Google Readerなき後、RSSリーダーはFeedlyに乗り換えていたのですが、iPhoneやiPadで用意されているFeedlyのアプリがどうも使いづらく、これまでずっとReederというアプリを使っていました。

ところが、先日、たまたま久しぶりにFeedlyのアプリを使ってみようと思い、使ってみたところ、かなり使い勝手が改善されていて、これまで使っていたReederよりも使いやすいことに気づいたのです。

特に気になっていたのが、一つのソースで、100件とかの新着記事があった場合、Reederだと、スクロールしながらすべてをチェックしてからでないと既読にできなかった(と、少なくともぼくは思っていました)のですが、Feedlyの方だと、リスト表示で、1ページずつ、つまり8つとか、そのくらいの記事ずつを確実に既読にしていくことができるので、より少ないスキマ時間であっても、更新をチェックしようという気になるんです。

しかも、これまでKindleのFeedlyアプリはなぜかまったく機能していなかったのですが、今ではきちんと動作するようになり、今まで使う頻度が低かったKindleを見事に生き返らせてくれました。週末に外出する時なんかに、Kindleを携帯するようになりました(やはりiPhoneの画面よりは少し大きい方がサクサク読めます)。

ということで、RSSリーダーを普段から使われていない方にとっては、今日の記事は、まったく意味不明かもしれませんが、とにかくFeedlyのアプリがかなり使いやすくなったので、とてもうれしい、ということです。