2014年2月のエントリー 一覧

これまで不動産投資中心に書いてきましたが、証券投資の方も、少し書いていきたいと思います。

証券投資の方では、個人的には、コモディティには投資していません。コモディティというのは、金だったり、オイルだったりといったもので、株式や債券とは異なるアセットクラスのものです。

ぼくがなぜコモディティに投資しないかというと、コモディティというのは、そのアセットクラスの性質として、何ら価値を生み出さないプロダクトだからです。

例えば、株式というのは、企業の一部を所有することになるわけですが、企業は毎年売り上げをあげ、利益を残し、株主に配当を支払うと同時に、内部留保として積み上げた資金で新規投資を行うことで、価値を生み続けていきます(失敗すれば、赤字で倒産ということにもなるわけですが)。

また、債券は、企業から見れば負債であり、クーポンを払わなければならないわけですが、投資家からすると、クーポン収入を受け取り続け、満期で元本が償還されるプロダクトです(もちろんデフォルトになってしまう可能性もありますが)。

一方、コモディティの場合、例えば金(ゴールド)の延べ棒でも、金貨でもいいのですが、購入して家に置いておいたとしても、勝手に自己増殖するわけでもありませんし、金(ゴールド)を持っていたからと言って、誰かがお金をくれるわけでもありません。その購入した金(ゴールド)を、再び市場で売却することによって、何らかのリターンにつながるわけですが、この市場価格というのは、基本的には需給で決まるものであり、金自体の価値が成長するといったことはなく、価値はある意味不変なわけです。つまり、あくまで市場が価格を日々決定、変化させて続けていることになります。

そうすると、長期的に保有し続けたからと言って、長期的に価値が上昇するという根拠は薄く、需給で決まる、価格変動リスクにさらされているだけとなります。

もちろん短期的な価格変動にベットすることによって、収益を上げるということも可能な場合はありますが、これはどちらかといえば、投資というよりも、投機に近いものだと思います。

そういった理由で、ぼくはコモディティには投資していません。

昨日、現在目標としているアセットアロケーションと、実際のアセットアロケーションをご紹介しましたが、このアセットアロケーションを少し違った切り口で見てみたいと思います。

まずは、どの国に投資しているかというカントリーアロケーションです。ここでは、「日本」、「先進国」、「新興国」、「その他」に分けていますが、「その他」は現在入っていないので、実質3分類になっています。

target2AA201401.jpg

日本が12%、日本を除く先進国が62%、新興国が26%となっています。しかしながら、実際のアロケーションは以下のように、半分以上が日本になってしまっています。まだまだ円建て資産の割合が高く、国際分散できていない状況です。

actual2AA201401.jpg

次に、「株式」「債券」「REIT」「その他」といったアセットクラスという視点で見たときにどのように見えるか確認してみます。株式が7割弱の68%、残りを債券とREITで16%ずつ分け合っているのが目標です。

target3AA201401.jpg

ところが、これまたひどいことに、実際のアロケーションは、株式が9割以上となっており、残りを債券とREITが少しずつといった状況になっています。

actual3AA201401.jpg

ということで、どの視点で見ても、目標と現実はかなり乖離しているわけですが、今後、少しずつ目標に近づけていきたいと思います。

今まで不動産投資を中心に書いていましたが、証券投資の方についても、今後は書いていきたいと思います。

証券投資については、ぼくの場合、普通の金融機関の口座(NISA含む)と、確定拠出年金の2つに分けられます。ただ、全体のアセットアロケーションについては、口座の種類関係なく、全体を一つのポートフォリオと見て、管理しています。

早速ですが、現在、ぼくが目標としているアセットアロケーションをご紹介します。

targetAA201401.jpg

最大のアロケーションは、先進国株式で、54%となっています。ちなみに、日本株式はわずか6%となっています。

ところが、2014年1月末頃の実際のアセットアロケーションは、以下のグラフの通り、目標とはまったく別物になっています("頃"とつけているのは、今後アップデートする際に、必ずしも月末にならないこともあると思ったので、"頃"としてみました。)

actualAA201401.jpg

実際には、日本株式が約半分であり、新興国債券や、REITなどがほとんどなく、大半が株式となっています(株式と言っても、日本株式の一部と外国株式については投資信託になっています)。

あらためて、表の形でまとめてみると、以下のようになります。

table201401.jpg

目標と、現実でかなりギャップがありますが、今後、少しずつ目標に近づけていくつもりです。

ということで、とりあえず現在のアセットアロケーションのご紹介でした。

お風呂専用メガネ「FORゆ」を購入しました。

たしか、がっちりマンデーか何かで紹介されていて見たんだと思いますが、お風呂専用メガネということで、かなりシンプルな作りになっていて、レンズも決まった度数から比較的自分にあうものを選ぶのみということになっているという、かなり割り切ったモノになっています。

お風呂に入っている時間だけ、裸眼よりは少しよく見えればいいかな、というニーズに応える商品なんだと思います。

価格も1280円ということで、かなりリーズナブル。

1月初めに店頭(秋葉原のヨドバシカメラに入っている愛眼)に買いに行ったのですが、在庫切れということで、3週間くらい待って、やっと入荷の連絡を受けて、取りにいってきました。

自分一人で入るならともかく、最近は2歳の娘と一緒にお風呂に入ったりするので、お風呂で曇らないメガネがあるのは助かります。

いい買い物でした。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin