2011年12月のエントリー 一覧

今まですでに2度ほど書いてきましたが、プロパンガス会社を変更しました。

プロパンガス会社を変更することにしました

プロパンガス会社変更に伴って、突然の自宅訪問!

前のガス会社の方が突然訪問してくるということもありましたが、その度ごとに不在だったこともあって、最終的にはあきらめて頂けたようで、特にトラブルになることもなく、無事変更手続きを終えました。

今回は新しく変更したこともあって、きちんと契約書にサインし、しかも給湯器の無料交換などのメンテナンス費用が不要になるのに加えて、手数料という形で収入も発生することになりました。これはありがたいことです。

今回はお世話になっている管理会社の方からのご紹介だったので、そのままお願いしましたが、複数で相見積もりをとって競わせたら、けっこうなサービス競争があるのかもしれません。

一棟ものを購入して、特にプロパンガス会社を変更とかしていない方は、ある意味チャンスなのではないかと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)
仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)佐々木 俊尚

光文社 2009-07-16
売り上げランキング : 9629


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


仕事するのにオフィスはいらない
ノマドワーキングのすすめ
佐々木俊尚/著

ノマドという言葉をご存じでしょうか?
 日本語に直訳すれば、「遊牧民」。北アフリカの砂漠や中央アジアの草原で、羊や牛を追って生活している彼らが、ノマドです。
 でもこの本で語るノマドは、遊牧民のことではありません。
 遊牧民がラクダという砂漠で最強の乗り物を駆り、オアシスからオアシスへと移動しながら生活しているように、狭苦しいオフィスを出て、さまざまな場所を移動しながら働いている人たちです。
 言ってみれば「オフィスのない会社」「働く場所を自由に選択する会社員」といったワークスタイルを実践している人たちのことです。
                                      (「まえがき」より)

目次

はじめに
第1章 ノマドワーキングのすすめ
第2章 アテンションコントロール
第3章 情報コントロール
第4章 コラボレーション
第5章 クラウドを使いこなす
第6章 ノマドライフスタイルの時代へ
あとがき
さくいん

著者紹介

佐々木俊尚(ささきとしなお)
1961年、兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科を中退し、1988年毎日新聞社入社。警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材する。1999年、アスキーに移籍。月刊アスキー編集部などを経て、2003年からフリージャーナリスト。IT関連の取材を精力的に続けている。著書に、『次世代ウェブ』(光文社新書)、『グーグル Google』『ネットvs.リアルの衝突』『ネット未来地図』『ブログ論壇の誕生』(以上、文春新書)、『3時間で「専門家」になる私の方法』『ひと月15万字書く私の方法』(以上、PHP研究所)などがある。


最近読んだ以下の2冊

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル

新時代のワークスタイル クラウド「超」活用術

がどちらかと言えばクラウドの使い方について具体的に書かれているのに対して、本書はノマドワーキングというものはどんなものなのか、そしてそれを実践するためにはクラウドツールがどのように使えるのか、といったより基本的な観点で書かれています。

出版されて2年ほど経っており、最新のツールを総花的に紹介しているといった類の本ではありませんが、大きな流れとしてのノマドワーキングは今後増えていくことでしょうし、そういった基本的な考え方を知るにはとても参考になる本だと思います。

普通の会社員はフリーランスのコンサルタントやライターと異なり、ノマドワーキングとは縁がないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、様々な情報を収集したり、知識やスキルを勉強したりといったいろいろな局面でノマドワーキング的なやり方というのは実践できると個人的には考えています。デスクワーク中心のサラリーマンだからといって、会社でデスクに座っているときだけが仕事中という時代でもないと思いますし。

そういった意味でも、この本は読んでみて損はないと思います。

これからの時代、やはりITリテラシーがあるかどうかで、くっきりと差が出てくるのではないかと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

本日、人間ドックに行ってきました。人生で2回目の胃カメラでした。

2009年に初めて胃カメラを受けたものの、昨年はバリウムに逃げていたのですが、やはり胃カメラの方がよくわかるという話もあり、ずっとバリウムと胃カメラで迷っていました。

そして、先日、胃カメラ(内視鏡)を楽に受けようよ!というサイトを発見し、胃カメラにはいろいろな種類があることを知りました。

以前から、口から入れるタイプと、鼻から入れるタイプがあることは知っていたのですが、鎮痛剤の使い方によってもいろいろあるようで、今回は鎮痛剤を併用してくれる病院を探して行ってみました。

具体的なプロセスは以下のような感じです。

1.口の中にゼリー状の麻酔を含み、しばらくそのままでガマンした後、飲み込む
2.口の中に麻酔のスプレーを吹きかけられる
3.点滴用の針を腕に刺される
4.横になってから、刺された点滴用の針のところから鎮痛剤を注入され、その後、胃カメラ実施へ。

鎮痛剤を注入された後は、意識があったような、なかったようなといった感じで、気づくと胃カメラは終わっていました。

そして、終了後、30分程度リクライニングチェアーみたいなところで休憩し、回復してから、引き続き残りの検査項目へ。

ということで、前回ほどの苦しさはなく、これならまあ耐えられるレベルという気がします。病院によっては鎮痛剤を使う場合は追加料金を取るところもあるようですが、病院によっては標準で含まれているところもあり、様々なようです。

ということで、胃カメラが苦手という方は、鎮痛剤を利用するタイプを試してみるとよいかもしれません。

ちなみに、今回は今まで行っていたのとは別の病院だったわけですが、同じ人間ドックと行っても一部検査項目が異なっていたようで、CTなんかもやりました。なんとなく、あれはドキドキしますね。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

シュレッダーを買い替えました!

↓ こちらです。


コクヨS&T デスクサイドシュレッダー KPS-X120W
コクヨS&T デスクサイドシュレッダー <S-tray> KPS-X120W
コクヨ 2008-12-22
売り上げランキング : 1603


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実は、先日の

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル

で紹介されていたシュレッダーで、型番まで含めて同じものなのですが、7年ほど前に購入してずっと使ってきたものと比べると、かなり静かで、容量も大きめなので使いやすいです。

本で紹介されていたものではありますが、アマゾンや楽天、価格.comのクチコミは念のため確認し、評判がよさそうだったので、問題ないだろうと思って即購入を決定しました。結果的にはアマゾンで購入したのですが、7406円ということで、まずまずの価格ではないかと思います。

それなりにしっかりしたシュレッダーが一台あると、何かと便利です。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

新時代のワークスタイル クラウド「超」活用術
新時代のワークスタイル クラウド「超」活用術北 真也

シーアンドアール研究所 2011-11-16
売り上げランキング : 619


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●CHAPTER1 クラウドで実践するビジネスパーソンの情報武装

●CHAPTER2 情報を「いつでも、どこでも」クラウドに収集するテクニック

●CHAPTER3 クラウドの「セルフマネジメントシステム」を使いこなす

●CHAPTER4 クラウドの「情報マネジメントシステム」を使いこなす

●CHAPTER5 クラウド&iPhoneでアウトプットを活性化する

●CHAPTER6 クラウド&iPhoneによるライフログとその活用

一昨日の クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル 同様、こちらもクラウドを活用した仕事術といった感じの本です。

ただ、クラウドHACKS!では幅広くツールが紹介されてのに対して、どちらかといえばこちらはiPhoneとそのアプリを中心にして書かれています。そして、Toodledoや、EVERNOTEについてもけっこう細かく、そしてここまで使うんだ?!といったところまで書かれている印象です。

最初の方に以下のような記載があるのですが、こういったこと考え方は非常に重要だと思います。スマホを買ったものの、あまり活用できていない方は、使い方を学ぶことにもある程度の時間を使って、使える仕組みを構築するべきですし、そうして初めてアウトプットにつながっていくのだと思います。

本書の目的は、ビジネスパーソンがクラウドツールやiPhoneを活用して、「成果を出し続けるための能力と仕組み」を作り上げることにあります。(P.17)


「成果を出す」ことと、「成果を出し続ける能力と仕組み」を構築することは、どちらが重要というものではなく、どちらが欠けてもうまくいかない車の両輪のような関係にあるのです。(P.19)


もう4年以上前に書いたエントリーで引用したものですが、この話、ぼくはけっこう好きです。こういったジレンマに陥らないよう、日々カイゼンしていきたいものです。


あるところに新しい斧を手に入れた木こりがいた。1日目、彼はその新しい斧で10本の木を切り倒すことができた。日を追うごとに、彼は長時間、より懸命に仕事に精を出すようになっていった。だが、切り倒す木の数は、それに反比例して日増しに少なくなっていった。
それを見た仲間がこうアドバイスした。

「なぜ斧の刃を研がないのだ。刃がボロボロになっているのに研がないままでいるんだから、木がなかなか切り倒せないのは当たり前じゃないか」

すると、働き者の木こりはこう答えた。

「俺は、そんなことをしている暇がないほど忙しい。もっと数多くの木を切り倒さなければならないのだから」


やはりクラウドツールはガンガン活用していかないと、もったいなくてもったいなくて。

ということで、iPhoneを中心に活用していきたい方は目を通して損はないと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル小山龍介

東洋経済新報社 2010-12-03
売り上げランキング : 10723


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

目次

Chapter1 データハック
      クラウドライブラリーとインデックス読書術
Chapter2 情報収集ハック
      エージェント活用と情報の自己組織化
Chapter3 ノマドワークハック
      遊牧とヨソモノ感覚
Chapter4 クラウドタイムハック
      クラウド時間とライフログ
Chapter5 クラウドチームハック
      プロセス管理とチーム連携
Chapter6 アウトプットハック
      アウトプット集中力と「天才」への道
ChapterX クラウド手帳ハック
      点から線へ


著者プロフィール

小山龍介
こやま・りゅうすけ

株式会社ブルームコンセプト 代表取締役. 共同経営責任者.
立教大学リーダーシップ研究所客員研究員. イシス編集学校師範代・代匠、コーアクティブ・コーチ.
1975年福岡県生まれ.京都大学文学部哲学科美術史卒業.大手広告代理店勤務を経て,サンダーバード国際経営大学院でMBAを取得.松竹株式会社プロデューサーとして歌舞伎をテーマにした新規事業立ち上げに携わったあと, 午堂登紀雄氏と株式会社ブルームコンセプトを設立.

HACKS!ノートをはじめとした新商品開発や新規事業プロデュースを手がける一方,ライフハックに基づく講演・セミナー・企業研修を多数行っている.

主な著書に『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』『整理HACKS!』(いずれも東洋経済新報社),『iPhone HACKS!』(宝島社)『STATIONERY HACKS!』(マガジンハウス)などがある.

●ブログ:http://www.ryu2republic.jp/
●Twitterアカウント:@ryu2net
●企業ウェブサイト:
http://www.bloomconcept.co.jp/


著者・編集者コメント

 WEB2.0時代の
新しいプロフェッショナルノマドワーカ
の仕事術

クラウド技術を個人のライフハックに応用し、愉しく生産性を高めるハック集。PCデータをクラウドへ「引っ越し」する。全文検索で蔵書を「電子辞書」にする。情報の見出しを増やす「インデックス読書術」。iPadをデジタルライブラリーにする。メモはGmailにクラウド保存する。
……など最新の技術を応用したハックを満載! WEB2.0時代の新しいプロフェッショナルノマドワーカーに変身するための情報を満載した一冊。


http://www.toyokeizai.net/shop/books/detail/BI/169bb3dfff70eaded246414d9d87a1cc/


世の中、スマホ、iPhone、クラウド、ノマド、EVERNOTE、Facebook、、、等々さまざまなITのツールが流行ってきている今日この頃ですが、使いこなしている人はなかなか少ないのが実際のところなのだと思います。

もちろん使わないといけないとかいったものではありませんが、やはり使ってみると便利なものはいろいろあるわけで、そういったツールの存在を知った上で、個々のツールを使う使わないは判断すればよい話だと思います。

そういった意味では、現在流行っているクラウド関連のツールをどういった形で使っていくのか、そういったツール間の連携を含めてクラウドについて全体的にレビューしているのが本書です。

紹介されている使用方法のすべてを実践できなくても、便利そうなものから一つ、二つ、と使って実践してみると、いろいろと仕組み化、効率化できるのではないかと思います。

クラウドツールを具体的にどうやって使っていくかを知りたい方にはお薦めの本だと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

先週末のことですが、親戚の結婚式で横浜に行ってきました。帰りに横浜ランドマークタワーに行って、夜景を見てきたので載せておきます。


まずは普通に地上から撮影した観覧車です。

2011_11_27_0526.JPG


クイーンズスクエアの内部です。

2011_11_27_0538.JPG

ここからが横浜ランドマークタワー 69F展望フロア(スカイガーデン)からの眺めです。入場料が1000円ということで、一瞬どうしようか迷いましたが、せっかく横浜まで来ていたので行ってみることにしました。


実際に肉眼で見た感じとは少し異なるのですが、あまり設定をいじらなくても、一眼レフカメラだとけっこうキレイに写りました。


2011_11_27_0540.JPG


2011_11_27_0541.JPG


2011_11_27_0542.JPG


2011_11_27_0543.JPG


2011_11_27_0551.JPG


2011_11_27_0553.JPG


2011_11_27_0557.JPG


2011_11_27_0559.JPG


2011_11_27_0562.JPG


2011_11_27_0569.JPG


2011_11_27_0570.JPG


2011_11_27_0573.JPG


2011_11_27_0574.JPG


2011_11_27_0580.JPG


2011_11_27_0584.JPG


2011_11_27_0587.JPG


2011_11_27_0599.JPG


ということで、最近は一眼レフデジタルを持ち歩いて、ちょこちょこ撮るようにしています。


yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin