万円以上積み上がっている状態でした(部屋あたりでも60万円以上)。ちなみに、こちらは先に現金で購入した物件を共同担保にしてローンを借りて購入しました。

一つ問題があったのは、こちらの物件は、売買契約後に退去することになっており、決済時には空室になってしまっていることでした。しかしながら、2月末に決済を終えたのですが、募集の条件を決めるか決めないかといった段階で、すでに申し込みが入りました!(まだ審査中なので最終的に決まるかどうかはわかりません。)ただ、一つ思ったのは、港区は強いなぁ、と。築40年近くだというのに、こんなに早く申し込みが入るとは。

ちなみに、今後は、都内の区分ワンルームを中心に考えていこうかなぁ、なんて漠然と思っています。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin