2013年10月のエントリー 一覧

本日の日経新聞一面で報道されていましたが、来年から確定拠出年金の掛け金上限が引き上げられるようです。

確定拠出年金、掛け金上限上げ 来秋にも2~3割 政府方針 2013/10/27 2:00

運用の成績に応じて受け取る年金の額が変わる確定拠出年金(日本版401k)で、政府は企業・個人が毎月出す掛け金の限度額を引き上げる方針だ。企業が単独で出す場合でいまの月5万1千円を6万円程度にして、全体として2~3割引き上げる案を検討している。自助努力で老後の備えを増やしやすくするとともに、預貯金を株式や債券に振り向ける「貯蓄から投資」への流れを後押しする。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2600J_W3A021C1MM8000/

これは確定拠出年金制度を導入している企業で働く、一会社員としてはうれしいニュースです。

現在、個人の資産運用としては、一般的な証券口座(もしくは銀行口座)、確定拠出年金、そして、来年から始まるNISA口座、とあるわけですが、中でも確定拠出年金での運用は税制面での優遇措置がかなり大きくなっています。

企業型の場合、給与から天引きで所得控除になり、さらに運用中に、リバランスなどをして途中で売却しても、一切課税されません。これは、複利で運用していく場合、かなり大きな効果があるのではないかと思います。

このあたり、確定拠出年金については、以下の書籍によくまとめられているので参考になると思います。

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術
竹川 美奈子
4761268840

すべてを預金にするか、はたまた株式にするか、20年後、30年後に、運用で何倍にも差が開いている可能性もあることを考えると、ますます、各個人が運用せざるを得ない状況になりつつありますね。

ちなみに、ぼくは確定拠出年金の部分は、すべて外国株式、為替ヘッジなし、の投資信託にしています。

先日書いた田町の物件ですが、最終的にはマンスリーの業者さんに借りて頂くことにしました。当初フリーレントをつけるというのが、このマンスリーの業者さんのルールのようで、賃料発生は12月1日になってしまいますが、入居が決まったことには違いありません。5年契約で、家賃の見直しは2年後から、ということなので、家賃の変動は多少あるかもしれませんが、これで空室になることはなさそうです。

ということで、完全満室になりました!よかった、よかった。

ちなみに、マンスリーの業者さんへはサブリースくらいの水準の家賃になります。つまり、一般の賃貸の相場から2割近く低いイメージです。そこまで低いのになぜ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際計算してみると、そんなに悪くはなさそうでした。一般募集と比較すると、4年に一度退去が発生して、2ヶ月程度の空室期間があるくらいで、ちょうどトントンといった感じなので、マンスリーの業者さんも決して悪くない気がします。

これで、少し、入居者さんのタイプを分散することができました。

これからも、いろいろと実験的にやっていきたいと思います。

不動産投資が単利であるのに対して、株式投資は複利なんです!

株式投資の場合、1000万円分購入したとして、1年間のリターンが7%だとして、1年後の評価額は1070万円になります。

そして、仮に、毎年7%のリターンが実現したとすると、次の年は、1070万円に対して、7%になりますので、1144.9万円と、単利の場合と比べて、4.9万円だけ多いリターンとなります(1年目のリターンである70万円に対する7%のリターン分です)。

しかも、売却しなければ、基本的に税金は発生しません(配当で受け取ってしまうと課税されますが、ここではすべてキャピタルゲインと仮定します)ので、税引き前のリターンをベースとして複利で運用することができます。

これって、かなりスゴいと思います。

ただ、株式投資(投資信託含むですが)の場合、リターンが毎年決まっているわけではありません。+15%の年もあれば、-6%の年もあり、はたまた-40%なんて年もありえます。ただ、10年、20年と持ち続けていると、平均的には5%〜7%くらいではリターンを生む可能性が高いものと思われます。

今更ながらですが、株式投資と不動産投資の根本的な違いについて、改めて気づいたので、書いておきました。

ちなみに、ここで言っている株式投資というのは、長期的な株式投資です。買ったり売ったりを繰り返す、株式売買ではありませんので、念のため。

今更ながら改めて気づいたことがあります。

それは、不動産投資って、単利なんだなぁ、ということ。

単利と複利という考え方があるかと思いますが、不動産投資って、単利なんですよね。

例えば、1000万円の区分ワンルームを考えてみると、税引き前のリターンが7%だとすると、リターンは70万円になります。そして、この70万円は通常であれば、銀行預金に眠ることになります。銀行預金の金利は0.02%程度ですから、ほぼゼロに等しいです。

これが7%でまたさらにリターンを生むのであれば、複利になるわけですが、この70万円は行き場を失ってしまうので、実質的には単利ということです。

しかも、70万円が所得ということであれば、所得税・住民税が課税されますので、税引後リターンはさらに低くなります。

ということで、不動産投資って、単利なんだなぁ、と改めて思った次第です。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin