2013年3月のエントリー 一覧

ポンプ交換の見積もりを再度依頼していることを書きましたが、その結果が出てきました。

52.5万円です!

惜しい!50万円は切らなかったものの、ほぼ50万円くらいです。100万円という見積もりも頂いていましたが、それと比較すると半分です!

しかも、100万円の見積もりを頂いていた業者さんのご提案では、現在ポンプが置かれている貯水槽の下に新しいポンプを設置するのではなく、貯水槽のわきに新たにポンプを設置するということになっていました。ところが、この新しく見積もりを取ったポンプ専門業者さんは、既存の位置をきちんと活用してポンプを交換するということで、スペース的にもよりよい形になっています。しかも、金額的には半額!

というわけで、今回のポンプ交換(もとは、直結式への変更案もありましたが)は、最後に見積もりを取った業者さんに発注することにしました。

こういったポンプ交換工事は、必要な費用ではあるものの、入居者さんにとって直接的にバリューアップにつながるものではありませんから、できるだけ費用を抑えて、もっと入居者さんにとってバリューアップにつながる(結果として、家賃にも転嫁できる)ようなものに対して、お金をかけて(投資して)いきたいと思います。

ということで、後は工事が完了するのを待つのみです。

スッキリしました。

すでに各種報道でご案内の通り(例えば、以下のニュース)、Google Readerのサービスが終了になるそうです。

Googleの“春の大掃除”で「Google Reader」他8サービスを終了

これは、かなりショックです。せっかく今まで使ってきたのに、、、

Google Reader 対応アプリも、けっこういろいろ使ってきたのに、、、

そして、何が一番残念かというと、今までのRSSリーダーで購読してきた情報のデータベースがなくなってしまうことです!

これはどういうことかというと、Google Readerの場合、自分で購読してきた情報を、検索することができます。つまり、自分が注目して購読してきたフィードに関するパーソナライズされたデータベースができていたわけですが、その蓄積がなくなってしまうことになるのではないかと思われます。これは残念です。かなり残念です。

いろいろと他のRSSリーダーが乗り換え需要対策で躍起になっているようですが、この今までの閲覧履歴を含めて、引っ越せるRSSリーダーが出てくるといいですね。そういうのって、すでにあったりするのでしょうか。

7月1日のGoogle Reader終了まで、乗り換え先についてはじっくり検討したいと思います。

昨年から検討していた住宅ローンの借り換えですが、借り換え手続きが完了しました。借り換え元の手続き上、実際の借り換え実行には5営業日ほどかかりますが、あと1週間ほどで借り換え自体も完了する予定です。

もともとのローンは、一戸建てを新築したため、


  • 土地部分、建物部分でローンが2本だてになっていた

  • 建物部分の方には、フラット35を利用したため、結果として平均借り入れ金利が1%台半ばだった

  • フラット35の部分については、金利を少しでも下げるため団体信用保険を付けていなかった


という状態でした。

それが、今回の借り換えにより、


  • 土地部分、建物部分の区別なく、ローンが1本になった

  • 借り入れ金利は、変動で0.825%に低下(ただし、保証料が別途かかるため、実質的にはもう少し高い)

  • 団体信用保険に加入したので、万が一の時には全額が返済免除となる


ということで、かなりスッキリしました。

住宅ローン控除もあるので、実質的には金利がほぼゼロに近くなります。

アベノミクスでインフレ期待もありますが、今回も変動で借りました。ぼくはどうも固定金利で借りる気になりません。そのあたりは、また次の機会に。

以前から書いていますが、持っている一つの物件では、現在、貯水槽があってポンプで水道水を各戸に供給しています。そのポンプの調子が悪くなってきた(というか、すでに一時故障してトラブル発生済み)ということで、引き続き、ポンプを交換するか(と同時に、貯水槽も交換するか)、または直結式への工事をするか、を検討しています。

受水槽方式と直結方式の比較は、以前書いた以下をご覧ください。

直結方式への変更の見積もりをお願いしたところ、230万円と260万円という数字があがってきました!え?そんなに?という気がしますが、こんな数字です。

で、ポンプ交換ですが、こちらは70万円くらいと、100万円くらいという数字が上がってきています。

ただ、よくよく見積書を眺めて、ポンプの型番を調べてみると、どちらの見積書のものも、うちの物件にはオーバースペックのポンプを使うようなものになっているみたい、ということがわかってきました。

ということで、再度、別のポンプ工事専門業者さんをネットで見つけたので、さらに見積もりを依頼してみました。

まだ、結果は出ていませんが、少し楽しみです。50万円を切ってくれたりすると、かなりうれしいのですが、どうでしょう。

検討していた屋上防水工事ですが、とりあえず見送りました。

約150万円の屋上防水工事の見積もりを頂いていましたが、別の業者さんに見て頂いたところ、屋上は問題なく、雨漏りは別のところに原因があるから、そちらを直せば直ります、とのことでした。こちらの業者さんの見積もりだと、12万円で、責任施行ということで、工事後雨漏りが再発したら、一定期間は責任を持って対応して頂けるとのことでした。

正直、どちらの業者さんが正しいのかわかりませんが、いきなり150万円もの大金を投じるよりは、12万円であれば、仮に失敗したとしても、痛手は限定的かなということで、雨漏り箇所を直接補修するという12万円の工事の方でお願いしました。

最終的にどうなるかはわかりませんが、これで様子を見てみようと思います。

今回複数の業者さんに相見積もりをお願いしましたが、やはりいくつかの業者さんに見て頂くのは、金額的な面だけではなく、状況の診断という意味でも、重要だなぁ、と強く思いました。業者さんによって、言ってる事が全然違いますからね。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin