週末に、確定申告に向けて税理士さんと打ち合わせをしてきました。

今年の申告はこんな内容ですよね、という、ざっくりした相談です。というか、雑談に近いです。

給与所得に加えて、不動産所得、医療費控除、寄付金控除、ふるさと納税、住宅ローン減税、生命保険控除、このあたりですよね、という全体感を確認するイメージです。

不動産所得については、3か月ごとに関連書類をすべてお送りして、その都度処理をして頂いているので、期中でだいたいのイメージがわかります。しかも、こうしておくと、年明けてから、1年をすべて振り返って、一生懸命思い出したり、調べたりする必要がありません。税理士さんへの報酬は発生しますが、確定申告期のストレスがなくなったので、そういう意味ではとてもいい感じです。

ちなみに、昨年は物件を2棟売却したので、その譲渡所得税も発生しており、普段の所得税のみならず、譲渡所得税の申告も行わなければなりません。けっこうな金額の納税をしなければなりません、、、あー、、、

それから雑談ついでに、いろいろ税金まわりのお話をしてきました。相続増税で相談増えてるんですか?とか、タワーマンション節税については早くも国税が目をつけ始めてるとか、富裕層の海外逃避に対する課税を強化しているとか、金融資産はホント相続に対して無防備ですよね(時価が明確かつ一意に決まりすぎ)、、、とか。

定期的に税理士さんとお話しているだけでも、とても勉強になります。

ということで、確定申告シーズンに突入ですね。