前回(といっても、すでに1ヶ月以上前ですが)、一部屋決まって、一部屋退去の予定が発生したことを書きましたが、今回も同じです。

8月末に退去された部屋の方は、申し込みがあり、10月から入居されることになりました。約1ヶ月の空室で済んだのでかなり早い方だと思います。たまたまというのもあるかもしれませんが、一方で、やはり場所ってかなり重要だなぁ、と思いました。

この物件、今年購入した区分所有のワンルームなのですが、場所的には広尾と恵比寿の間くらいにあります。今までどちらかといえば、神奈川の相模原あたりの物件が多かったのですが、最近は都内23区で買い進めており、特にこの物件は恵比寿駅徒歩7分ということで、場所がかなりよさげです。

そして、これもたまたまかもしれませんが、退去された方が部屋を非常にきれいに使ってくださっていたので、原状回復も、清掃のみで済みました。区分マンションは一棟ものと比べて、ランニングコストが割高であると一般的には言われていますが、修繕積み立てを管理組合全体でやるので自分で特別に備えておく必要もなく、ある意味気楽でいいなぁ、と思っています。

ちなみに、今回の入居は、マンスリーの業者さんのようです。ということで、比較的長期間にわたって借りて頂けそうな気配がするので、よさそうな気がします。

そして、2点目の、また新たに退去が発生したという話ですが、こちらは昨年購入した区分マンションで、田町の物件です。10月の上旬に退去されるようなので、まずは部屋の様子を確認してみたいと思います。

ちなみに、こちらの物件も、マンスリー業者さんに借りて頂くことも選択肢として考えてみようかと思っています。