2015年1月のエントリー 一覧

週末に、確定申告に向けて税理士さんと打ち合わせをしてきました。

今年の申告はこんな内容ですよね、という、ざっくりした相談です。というか、雑談に近いです。

給与所得に加えて、不動産所得、医療費控除、寄付金控除、ふるさと納税、住宅ローン減税、生命保険控除、このあたりですよね、という全体感を確認するイメージです。

不動産所得については、3か月ごとに関連書類をすべてお送りして、その都度処理をして頂いているので、期中でだいたいのイメージがわかります。しかも、こうしておくと、年明けてから、1年をすべて振り返って、一生懸命思い出したり、調べたりする必要がありません。税理士さんへの報酬は発生しますが、確定申告期のストレスがなくなったので、そういう意味ではとてもいい感じです。

ちなみに、昨年は物件を2棟売却したので、その譲渡所得税も発生しており、普段の所得税のみならず、譲渡所得税の申告も行わなければなりません。けっこうな金額の納税をしなければなりません、、、あー、、、

それから雑談ついでに、いろいろ税金まわりのお話をしてきました。相続増税で相談増えてるんですか?とか、タワーマンション節税については早くも国税が目をつけ始めてるとか、富裕層の海外逃避に対する課税を強化しているとか、金融資産はホント相続に対して無防備ですよね(時価が明確かつ一意に決まりすぎ)、、、とか。

定期的に税理士さんとお話しているだけでも、とても勉強になります。

ということで、確定申告シーズンに突入ですね。

iPhone5の売却に続き、iPad 第3世代(Wi-Fi 64GB)も売却してきました(実際に売却したのは2014年12月13日です)。

以下の通り、秋葉原で4店舗ほどで買い取り価格を確認し、最終的にはじゃんぱらで売却してきました。

  • じゃんぱら 18000円
  • イオシス 17000円+1000円(1000円はキャンペーンで上乗せ)
  • エコモバイル 11000円
  • モバイルヘッド 15000円

ちなみに、売却に先立って、アップルストアの整備済み品でiPad Air 32GBを購入しました。最新のiPad Air2 とも迷いましたが、基本的には家で使うだけなので、指紋認証とかも必要ないかなと思い、一世代前のiPad Airにしておきました。こちらは快適に使っています。

これで充電ケーブルを、iPhone, iPadともにLighteningケーブルで揃えられたので、とてもスッキリしました。

しばらく不動産投資ネタを書いていなかったので、久しぶりに最近の状況を書いておきたいと思います。

昨年夏ごろに一棟ものを2つとも売却し、現在は区分ワンルームのみを所有している状況が続いています。一棟ものの売却後、すぐにワンルームを2つ購入し、一つが空室での購入だったため、募集をしたのですが、こちらは募集開始後1か月程度で入居となり、すんなり空室ではなくなりました。

その後、今日までのところ、何の動きもありません。ということで、完全満室状態がもう半年くらい続いています。なので、特段、新たにやるべきことが発生したり、ということがありません(もちろん管理組合の総会案内が来るので、記入して返信したり、ということは淡々とやってます)。

既存物件についてはやることがないので、新しく購入しようとは思っていますが、今のところやろうとしているのはそのくらいです(一昔前と比べると、かなり価格が上がってしまったので、買いづらくなってます、、、)。

やっぱり都心の区分ワンルームって、同じワンルームでも、木造のアパートとかより、平均入居期間が長いのではないかと思います(あくまで経験上ですが)。

ということで、最近の賃貸経営状況でした。

世の中の人はエアコンの設定温度をどのくらいにしているのだろう?と思って、ネットで調べてみたところ、LIXILの調査結果を見つけました。

(以下、LIXILニュースリリースより一部抜粋)

■冬に快適と言われる室温18℃~20℃と実際のエアコン設定温度に大きなギャップ!
自宅のエアコン設定温度、最も多かった回答は「28℃」!
高い室温設定にも関わらず、寒さ対策で靴下を履く人は約8割に上る。

冬場にエアコンを利用するかを尋ねたところ、全体の66.5%が「利用する」と回答した。また、「利用する」と回答した人にエアコンの設定温度を尋ねたところ、「28℃」と回答した人が最も多いという結果が得られた。一般的に冬の快適温度は18℃~20℃と言われており、実際の設定温度との間に大きなひらきがあった。さらに、寒さ対策のために自宅室内で靴下を履くかを尋ねたところ、全体の80.2%が「履く」と回答しており、エアコンだけでは部屋がしっかりと暖まらず、足元の冷え込みも感じている様子がうかがえた。

(中略)

さらに、冬場エアコンを利用していると回答した人に暖房の設定温度を尋ねたところ、平均の設定温度は24.7℃であった。具体的な設定温度としては、「28℃」(21.4%)、「25℃」(13.6%)、「20℃」(11.6%)が多く挙がった。住宅タイプ別に見てみると、比較的マンションのほうが、設定温度が高い傾向にあった。

■調査の概要
調査方法 : インターネット調査
対象エリア : 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
調査対象 : 20代から60代の主婦(既婚女性)
サンプル数 : 520名 (各年代、マンション・一戸建てそれぞれ52サンプル)
調査実施期間 : 2013年9月20日(金)~2013年9月22日(日)
調査実施機関 : 株式会社マクロミル

http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2013/120_newsletter_1023_01.html

ということで、この調査結果によると、なんと28度に設定している人が最も多く、平均温度も24.7度だそうです。

え?そんなに。それだと電気代がそうとう大変なことになるのでは?という気がするのですが、どうなんでしょうか。設定温度が28度だとして、いったい実際の室温は何度くらいになっているのでしょうか。室温が28度だったら、さすがに暑いと思うのですが。

しかも、ちょっと意外だったのが、一戸建てよりもマンションの方が設定温度が高い傾向にあったとのこと。自分のまわりでは、よく一戸建ての方がやっぱり寒い、マンションに住んでいた時はエアコンはほとんどつけなくてもよかったのに、なんて声をよく聞くのですが、それとは真逆の結果になっているようです。

ちょっと不思議な結果ではありますが、まずは温度計+湿度計を設置して、温度だけでなくきちんと加湿しておくことが部屋を暖かくするうえで重要なのではないかと思います。

ちなみにうちは普通の加湿器で弱いと思ったとき(朝起きてすぐなど)は、おなべに水を入れてガンガン沸騰させてます。これで、一気に暖かくなります。もちろん火の取り扱いには注意が必要ですが。

それにしても、世の中の人が28度にしているとはちょっと考えづらい気がするのですが、、、

最後になりましたが、我が家は、寒いと感じるときは23度、通常は21度くらいの設定温度にしています。

日本の個人金融資産や、上場企業の自己資本が増加しているというニュースがあります。

家計の金融資産、1654兆円 株高で過去最高額を更新 2014年12月19日01時47分

日本銀行が18日に発表した今年7~9月期の資金循環統計(速報)によると、9月末に家計が保有する預金や株式などの金融資産は1654兆円で前年9月末より2.7%増え、過去最高額を更新した。株高で個人が持つ株式の評価額が上がったためという。

 家計の金融資産の内訳は、半分以上を占める現預金が前年9月末より1.7%増の870兆円。株高で、株式・出資金が同5.6%増の156兆円、投資信託が同14.9%増の86兆円だった。

 日本国債の残高は、同3.6%増の1015兆円。このうち、大規模な金融緩和によって国債を大量に買っている日銀の保有残高は同37%増の233兆円となり、過去最高を更新した。保有比率では、国債全体の22.9%に膨らんだ。

http://www.asahi.com/articles/ASGDL4PV5GDLULFA014.html


上場企業の自己資本、円安で20兆円増 2年間で
2014/12/28 2:00

外国為替市場で急速に円安が進み、企業の財務体質が改善している。上場企業(3月期決算)の自己資本は円相場が最高値圏にあった2年前に比べ、円安によって約20兆円増加した。海外に保有する資産を円換算した金額が膨らむためで、自動車や電機などグローバル企業に恩恵が大きい。

 企業の自己資本は株主が出資した資金や稼いだ利益の蓄積を指し、海外資産の変動分も加味される。自己資本が増えると経営の安定性が増して資金を…

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD03H3R_X21C14A2MM8000/

ただ、これって、あくまで円建てで見たら、ということですよね。

個人金融資産の方で計算してみると、2013年9月に1611兆円だったということで、当時のドル円レート(98.21円)でドル建てに換算すると16.4兆ドルだったものが、2014年9月の1654兆円になったということは、同じくドル建てでは15.1兆ドルに減少したことになります(ドル円レート:109.64円)。

これはあくまでドル建てに換算したものですが、日本国の通貨が下落して、結果としてドル建てで見ると資産が8%ほど下がっていることになるかと思います。円安になれば、輸入に頼っているモノの価格は上がります(身近なところで言えば、衣料品、パソコン、携帯電話など)。いくら日本で生活していて、海外旅行なんてほとんど行かない、という方でも、日々の生活で購入するものは為替レートの影響を受けるわけで、いくら円建てで資産が増えた!と言っても、購買力は低下してしまっている可能性が高いかと思います。

ということで、グローバルでの購買力を維持するためにも、日本の個人金融資産はもっともっと外貨資産を持つべきだと思います。

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年もなかなかブログが書けませんでしたが、1年間を簡単に振り返ってみたいと思います。

まずは不動産投資についてですが、こちらはブログでも書いてきましたが大きな変化がありました。相模原で所有していた一棟ものの物件を2つとも売却したことです。これには、一棟ものから区分へのシフトと、神奈川から東京へのシフトという二つの意味合いがあります。やっぱり区分は手間がかからない、かつ、キャッシュフローがとても安定するということで、区分にシフトすることを決めたわけですが、個人的にはやはりやってよかったなぁ、と思っています。そして区分については新たに2つほど購入しました。ある程度の規模になってきたので、今後は新規取得と、財務体質の改善のバランスを取りながらやっていきたいと思っています(ちなみに一棟ものを売却したことで、ローン残高はすでに激減しています)。

一方、有価証券投資ですが、こちらは投資信託で国際分散投資を実践すべく、先進国株式、新興国株式、新興国債券、国内REIT、先進国REITなどへのアロケーションを決めて、コツコツ積み立ててきました。特定口座、NISA口座、確定拠出年金口座(DC)とありますが、これらの口座全体を見ながらアセットアロケーションとアセットロケーションを考えています。自宅も含めると不動産投資が日本円に偏っていることもあり、新規投資は外貨投資を中心に行ってきました。そういう意味では、昨年は大きく円安になってしまったので、あー、、、という感じではありますが、水準は気にせず、コツコツを継続していきます。

それから、こういった「外貨エクスポージャーを増やさねば!」という考え方と、「やはりハイリターンは株式だ!」という考え方をもとに、変額保険の特別勘定についても大半を外国株式にシフトさせました。

そして最後に、最近やたらと注目されているふるさと納税ですが、昨年は本格的に取り組んでみました。お米を中心に、お肉、果物、野菜と食べ物を中心に頂きましたが、生活費節約には最高の仕組みだと思います。その分、自分が住んでいる文京区への納税は減っていますが、そうは言っても住民税の9割強は文京区へ払っているのでいいでしょう。今年からは控除の上限が2割に引き上げられるようで、ますます家計的には助かると思います。

一方、負債サイドですが、住宅ローンについては、住宅ローン控除があることもあり、繰り上げ返済は一切行わず、余剰資金はできる限り、不動産投資(新規取得もしくは繰り上げ返済)か、有価証券投資に振り向けていく予定です(ちなみに、家計全体のバランスシートは、マネーフォワードを活用させて頂き、常に意識しています)。

そういえば、卒業後コツコツ返済してきた奨学金の返済が、今年ついに終わるはず!

ということで、長くなってしまいましたが、昨年は人生における今後の運用方針を明確に決めた年だった気がします。今後、自分の置かれている状況が大きく変わらない限り、あとは淡々とやっていくのみかと思います。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg
  • 2015_03_29_1079.jpg
  • IMG_8258.JPG

月別アーカイブ

  1. 2015年9月 [3]
  2. 2015年8月 [1]
  3. 2015年7月 [4]
  4. 2015年6月 [2]
  5. 2015年5月 [3]
  6. 2015年4月 [3]
  7. 2015年3月 [3]
  8. 2015年2月 [3]
  9. 2015年1月 [6]
  10. 2014年12月 [3]
  11. 2014年11月 [3]
  12. 2014年10月 [1]
  13. 2014年9月 [4]
  14. 2014年8月 [8]
  15. 2014年7月 [3]
  16. 2014年6月 [2]
  17. 2014年5月 [2]
  18. 2014年4月 [4]
  19. 2014年3月 [6]
  20. 2014年2月 [4]
  21. 2014年1月 [4]
  22. 2013年12月 [1]
  23. 2013年11月 [1]
  24. 2013年10月 [4]
  25. 2013年9月 [1]
  26. 2013年8月 [1]
  27. 2013年7月 [2]
  28. 2013年6月 [4]
  29. 2013年5月 [3]
  30. 2013年4月 [2]
  31. 2013年3月 [5]
  32. 2013年2月 [6]
  33. 2013年1月 [1]
  34. 2012年12月 [1]
  35. 2012年11月 [3]
  36. 2012年10月 [4]
  37. 2012年9月 [6]
  38. 2012年8月 [3]
  39. 2012年7月 [8]
  40. 2012年5月 [7]
  41. 2012年4月 [4]
  42. 2012年3月 [2]
  43. 2012年2月 [2]
  44. 2012年1月 [11]
  45. 2011年12月 [7]
  46. 2011年11月 [6]
  47. 2011年10月 [7]
  48. 2011年9月 [5]
  49. 2011年8月 [5]
  50. 2011年7月 [9]
  51. 2011年6月 [5]
  52. 2011年5月 [5]
  53. 2011年4月 [5]
  54. 2011年3月 [7]
  55. 2011年2月 [7]
  56. 2011年1月 [11]
  57. 2010年12月 [3]
  58. 2010年11月 [8]
  59. 2010年10月 [8]
  60. 2010年9月 [12]
  61. 2010年8月 [8]
  62. 2010年7月 [11]
  63. 2010年6月 [17]
  64. 2010年5月 [15]
  65. 2010年4月 [11]
  66. 2010年3月 [12]
  67. 2010年2月 [10]
  68. 2010年1月 [16]
  69. 2009年12月 [18]
  70. 2009年11月 [15]
  71. 2009年10月 [12]
  72. 2009年9月 [9]
  73. 2009年8月 [18]
  74. 2009年7月 [13]
  75. 2009年6月 [17]
  76. 2009年5月 [14]
  77. 2009年4月 [16]
  78. 2009年3月 [13]
  79. 2009年2月 [16]
  80. 2009年1月 [26]
  81. 2008年12月 [18]
  82. 2008年11月 [18]
  83. 2008年10月 [13]
  84. 2008年9月 [14]
  85. 2008年8月 [19]
  86. 2008年7月 [15]
  87. 2008年6月 [14]
  88. 2008年5月 [15]
  89. 2008年4月 [17]
  90. 2008年3月 [29]
  91. 2008年2月 [23]
  92. 2008年1月 [34]
  93. 2007年12月 [37]
  94. 2007年11月 [41]
  95. 2007年10月 [40]
  96. 2007年9月 [43]
  97. 2007年8月 [40]
  98. 2007年7月 [28]
  99. 2007年6月 [27]
  100. 2007年5月 [25]
  101. 2007年4月 [31]
  102. 2007年3月 [27]
  103. 2007年2月 [23]
  104. 2007年1月 [28]
  105. 2006年12月 [29]
  106. 2006年11月 [26]
  107. 2006年10月 [23]
  108. 2006年9月 [27]
  109. 2006年8月 [34]
  110. 2006年7月 [40]
  111. 2006年6月 [28]
  112. 2006年5月 [26]
  113. 2006年4月 [34]
  114. 2006年3月 [14]
  115. 2006年2月 [3]
  116. 2006年1月 [2]
  117. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin