タグ「証券投資」の一覧

日本の個人金融資産や、上場企業の自己資本が増加しているというニュースがあります。

家計の金融資産、1654兆円 株高で過去最高額を更新 2014年12月19日01時47分

日本銀行が18日に発表した今年7~9月期の資金循環統計(速報)によると、9月末に家計が保有する預金や株式などの金融資産は1654兆円で前年9月末より2.7%増え、過去最高額を更新した。株高で個人が持つ株式の評価額が上がったためという。

 家計の金融資産の内訳は、半分以上を占める現預金が前年9月末より1.7%増の870兆円。株高で、株式・出資金が同5.6%増の156兆円、投資信託が同14.9%増の86兆円だった。

 日本国債の残高は、同3.6%増の1015兆円。このうち、大規模な金融緩和によって国債を大量に買っている日銀の保有残高は同37%増の233兆円となり、過去最高を更新した。保有比率では、国債全体の22.9%に膨らんだ。

http://www.asahi.com/articles/ASGDL4PV5GDLULFA014.html


上場企業の自己資本、円安で20兆円増 2年間で
2014/12/28 2:00

外国為替市場で急速に円安が進み、企業の財務体質が改善している。上場企業(3月期決算)の自己資本は円相場が最高値圏にあった2年前に比べ、円安によって約20兆円増加した。海外に保有する資産を円換算した金額が膨らむためで、自動車や電機などグローバル企業に恩恵が大きい。

 企業の自己資本は株主が出資した資金や稼いだ利益の蓄積を指し、海外資産の変動分も加味される。自己資本が増えると経営の安定性が増して資金を…

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD03H3R_X21C14A2MM8000/

ただ、これって、あくまで円建てで見たら、ということですよね。

個人金融資産の方で計算してみると、2013年9月に1611兆円だったということで、当時のドル円レート(98.21円)でドル建てに換算すると16.4兆ドルだったものが、2014年9月の1654兆円になったということは、同じくドル建てでは15.1兆ドルに減少したことになります(ドル円レート:109.64円)。

これはあくまでドル建てに換算したものですが、日本国の通貨が下落して、結果としてドル建てで見ると資産が8%ほど下がっていることになるかと思います。円安になれば、輸入に頼っているモノの価格は上がります(身近なところで言えば、衣料品、パソコン、携帯電話など)。いくら日本で生活していて、海外旅行なんてほとんど行かない、という方でも、日々の生活で購入するものは為替レートの影響を受けるわけで、いくら円建てで資産が増えた!と言っても、購買力は低下してしまっている可能性が高いかと思います。

ということで、グローバルでの購買力を維持するためにも、日本の個人金融資産はもっともっと外貨資産を持つべきだと思います。

今年から始まったNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)口座における売却もしくは特定口座(一般の課税口座)への移管のタイミングについて考えてみたいと思います。

毎月のアセットアロケーションを公表していることからもお察し頂けるかと思いますが、投資信託を中心に長期投資をしています。長期投資の観点から言うと、株式中心のポートフォリオであれば、平均的には年4~5%程度のリターンが実現できれば御の字というところかと思います。

そこで、NISA口座では基本的に5年以内に売却もしくは特定口座へ移管すれば無税となることから、NISA口座における利益が5年間の期待利益を実現できていれば、課税口座へ移してしまってもよいのではないかと思います。つまり、年4~5%程度ということであれば、5年間では累計20~25%程度のリターンを期待しているわけであって、NISA口座で投資を実行してから、この程度の含み益の水準に達するようになったら、NISA口座から出してしまっても大きな機会損失にはならないのではないかと思います。

例えば、NISA口座で投資して、3年目の時点で+35%の含み益になっていたとしても、5年後の時点で+15%程度までもどってしまったら、結果的には非課税メリットの享受を十分にできなかったことになります。そういう意味で、非課税メリットを最大限享受するためには、NISA口座から引き出すタイミングがとても重要になってくるわけですが、マーケットはなかなかわからない、という前提に立つならば、上記のように5年間の平均期待リターンが実現できる程度の水準になったら、それが引き出しのタイミングと考えてみてはどうか、ということです。

これはあくまで長期投資を前提に、平均4~5%程度のリターンをしっかりと取れればいいかな、というスタンスの方向けの話であり、個別株で5倍!10倍!といったスタンスの方には向かない話かと思います。

本当は、「5年以上保有していたら、いつ引き出しても非課税になる」といったような制度の方が長期投資につながると思うのですが、現行制度では非課税メリットをきちんと享受するためには、出口のタイミングをそれなりに考える必要があるかと思います。

ということで、ぼくは25%程度の含み益になったら出してみてもいいかなと現時点では思っています。今のところ、まだそこまでは行ってませんが。

10月末のアセットアロケーションです。

あっという間に、1ヶ月経ってしまいました。

今月は特に大きな変化はない感じです。

AA201410.jpg

アセットクラス別に見ても、それほど変化はありません。まあ、多少は動いていますが、誤差の範囲かと。

AA201410trend1.jpg

カントリー別では、少し新興国の割合が高くなりました。これは、新興国株式クラスにスポット投資を少しだけ行ったことが大きいのではないかと思います。それにしても、まだ日本の割合が高すぎます。できるだけ早く下げていきたいところです。

AA201410trend2.jpg

数字で確認しても、新興国の割合が、株式、債券ともに上昇していることがわかります。ただ、目標アセットアロケーションまでは、まだまだ遠い感じではあります。

AA201410table.jpg

ということで、10月末のアセットアロケーションでした。

4月末のアセットアロケーションです。

まずはアセットアロケーションの詳細版ですが、相変わらず、目標とは程遠い状況です。あせらず、ゆっくりと目標に近づけて行こうと思っています。

AA201404.jpg


次に、アセットクラス別に分類したものですが、時系列で見ると、少しずつ目標に向かって変化していることがわかります。

AA201404trend1.jpg

さらに、カントリー別のアロケーションです。先進国がけっこうな勢いで上昇しています。今月の変化は、非課税かつ手数料がかからないDC(確定拠出年金)口座でリバランスを行ったのと、NISA口座で先進国の投資信託を買い付けたことによるものかと思います。

AA201404trend2.jpg

最後に数字で確認しておきますと、先進国株式が上昇、日本株式が低下、といった傾向が明確にわかります。

AA201404table.jpg


引き続き、コツコツと続けていきます。

少し遅れてしまいましたが、3月末のアセットアロケーションです。今月は、今までのパイチャートからグラフの種類を変えてみました。

まずはアセットアロケーションの詳細版です。上段が3月末のアセットアロケーション、下段が目標としているアセットアロケーションです。日本株式がやっと50%を切ってきました(グラフ、テーブルはすべてクリックで拡大します)。

AA201403.jpg

次に、アセットクラス別に分類したものです。こちらは過去3ヶ月と、目標の合計4つのグラフにしてみました。ほとんど変化なしといったところでしょうか。

AA201403trend1.jpg

さらに、カントリー別のアロケーションです。日本が低下し、先進国が上昇しつつあります。それでも、目標からは程遠いですが。

AA201403trend2.jpg

最後に、数字で確認しておきます。日本株式が低下し、先進国株式、日本債券が増加していることがわかります。

AA201403table.jpg

ということで、引き続き、コツコツとやっていきます。

先月から始めたアセットアロケーションのアップデートですが、2月末分を更新しておきます。

まず先月のアセットアロケーションは以下の通りでした。

actualAA201401.jpg

actual2AA201401.jpg

actual3AA201401.jpg

これが、2月末では以下のようにわずかながら変化しました。

actual201402.jpg

actual2AA201402.jpg

actual3AA201402.jpg

このように見ても、わかるようで、わからないので、具体的に数字の表を作ってみました。

AAchange201402.jpg

こうしてみると、少しわかりやすいのではないかと思います。

2月に低迷していた日本株式の割合が1.8%下がり、先進国株式が1.2%上昇、その他、新興国債券、REITがわずかながら上昇といった状況です。

のんびりコツコツと積み立てつつ、適度にリバランスをやっていきたいと思います。

これまで不動産投資中心に書いてきましたが、証券投資の方も、少し書いていきたいと思います。

証券投資の方では、個人的には、コモディティには投資していません。コモディティというのは、金だったり、オイルだったりといったもので、株式や債券とは異なるアセットクラスのものです。

ぼくがなぜコモディティに投資しないかというと、コモディティというのは、そのアセットクラスの性質として、何ら価値を生み出さないプロダクトだからです。

例えば、株式というのは、企業の一部を所有することになるわけですが、企業は毎年売り上げをあげ、利益を残し、株主に配当を支払うと同時に、内部留保として積み上げた資金で新規投資を行うことで、価値を生み続けていきます(失敗すれば、赤字で倒産ということにもなるわけですが)。

また、債券は、企業から見れば負債であり、クーポンを払わなければならないわけですが、投資家からすると、クーポン収入を受け取り続け、満期で元本が償還されるプロダクトです(もちろんデフォルトになってしまう可能性もありますが)。

一方、コモディティの場合、例えば金(ゴールド)の延べ棒でも、金貨でもいいのですが、購入して家に置いておいたとしても、勝手に自己増殖するわけでもありませんし、金(ゴールド)を持っていたからと言って、誰かがお金をくれるわけでもありません。その購入した金(ゴールド)を、再び市場で売却することによって、何らかのリターンにつながるわけですが、この市場価格というのは、基本的には需給で決まるものであり、金自体の価値が成長するといったことはなく、価値はある意味不変なわけです。つまり、あくまで市場が価格を日々決定、変化させて続けていることになります。

そうすると、長期的に保有し続けたからと言って、長期的に価値が上昇するという根拠は薄く、需給で決まる、価格変動リスクにさらされているだけとなります。

もちろん短期的な価格変動にベットすることによって、収益を上げるということも可能な場合はありますが、これはどちらかといえば、投資というよりも、投機に近いものだと思います。

そういった理由で、ぼくはコモディティには投資していません。

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • AA201605trend.png
  • AAchange201604.png
  • AA201603trend.png
  • AA201602trend.png
  • mgmtfeechange.png
  • AA201601trend.png
  • trend201512.png
  • AA201511trend.png

月別アーカイブ

  1. 2016年6月 [2]
  2. 2016年5月 [1]
  3. 2016年4月 [3]
  4. 2016年3月 [1]
  5. 2016年2月 [2]
  6. 2016年1月 [1]
  7. 2015年12月 [1]
  8. 2015年11月 [1]
  9. 2015年10月 [1]
  10. 2015年9月 [4]
  11. 2015年8月 [1]
  12. 2015年7月 [4]
  13. 2015年6月 [2]
  14. 2015年5月 [3]
  15. 2015年4月 [3]
  16. 2015年3月 [3]
  17. 2015年2月 [3]
  18. 2015年1月 [6]
  19. 2014年12月 [3]
  20. 2014年11月 [3]
  21. 2014年10月 [1]
  22. 2014年9月 [4]
  23. 2014年8月 [8]
  24. 2014年7月 [3]
  25. 2014年6月 [2]
  26. 2014年5月 [2]
  27. 2014年4月 [4]
  28. 2014年3月 [6]
  29. 2014年2月 [4]
  30. 2014年1月 [4]
  31. 2013年12月 [1]
  32. 2013年11月 [1]
  33. 2013年10月 [4]
  34. 2013年9月 [1]
  35. 2013年8月 [1]
  36. 2013年7月 [2]
  37. 2013年6月 [4]
  38. 2013年5月 [3]
  39. 2013年4月 [2]
  40. 2013年3月 [5]
  41. 2013年2月 [6]
  42. 2013年1月 [1]
  43. 2012年12月 [1]
  44. 2012年11月 [3]
  45. 2012年10月 [4]
  46. 2012年9月 [6]
  47. 2012年8月 [3]
  48. 2012年7月 [8]
  49. 2012年5月 [7]
  50. 2012年4月 [4]
  51. 2012年3月 [2]
  52. 2012年2月 [2]
  53. 2012年1月 [11]
  54. 2011年12月 [7]
  55. 2011年11月 [6]
  56. 2011年10月 [7]
  57. 2011年9月 [5]
  58. 2011年8月 [5]
  59. 2011年7月 [9]
  60. 2011年6月 [5]
  61. 2011年5月 [5]
  62. 2011年4月 [5]
  63. 2011年3月 [7]
  64. 2011年2月 [7]
  65. 2011年1月 [11]
  66. 2010年12月 [3]
  67. 2010年11月 [8]
  68. 2010年10月 [8]
  69. 2010年9月 [12]
  70. 2010年8月 [8]
  71. 2010年7月 [11]
  72. 2010年6月 [17]
  73. 2010年5月 [15]
  74. 2010年4月 [11]
  75. 2010年3月 [12]
  76. 2010年2月 [10]
  77. 2010年1月 [16]
  78. 2009年12月 [18]
  79. 2009年11月 [15]
  80. 2009年10月 [12]
  81. 2009年9月 [9]
  82. 2009年8月 [18]
  83. 2009年7月 [13]
  84. 2009年6月 [17]
  85. 2009年5月 [14]
  86. 2009年4月 [16]
  87. 2009年3月 [13]
  88. 2009年2月 [16]
  89. 2009年1月 [26]
  90. 2008年12月 [18]
  91. 2008年11月 [18]
  92. 2008年10月 [13]
  93. 2008年9月 [14]
  94. 2008年8月 [19]
  95. 2008年7月 [15]
  96. 2008年6月 [14]
  97. 2008年5月 [15]
  98. 2008年4月 [17]
  99. 2008年3月 [29]
  100. 2008年2月 [23]
  101. 2008年1月 [34]
  102. 2007年12月 [37]
  103. 2007年11月 [41]
  104. 2007年10月 [40]
  105. 2007年9月 [43]
  106. 2007年8月 [40]
  107. 2007年7月 [28]
  108. 2007年6月 [27]
  109. 2007年5月 [25]
  110. 2007年4月 [31]
  111. 2007年3月 [27]
  112. 2007年2月 [23]
  113. 2007年1月 [28]
  114. 2006年12月 [29]
  115. 2006年11月 [26]
  116. 2006年10月 [23]
  117. 2006年9月 [27]
  118. 2006年8月 [34]
  119. 2006年7月 [40]
  120. 2006年6月 [28]
  121. 2006年5月 [26]
  122. 2006年4月 [34]
  123. 2006年3月 [14]
  124. 2006年2月 [3]
  125. 2006年1月 [2]
  126. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin