2011年10月のエントリー 一覧

Apple TVを買いました。

大前研一さんのYoutube動画を見るにあたって、それなりに大きな画面で、ソファで見たいなぁ、と思い、急遽Apple TVを買ってみました。

今までも興味はあったのですが、特にきっかけもなく、いまいち実際の使い方もあまりわからず、買わずじまいだったのですが、大きめの画面でYoutubeを見るなら、と思い、買ってみたのですが、コレ、なかなかいいです。Podcastやインターネットラジオとかもできますし、自分のiPhoneやiPadに入っている写真や動画なんかをテレビに映すこともできるので、なかなか便利です。

一度購入してしまえば、特にそれ以降費用がかかるものでもないので、これはなかなかいい感じです。映画のレンタルとかもできると思うのですが(むしろそちらが本来の使用方法?)、気が向いたら使ってみようと思います。

最近、わが家にアップル製品がどんどん増えている気がします。


ちなみに、iPhone4Sも予約してきました。楽しみです。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

昨日、「アパート経営フェスタ2011 ~ファイナル~」に行ってきました。今年で4回目かつ、ファイナル、ということですが、ぼくは今まで全参加です。

2008年

2009年

2010年

かなり出席率は高い方だと思います。


さて、中身の方ですが、今回は大前研一さんの基調講演のインパクトが強すぎました。ギリシャ問題、ユーロ問題、米国経済、中国の不動産バブル、そして日本の財政問題等、最近の時事問題を幅広く取り上げ、非常にわかりやすく、かつ面白く話されていました。あっという間の90分でした。

そして、今後、生活していく上で重要なポイントは次の3つとおっしゃっていました。

  1. 自動車を買わない
  2. 子供の教育にはお金ではなく、時間をかけろ
  3. 自宅を買うな

それから、前日に細野原発事故収束・再発防止担当大臣と行われた記者会見についても、ぜひ見て欲しい、とおっしゃっていましたので、帰宅してから記者会見の方だけとりあえず見てみました。


福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか


福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)


内容については専門家ではないのでわかりませんが、中立的な立場から、冷静に分析されているという印象を受けました。これを日本の国のために、無償で取り組まれた大前研一さんはやはりすごいと思います。


さて、話が不動産からずれてしまいましたが、フェスタの本題はアパート経営です。トークセッションが2つあり、第一部は内海芳美さん、沢田冨美子さん、菅原久美子さんと、コテツさん、けーちゃんによるトークセッションで女性ならではの視点だったり、考え方を伺うことができました。

第二部の方は、沢孝史さん、石渡浩さん、松田淳さん、宮本匤規さん、竹内かなとさんによるトークセッションで、物件の選び方、融資のノウハウ、競売物件の入札テクなど、こちらもボリュームたっぷりの90分でした。不動産投資と言っても、ほんとにみなさんスタイルが異なるので、こうすれば成功するといった唯一の方法といったものはないのだと、今回も実感しました。


今までの4回、こういったイベントを企画して、実行してくださったコテツさんとけーちゃん、そしてボランティアで参加して運営してくださった皆様、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。


またいつか、どこかでこういったイベントに参加出来る日を楽しみにしたいと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

遅くなってしまいましたが、先月やってきた今年最大の台風の被害状況です。全体的には大きな被害はなかったのですが、2年ほど前にも豪雨で破損したオーニングが、またもや破壊されてしまいました(2年前とは別の部屋です)。

オーニングというのは、手動で引き出すことが出来る屋根のようなものなのですが、やはり激しい豪雨には弱いようです。

今回も保険でカバーして頂けそうなので、自己負担は発生しなさそうです。こういう時はホントに保険に入っていてよかったと思います。

いずれにしても、甚大な被害はなかったのでよかったです。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

昨年に引き続き、今年もアパート経営フェスタの時期がやってきました。今年「も」やって来たのですが、今年「で」最後にになるということで、とても残念ではあります。

過去3回のチャリティ総額は1000万円を超えるとのことで、かなり大規模なチャリティイベントだったのではないかと思います。

さて、今年の基調講演は、昨年のぼくの予想は見事にはずれ、大前研一さんということで、これはかなりのポジティブサプライズです。まさかこういった場所で大前研一さんの講演を聴けるとは。

当日が楽しみです。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

デジタル一眼レフカメラ キヤノンEOSを買ったら最初に読む本―撮りたい写真が撮れる
デジタル一眼レフカメラ キヤノンEOSを買ったら最初に読む本―撮りたい写真が撮れる
スタジオタッククリエイティブ 2010-06
売り上げランキング : 31339


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■発行/2010年6月25日
■ISBN/978-4-88393-402-7 ■総ページ数・版型/144p・B5判変型
■価格/1,680円(本体価格1,600円+税)

■内容
●デジタル一眼レフカメラを楽しもう●カメラの基本操作と設定(カメラの各部名称/カメラの基本セットアップ/カメラの各種設定等)●知っておくべきカメラの基本(露出について/シャッタースピードについて/絞りについて/ISO感度について等)●実際に撮ってみる(基本的なカメラの構え方/ピントの合わせ方/測光による写りの違い等)●止まっている物を撮る●風景を撮る●記念写真を撮る●見方を変えて撮る●動くものを撮る 他


 拡大し続けるデジタル一眼レフカメラの市場の中でも、キヤノンのEOSシリーズのシェアは不動のNO.1です。本書はそのキヤノンのEOS 50D、EOS Kiss X4を基本に、デジタル一眼レフカメラの基本的な操作方法や写真の基本的な知識、そしていろいろいな写真の撮り方を紹介していきます。様々な撮影サンプルをベースに、ブツ撮りの基本や風景撮りの基本、動くものの撮り方の基本などを分かりやすく説明しています。デジタル一眼レフカメラならではの特徴を生かした撮影方法や、ワンランク上の写真を撮るためのテクニックまで色々な切り口でデジタル一眼レフカメラの使い方を紹介していきます。


EOS 60Dを買ったので、こちらの本を買ってみました。この本自体はEOS 50D、EOS Kiss X4という一世代前の機種をベースに解説されていますが、同じキヤノンなので用語も同じだしその機種の違いは大して問題になりません。

基本的にはデジタル一眼レフカメラの入門書なので、基本的なことにしぼって書かれていますが、全体的にはわかりやすく書かれていると思います。

いい復習になりました。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

圧力ポンプが古くなってきている物件で、圧力ポンプが停止し、一時断水というトラブルが発生しました。管理会社の方をはじめ、メーカーの方も迅速に対応して頂き現在では復旧していますが、いずれにしろそれなりの修復工事を行わなければならない状況になりました。

長期的な観点だと、受水槽をやめて直結式に変更したいところなのですが、今後見積もりを取りながら、速やかに対応していこうと思います。

何事も早め早めに手を打っておくべきですね。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

EOS 60Dと、EOS 7D でずっと迷っていたのですが、最終的にEOS 60D EF-S18-135 IS レンズキットを買いました!


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D EF-S18-135 IS レンズキットEOS60D18135ISLK
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D EF-S18-135 IS レンズキットEOS60D18135ISLK
キヤノン 2010-09-15
売り上げランキング : 5158


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


学生の頃、EOS 55を中古で買い、いつかはEOSの一桁シリーズを!と心のどこかで思ってはいたのですが、今回も二桁という結果になりました。購入の決め手はいろいろとあるにはあるのですが、大きなポイントは予算、バリアングル液晶、7Dを使いこなせるかどうか、といったあたりでしょうか。

EOS 55で使っていたレンズがあるにはあったのですが、どちらにしてもAPS-C機ということで画角が中途半端になってしまうので、広角側からカバーされているレンズがセットになっているものを買う前提で考えていました。すると、7Dの方はセットのレンズもかなりのもので、6Dのセットと比べると5万円以上の価格差があり、やはり大きいなぁ、と。

そして、バリアングル液晶ですが、動画とかを撮ったりも少し考えているので、あった方が便利かなぁ、と。

最後に7Dの機能を使いこなせるかですが、大きな違いは高速連写と、19点AFセンサーあたりかなぁ、と思いながら、どちらもDIGIC 4だし、素人にとっては大差ないのではないか、という結論になりました(→つまり、使いこなせないだろう、と)。


ということで、結局、EOS 60D EF-S18-135 IS レンズキットを購入したわけですが、今のところ、選択は正しかったのではないかと思っています。

早速、300ページ以上あるマニュアルに一通り目を通し、

キヤノン EOS 60D オーナーズBOOK (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)
キヤノン EOS 60D  オーナーズBOOK (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)
モーターマガジン社 2010-10-29
売り上げランキング : 83112


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このガイドブックも購入して読みましたが、機能が盛りだくさん過ぎて、どれほど使いこなせるようになるのだろう、という印象です。しばらくコンデジ生活を送っていたのであまり設定をいじったりといったことをやっていなかったので、きちんと機能を理解するまでは少し時間がかかるかもしれません。


とりあえず、家の近くで撮ってみた何枚かを載せておきます。やはり一眼レフだと、被写界深度を浅くしてボカしたり、コントロールできる感があるのはいいですね(以下の写真ではあまりうまく出来ていないかもしれませんが)。


2011_10_10_0095.JPG


2011_10_10_0097.JPG


2011_10_10_0099.JPG


以下の写真は、60Dに搭載されているクリエイティブフィルターという機能を試してみたものです。ベースとなる写真に対して、ラフモノクロ、ソフトフォーカス、トイカメラ風、ジオラマ風の4種類の加工をカメラ本体で行うことができます。

まずはベースとなる写真です。

2011_10_10_0096.JPG


ラフモノクロです。

2011_10_10_0117.JPG


トイカメラ風です。

2011_10_10_0118.JPG


ジオラマ風です。

2011_10_10_0119.JPG

ということで、少しずつ慣れていこうと思います。

yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin