2015年9月のエントリー 一覧

再来年から実施される地震保険の改定案が明らかになったようです。以下、毎日新聞の記事ですが、それによると東京都の地震保険は約4割値上げされるようです!

入居者の方に、「地震保険が上がったので、家賃をその分上げてもらえませんか?」なんて、言えるはずもなく、大家としては単純に収益悪化要因です、、、

火災保険といい、地震保険といい、大家さんにはなかなか厳しいイベントが続いています。

ちなみに、値上げされる地域の場合は値上げ前に最長の5年契約に、値下げされる地域の場合は最短の1年契約にしておくと、経済的な負担は最小化されるかと思います。今回、ぼくは火災保険の見直しですでに地震保険は5年契約にしておいたので、再来年の変更に向けて、特段何かするつもりはありませんが。

地震保険:4県50%上げ…17〜21年、地域差拡大へ 毎日新聞 2015年09月27日 22時11分(最終更新 09月28日 00時37分)

政府と損害保険各社が2017年1月から21年まで段階的に実施する家庭向け地震保険料の見直しで、都道府県ごとの改定案が27日分かった。地震の発生リスクに見合った保険料に近づけるため、契約件数の多い非木造住宅の場合、最大の上げ幅は埼玉など4県でいずれも計50%となる一方、大阪府や愛知県などでは安くなる。保険料の地域差は現在の3.1倍から3.7倍程度に拡大する見通しだ。【土屋渓】

 全国平均は非木造、木造のいずれも19%程度の引き上げとなる。南海トラフなど大地震の発生確率が高まったことを反映させる。上げ幅が大きいため、改定は17年1月▽19年1月▽21年1月の3回に分けて実施する。損保各社で組織する損害保険料率算出機構が今月末にも金融庁に届け出る。

 契約件数の多い非木造住宅の場合、50%上がるのは埼玉、茨城、徳島、高知の4県。埼玉は保険金1000万円あたりの年間保険料は現在1万3600円だが、2万円程度に上がる計算になる。

 上げ幅が30%以上で50%未満となるのは11都県。福島や宮城などは40%超、東京や神奈川、千葉は40%近くなる。上げ幅が30%未満は21県。値下がりするのは、北海道や愛知、大阪など11道府県。10〜40%程度下がる。

 現在の年間保険料は、非木造で保険金1000万円の場合、最高水準の東京や神奈川などは2万200円、最も安い福岡などは6500円。改定の結果、最高水準の東京や神奈川などと最も安い水準の福岡などとの差は3.7倍程度となる計算だ。

http://mainichi.jp/select/news/20150928k0000m020065000c.html

ご存知の方も多いかと思いますが、今年の10月から火災保険契約の見直しが行われます。ということで、契約期間が比較的短いものについてはすべて36年契約で契約し直しました!

大きな変更点は、マンションについては火災保険料が値上げ、契約年限が最長でも10年に、という2点かと思います。以下の記事が参考になるかと思います。

火災保険料2015年10月に一部値上げ! 節約の方法は?

10年超の火災保険が廃止へ。事実上の保険料値上げ!?

では、具体的に値上げ率を確認してみると、東京都のマンションは1割強くらいの値上げです。

【改定率の例(出典:損害保険料率算出機構)】

●M構造(マンション)

  • 東京都:+12.0%
  • 大阪府:+12.0%
  • 北海道:+7.2%
  • 青森県:+16.7%
  • 福岡県:+24.1%

http://allabout.co.jp/gm/gc/444605/


そして、10年超の契約ができなくなるわけですが、実際、長期契約をすると、以下のような形で割安になります。例えば、35年契約をすると、1年契約の35倍ではなく、24.7倍になるので、3割くらい割安になるわけです。

<長期係数の例>

  • 3年:2.7
  • 5年:4.3
  • 10年:8.2
  • 15年:11.85
  • 20年:15.25
  • 25年:18.55
  • 30年:21.45
  • 35年:24.70

(2015年10月以降も、10年までの長期係数は上記と同じです)

http://allabout.co.jp/gm/gc/447112/


ということで、基本的には不動産はあまり売却することを想定していない(一部は売却してしまうかもしれませんが)ということもあり、36年契約で契約し直しました。

ちなみに、解約の時にかなり手数料を取られるのかと思いきや、実際にはほぼ期間按分した残存期間分の保険料がそのまま返ってくるようです(このあたりはけっこう良心的?)。

ということで、火災保険の契約見直しが完了しました。
目先のキャッシュアウトはありますが、やはり費用は割安な方がよいのではないかと思っています。

以上、火災保険の見直しでした。

一言で言えば、タイトルの通りなのですが、HDDをSSDに換装しました。

ほんと、メチャクチャ快適になりました。

なぜ思い立ったかというと、3年ちょっと前にMacBook Proを購入し、その後、メモリを増設したりしていたのですが、そうは言っても、なんかモッサリした動きになっている感は否めず、買い替えもありかなぁ、と思っていました。

そんな時、ふと、そういえば、SSDっていくらくらいなんだろう?と思い調べてみたところ、意外と安い。なんとなくかなり高いイメージがあったのですが、500GBの上位機種でも2万5000円程度ということで、買い替えよりはずっと安くすみます。CPUは世代は古いと言ってもCore i7だし、メモリも増設してあるし、、、ということでSSDに換装することにしました。

今回は、主に以下の記事を参考にさせていただきました。

旧型MacBook ProをSSDで高速化、HDD時とは別物の快適さに

ということで、購入したSSDも以下のものにしてみました。

Crucial [Micron製Crucialブランド] 自社製MLCメモリー搭載 MX200 2.5インチ 内蔵SSD ( 500GB / SATA 6Gbps / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) CT500MX200SSD1
B00S1V3G3I

それから、HDDやSSDのコネクターであるSATAをUSBに変換するためにSATA-USB変換ケーブルも購入。

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA
B001K97W56

さらに、今回はHDDの交換ということで、トルクスドライバー(T6)も購入。

ベッセル(VESSEL) パワーグリップ トルクスドライバー T6 No.B-5400TX
B001VB8ANQ


ディスクユーティリティというツールを使って、現在のHDDをそのままSSDにコピーしてから換装しました。最初、SSDをフォーマットせずにいきなりコピー(復元)したために、交換してもエラーになってしまいましたが、きちんとフォーマットしてからコピー(復元)したところ、うまくいきました(こんな初歩的なところでミスるとは、、、)。

HDDをSSDに交換したわけですが、インターネットの速度も速くなった印象があります。

いやぁ、ほんと快適です。いい買い物でした。

8月末のアセットアロケーションです。

アセットアロケーションの前に、今月はかなりマーケットが動いたので、というか下がったので、リスク資産額の推移も見ておきます。

A201508trend.jpg

ということで、資産額は少しへこんでいます。毎月の積立も継続しているので、それを大きく上回って減っています。と言っても、計算してみたところ、6.7%ほどの下落だったので、それほどでもないかもしれません。というか、この程度のことは長い人生、何度か経験することでしょう。

では、本題のアセットアロケーションに移ります。

AA201508trend.jpg

AA201508table.jpg

AA201508trendasset.jpg

AA201508trendregion.jpg

以上の通り、アセットアロケーション自体は大きな変化はありませんでした。実は、少額だけ、新興国株式と新興国債券をスポット購入していますが、誤差の範囲です。

最初に確認した通り、資産額自体はそれなりに減少していますが、もともと余裕資金というか、当面使う予定のないお金ですので、個人としては特に目先困ることはありません。コツコツと積み立て投資を継続するのみです。

また証券市場はこれだけダイナミックに動いていますが、不動産市場の方はほとんど動きがなく、相変わらずずいぶんと高くなったなぁ、という印象です。2~3年前に700~800万円程度で買えていた都心ワンルームマンションは軒並み1000万円超えの世界です。

一方、所有している物件の方は、特に退去が出ることもなく(現在1室は募集中ですが)、毎月収入を生み出してくれています。

証券投資と不動産投資、それぞれをバランスよく行うことって、大事だなぁ、と最近はつくづく思います。よく資産三分法とかって言われますが、確かにそうだなぁ、と。ただし、ぼくの場合、不動産にかなり偏っていて、証券はそこそこ、現金はあまり持ってないですが。

ということで、今月のアセットアロケーションでした。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • A201509trend.png
  • A201508trend.jpg
  • AA201507trend.jpg
  • AA201506trend.jpg
  • AA201505trend.jpg

月別アーカイブ

  1. 2015年10月 [1]
  2. 2015年9月 [4]
  3. 2015年8月 [1]
  4. 2015年7月 [4]
  5. 2015年6月 [2]
  6. 2015年5月 [3]
  7. 2015年4月 [3]
  8. 2015年3月 [3]
  9. 2015年2月 [3]
  10. 2015年1月 [6]
  11. 2014年12月 [3]
  12. 2014年11月 [3]
  13. 2014年10月 [1]
  14. 2014年9月 [4]
  15. 2014年8月 [8]
  16. 2014年7月 [3]
  17. 2014年6月 [2]
  18. 2014年5月 [2]
  19. 2014年4月 [4]
  20. 2014年3月 [6]
  21. 2014年2月 [4]
  22. 2014年1月 [4]
  23. 2013年12月 [1]
  24. 2013年11月 [1]
  25. 2013年10月 [4]
  26. 2013年9月 [1]
  27. 2013年8月 [1]
  28. 2013年7月 [2]
  29. 2013年6月 [4]
  30. 2013年5月 [3]
  31. 2013年4月 [2]
  32. 2013年3月 [5]
  33. 2013年2月 [6]
  34. 2013年1月 [1]
  35. 2012年12月 [1]
  36. 2012年11月 [3]
  37. 2012年10月 [4]
  38. 2012年9月 [6]
  39. 2012年8月 [3]
  40. 2012年7月 [8]
  41. 2012年5月 [7]
  42. 2012年4月 [4]
  43. 2012年3月 [2]
  44. 2012年2月 [2]
  45. 2012年1月 [11]
  46. 2011年12月 [7]
  47. 2011年11月 [6]
  48. 2011年10月 [7]
  49. 2011年9月 [5]
  50. 2011年8月 [5]
  51. 2011年7月 [9]
  52. 2011年6月 [5]
  53. 2011年5月 [5]
  54. 2011年4月 [5]
  55. 2011年3月 [7]
  56. 2011年2月 [7]
  57. 2011年1月 [11]
  58. 2010年12月 [3]
  59. 2010年11月 [8]
  60. 2010年10月 [8]
  61. 2010年9月 [12]
  62. 2010年8月 [8]
  63. 2010年7月 [11]
  64. 2010年6月 [17]
  65. 2010年5月 [15]
  66. 2010年4月 [11]
  67. 2010年3月 [12]
  68. 2010年2月 [10]
  69. 2010年1月 [16]
  70. 2009年12月 [18]
  71. 2009年11月 [15]
  72. 2009年10月 [12]
  73. 2009年9月 [9]
  74. 2009年8月 [18]
  75. 2009年7月 [13]
  76. 2009年6月 [17]
  77. 2009年5月 [14]
  78. 2009年4月 [16]
  79. 2009年3月 [13]
  80. 2009年2月 [16]
  81. 2009年1月 [26]
  82. 2008年12月 [18]
  83. 2008年11月 [18]
  84. 2008年10月 [13]
  85. 2008年9月 [14]
  86. 2008年8月 [19]
  87. 2008年7月 [15]
  88. 2008年6月 [14]
  89. 2008年5月 [15]
  90. 2008年4月 [17]
  91. 2008年3月 [29]
  92. 2008年2月 [23]
  93. 2008年1月 [34]
  94. 2007年12月 [37]
  95. 2007年11月 [41]
  96. 2007年10月 [40]
  97. 2007年9月 [43]
  98. 2007年8月 [40]
  99. 2007年7月 [28]
  100. 2007年6月 [27]
  101. 2007年5月 [25]
  102. 2007年4月 [31]
  103. 2007年3月 [27]
  104. 2007年2月 [23]
  105. 2007年1月 [28]
  106. 2006年12月 [29]
  107. 2006年11月 [26]
  108. 2006年10月 [23]
  109. 2006年9月 [27]
  110. 2006年8月 [34]
  111. 2006年7月 [40]
  112. 2006年6月 [28]
  113. 2006年5月 [26]
  114. 2006年4月 [34]
  115. 2006年3月 [14]
  116. 2006年2月 [3]
  117. 2006年1月 [2]
  118. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin