タグ「iPhone」の一覧

iPhone5の売却に続き、iPad 第3世代(Wi-Fi 64GB)も売却してきました(実際に売却したのは2014年12月13日です)。

以下の通り、秋葉原で4店舗ほどで買い取り価格を確認し、最終的にはじゃんぱらで売却してきました。

  • じゃんぱら 18000円
  • イオシス 17000円+1000円(1000円はキャンペーンで上乗せ)
  • エコモバイル 11000円
  • モバイルヘッド 15000円

ちなみに、売却に先立って、アップルストアの整備済み品でiPad Air 32GBを購入しました。最新のiPad Air2 とも迷いましたが、基本的には家で使うだけなので、指紋認証とかも必要ないかなと思い、一世代前のiPad Airにしておきました。こちらは快適に使っています。

これで充電ケーブルを、iPhone, iPadともにLighteningケーブルで揃えられたので、とてもスッキリしました。

SIMフリーiPhone 6 Plus + BIC SIMにしました!で書いた通り、iPhone 6 Plusに機種変更し、今まで使っていたiPhone5は必要なくなったため、秋葉原で売却してきました(実際に売却したのは2014年11月16日です)。

と同時に、昨年夏に購入したKindle Fire HDも売却してきました(iPhone 6 Plusがそれなりに画面が大きいので、Kindle Fire HDは必要性が低下したため)。

秋葉原で3店舗ほどで買い取り価格を聞き、最も高いところで売却したのですが、3店舗の買い取り価格は以下の通りでした。

エコモバイル


  • iPhone5 16GB 18000円

  • iPhone5 32GB 19000円

  • Kindle 1000円

イオシス


  • iPhone5 16GB 16200円(本来18000円だが、充電ケーブルが傷んでいたため、1割減)

  • iPhone5 32GB 17100円(本来19000円だが、充電ケーブルが傷んでいたため、1割減)

  • Kindle 4900円

トゥインクルモバイル


  • iPhone5 16GB 15000円

  • iPhone5 32GB 13000円

  • Kindle 対象外

ということで、iPhone5は2万円弱、Kindle Fire HDは4900円でした。まずまずの価格なのではないかと思います。

必要なくなったら早めに売却してしまうことが、割安に使い続けるポイントかと思います。

もう2週間近く前の話ではあるのですが、SIMフリーiPhone 6 Plus(64GB) + BIC SIMにしました!

今までソフトバンクを使っていたのですが、2年ごとに乗り換えないと損をするような気になる価格体系がなんか嫌になってしまい、SIMフリー端末にしました。

いわゆる格安SIMだと月額2000円程度で使えるものが、3大キャリア(docomo, au, softbank)だと毎月、5000円とか、6000円とかするのが、どうも納得できないし、2年ごとに期間限定で乗り換えないと、とても割高になってしまう、というのもなんとなく腹に落ちません。

その点、格安SIMなら、そもそも通信料金が安いし、最近だと容量無制限の格安SIMなんかも出てきて、かなり魅力的。一方、SIMフリー端末は、海外に行ったときに現地のSIMをさせば使えるし、2年おきに買い替えなくても、自分の好きなペースで買い替えればいいし、と(これだけ画面サイズが大きい端末なら、よほどの追加機能が出ない限り、けっこう長い期間使い続けられる気がします)。

ということで今回の結論に至りました。

BIC SIMを選んだのは、格安SIM最大手のみおふぉん(IIJ)にWi-Fiが付いて同価格ということと、ビックカメラの店頭で即日切替え可能、ということで、これを選びました。

2週間程度使っていますが、今のところ、何も困ることなく使えています。

格安SIMを使っている人は現時点ではまだまだ少数派だと思いますが、これは間違いなく3大キャリアにとって脅威になるのではないかという気がします(実際、裏側で回線を提供しているのはほぼドコモではあるのですが)。

ということで、iPhone 6 Plusかなりイイです!

ということで、どうしようかなぁ、とずうっと悩んでいましたが、最終的に、feedlyにすることにしました。

少なくとも、Web版はGoogle Readerと使い勝手がほとんど同じ(ただし、既読記事の検索機能はありませんが)で、iPhone/iPad版もけっこう使いやすそうな気がします。

ただし、今のところ、いまいちGoogle Reader, Feedly Web, Feedly iPhone 等の同期がきれいにいかない気がしていて、少しフラストレーションになっています。7月1日を迎えて、完全にFeelyのみに移行するとこのあたりも解消されるのでしょうか。

いずれにしても、しばらくはFeedlyを集中的に使ってみようと思います。とりあえず方向性が決まって、よかったです。

先日、iPhone5を購入しました!今回のiPhone5では、LTEのカバレッジおよび速度をめぐって、ソフトバンク対auの比較が話題となりましたが、結果的にはそのままソフトバンク継続という形で買いました。

LTEの速さはハンパないです。今までの3Gは一体なんなの?というくらい速いです。

ちなみに、タイトルにも書きましたが、「家計節約」というのが、主な目的です。

iPhone5を買って、家計節約になるわけないだろう!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、うちの場合はネットを合わせた月額費用は下がることになります。

というのも、うちの場合、一戸建ての光フレッツを利用しているのですが、これがプロバイダーとひかり電話を合わせて、月額7000円弱です。これを今回おもいきって、ソフトバンクのADSLサービス、ホワイトBBに変更することにしました。

http://mb.softbank.jp/mb/price_plan/3G/white_bb/

そうすると、ADSLが月額1980円で利用できるのですが、固定電話についてはアナログ回線に戻るので、基本料金月額1700円程度は発生します。ということで、月額7000円くらいだったものが、3700円程度に下がります。

これに加えて、スマホBB割というのがあり、iPhone5だと、1台あたり月額1480円割引になります。奥さんも一緒にiPhone5に機種変更したので、合わせて月額3960円ほど割引になる計算になります。

http://mb.softbank.jp/mb/campaign/sp_bb_set/

ということで、光ファイバーで支払っていた月額7000円がまるまる浮くことになります。

まあ、今の家でADSLを使ったことがないので、どのくらいの速度が出るのか不安なところもありますが、基地局からの距離を調べたところ、1km以下だったので、おそらく問題ないかなぁ、と思っています。それから、iPhone5だとテザリングが使えるので、LTEの速度でテザリングができれば、補完的な役割は果たせるのではないか、という期待もあり、思い切ってiPhone5に乗り換えました。

もちろん、月月割の残額をあきらめなければならなかったり、いくつかネガティブな点もありますが、LTEの快適さ+月額費用の低下を考えると、ベターな選択肢かと思います。

ということで、ますますソフトバンク漬けになってきました。

今まで使っていたiPadを親に渡したのはいいのですが、今後、そのiPadにどうやって娘の写真や動画を追加していこうか、というのを少し悩みました。

ということで、結論としてはSDカードに入れて、iPad Camera Connection Kitを使って追加すればいいかな、ということに落ち着きました(もちろんノートパソコンを毎回持っていって、接続してもいいのですが、それはちょっと面倒です)。

ところが、このiPad Camera Connection Kitですが、使い方がいまいちよくわかりません。添付の説明書や、アップルの公式な説明を見ても、ほとんど解決しません。


ということで、ネットで調べてみたので、以下、簡単にまとめておきます(基本的にSDカードからの読み込み方法です)。


SDカードから写真を取り込む方法

Apple iPad camera connection kit の挙動の続編

↑こちらのブログで説明されていますが、SDカードに、DCIMフォルダを作り、その中に、「8文字の英数字.jpg」といった形のファイル名にしておくと、きちんとiPadが認識してくれるようです。8文字より短い5文字とかだと、まったく認識しなくなります。また。8文字の中に記号がどれほど使えるのかわかりませんが、少なくとも、「ABC_1234.jpg」のような形では認識されました。


SDカードから動画を取り込む方法

TIPS ) Apple iPad Camera Connection Kit で MP4の動画ファイルをiPad2へ取り込みました。

動画については↑こちらのブログですが、さきほどの「DCIM」の下に、「800AAAAA」というフォルダを作成し、その中に「8文字の英数字.MOV」というファイル名で保存することによって、動画として認識してくれるようです。ここで、ポイントはこのブログで書かれていますが、もとのファイルがMP4ファイルであっても、問答無用で拡張子を「.MOV」にしてしまうことで、きちんと認識し、かつ普通に再生することができることです。こんなことまでマニュアルには書いてありません。


iPhoneから直接iPadに接続して取り込んでしまう方法

Camera Connection KitでiPadにiPhoneを繋いで写真を取り込んでみた

こちらのブログで説明されていますが、iPhoneをCamera Connection Kitを使って直接iPadに接続してしまっても、写真、動画をiPadに取り込めるようです。

このiPad Camera Connection Kitを購入した直後に、写真や動画を読み込ませようとしたところ、まったく認識してくれなかった(上に書いたファイル名のネーミングや、拡張子のルールが満たされていませんでした)時は、かなり青ざめましたが、とりあえず当初の目的はすべて果たせることがわかったので、安心しました。

同じような思いをしている方がいらしたら、少しでも参考になればと思います。


yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

iPhoneバカ 1800アプリためした男のすごい活用術 iPhone4S完全対応!
iPhoneバカ 1800アプリためした男のすごい活用術 iPhone4S完全対応!美崎 栄一郎

アスコム 2011-11-28
売り上げランキング : 956


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

iPhoneはホントに奥が深いなぁ、と改めて思いました。

ぼく自身も一般人の中では比較的iPhoneのヘビーユーザーに近い方だとは思うのですが、この本の著者はスゴイです。「1800のアプリをためした男」とありますが、試したアプリの数もさることながら、よくあるそこらへんの本ではあまり触れられていないような細かい、しかしながら使いこなせると非常に便利な、テクニックというか、ノウハウが書かれています。

もっともっと使いこなさなくてはもったいない、と痛感した次第です。


iPadの方も書かれているようなので、こちらも読んでみたいと思います。


iPadバカ タブレットにとり憑かれた男の究極の活用術
iPadバカ タブレットにとり憑かれた男の究極の活用術美崎 栄一郎

アスコム 2011-01-19
売り上げランキング : 330


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

新時代のワークスタイル クラウド「超」活用術
新時代のワークスタイル クラウド「超」活用術北 真也

シーアンドアール研究所 2011-11-16
売り上げランキング : 619


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●CHAPTER1 クラウドで実践するビジネスパーソンの情報武装

●CHAPTER2 情報を「いつでも、どこでも」クラウドに収集するテクニック

●CHAPTER3 クラウドの「セルフマネジメントシステム」を使いこなす

●CHAPTER4 クラウドの「情報マネジメントシステム」を使いこなす

●CHAPTER5 クラウド&iPhoneでアウトプットを活性化する

●CHAPTER6 クラウド&iPhoneによるライフログとその活用

一昨日の クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル 同様、こちらもクラウドを活用した仕事術といった感じの本です。

ただ、クラウドHACKS!では幅広くツールが紹介されてのに対して、どちらかといえばこちらはiPhoneとそのアプリを中心にして書かれています。そして、Toodledoや、EVERNOTEについてもけっこう細かく、そしてここまで使うんだ?!といったところまで書かれている印象です。

最初の方に以下のような記載があるのですが、こういったこと考え方は非常に重要だと思います。スマホを買ったものの、あまり活用できていない方は、使い方を学ぶことにもある程度の時間を使って、使える仕組みを構築するべきですし、そうして初めてアウトプットにつながっていくのだと思います。

本書の目的は、ビジネスパーソンがクラウドツールやiPhoneを活用して、「成果を出し続けるための能力と仕組み」を作り上げることにあります。(P.17)


「成果を出す」ことと、「成果を出し続ける能力と仕組み」を構築することは、どちらが重要というものではなく、どちらが欠けてもうまくいかない車の両輪のような関係にあるのです。(P.19)


もう4年以上前に書いたエントリーで引用したものですが、この話、ぼくはけっこう好きです。こういったジレンマに陥らないよう、日々カイゼンしていきたいものです。


あるところに新しい斧を手に入れた木こりがいた。1日目、彼はその新しい斧で10本の木を切り倒すことができた。日を追うごとに、彼は長時間、より懸命に仕事に精を出すようになっていった。だが、切り倒す木の数は、それに反比例して日増しに少なくなっていった。
それを見た仲間がこうアドバイスした。

「なぜ斧の刃を研がないのだ。刃がボロボロになっているのに研がないままでいるんだから、木がなかなか切り倒せないのは当たり前じゃないか」

すると、働き者の木こりはこう答えた。

「俺は、そんなことをしている暇がないほど忙しい。もっと数多くの木を切り倒さなければならないのだから」


やはりクラウドツールはガンガン活用していかないと、もったいなくてもったいなくて。

ということで、iPhoneを中心に活用していきたい方は目を通して損はないと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

iPhone 4Sを予約してから待つこと約3週間、ついに手に入れることができました!

2011_11_20_0332_R.JPG

32GBのホワイトです。今まで使っていたiPhone 3GSはブラックだったので、今回はホワイトにしてみました。

前回iPhone 3GSを購入してから、約2年2ヶ月ぶりです。

そして、ケースは迷ったあげく、銀座のアップルストアまで行ってバンパーのホワイトを買ってきました。2800円とそれなりのお値段ですが、iPhone 4Sがきっちりとおさまっていい感じです。

さて、使い勝手ですが、iPhone 3GSと比べるとやはり「速い、きれい、快適」です。ちょっと別物という感じがします。

ちなみに、池袋のヤマダ電機で購入したのですが、一括払いで現金で購入すると本体価格は5%引きになりました。しかも、支払いにはヤマダのポイントも使うことができました(あまりたまっていませんでしたが)。


一方、今まで使っていたiPhone 3GSは秋葉原で下取りに出してきました。事前にネットでチェックして、以下の3店舗に持ち込もうと思っていたのですが、結果的には奥さんの分とあわせてiPhone 3GS 16GB 2台を16,000円で買い取ってくれるということで、3番目の∴MOBILE×HEADで買い取って頂きました。

じゃんぱら

ドスパラ

スマートフォン 携帯電話 高価買取 IN 秋葉原 ∴MOBILE×HEAD

査定にかかった時間は5分程度、すべて現金での支払いということで、ここに決めました。じゃんぱらとかだと動作確認に60分かかるということですし、買い取り上限額が12,000円ということで、これはほぼ新品に近いものでしょうからそこまではいかないだろう、ということで1店目で決めてしまいました。

ちなみに、2台ともiOS5にアップデートしていたのですが、出荷時とは異なるということで、買い取りの上ではマイナスになるようです。

今後買い取り価格は下がる一方でしょうから、乗り換えを考えている方は早めの方が買い取り価格も高めになるかと思います。


ということで、ちょっと買い取りの話が中心になってしまいましたが、今後iPhone 4Sを満喫したいと思います。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

Apple TVを買いました。

大前研一さんのYoutube動画を見るにあたって、それなりに大きな画面で、ソファで見たいなぁ、と思い、急遽Apple TVを買ってみました。

今までも興味はあったのですが、特にきっかけもなく、いまいち実際の使い方もあまりわからず、買わずじまいだったのですが、大きめの画面でYoutubeを見るなら、と思い、買ってみたのですが、コレ、なかなかいいです。Podcastやインターネットラジオとかもできますし、自分のiPhoneやiPadに入っている写真や動画なんかをテレビに映すこともできるので、なかなか便利です。

一度購入してしまえば、特にそれ以降費用がかかるものでもないので、これはなかなかいい感じです。映画のレンタルとかもできると思うのですが(むしろそちらが本来の使用方法?)、気が向いたら使ってみようと思います。

最近、わが家にアップル製品がどんどん増えている気がします。


ちなみに、iPhone4Sも予約してきました。楽しみです。



yokoken104kaをフォローしましょう




blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

前回 iPhoneのホーム画面 2010年03月02日 から、3ヶ月ほど経ちましたが、この間、ぼくのiPhoneのホーム画面はけっこう変わりました。ということでご紹介してみます。


iPhoneHome4 20100613.PNG

1ページおよび下の方にあるDock部分にあるアプリは最も使う頻度が高いもので占められているわけですが、3月と比べて大きく変わりました。まず、Dockにあるアプリは総入れ替えです。以前は標準のアプリそのままでしたが、今回は、現在の情報入手ツール三種の神器(?、四種か?)とも言える、RSSリーダー、Gmail、Twitter、そしてインターネットブラウザ(サファリそのままだとおもしろくなかったので、iGoogleへのリンクを置いています。そのため、アイコンが"i"となっています)が陣取っています。RSSリーダーは、LivedoorReaderでアプリはLDR touchを使っています。AeroReaderよりもこちらの方が使い勝手はいいと個人的には思います。

あとは、連絡先を「GRcontact」にしたこと、目覚まし時計として「Sleep Cycle」を使い始めたこと、「駅.Locky」を使い始めたこと、が変更点でしょうか。


iPhoneHome5 20100613.PNG

2ページ目はあまり大きくは変わっていませんが、「JotNot」で取り込んだ名刺を「i名刺管理」で見られるようにしてみました。すべての情報を入力して住所録を充実させると面倒くさいので、基本的には名刺の画像を取り込んで、名前と会社名、そしてタグをつけるだけにしています。これだけでも十分便利だと思います。

まだダウンロードしたばかりですが、毎日体重を記録していく「体重ノート」はよさそうです。体脂肪率も記録できるようになるとなおよいのですが。


iPhoneHome1 20100613.PNG

3ページ目は実用ツール系ですが、やはり個別にも紹介したHPの10BIIが大きな変更です。

HP 10bII 金融電卓(ただし、iPhoneアプリ)を購入しました!


iPhoneHome2 20100613.PNG

4ページ目は、R25のアプリと、「便利セット」あたりが意外といいかも、と思っています。R25はいちいちR25を探しに行かなくても、iPhone上で読めるので便利です。また、「便利セット」はQRコードリーダーや、現在地の地図をメールで送る機能、そして辞書登録などがひとつになったアプリです。こちらもよさげです。


iPhoneHome3 20100613.PNG

あとはゲーム系が2ページほど続きます。


iPhoneHome6 20100613.PNG

太鼓の達人、気に入ってます。それから、ジャグリングをされる方は、「iJuggle」が楽しいかもしれません。そして、どこにいても癒される?「Wa Kingyo」も試してみる価値はあります。


iPhoneHome7 20100613.PNG

ツイッターのアプリが4つほど入っていますが、DockにあるTwitBirdも含めていろいろ使い勝手を試してみました。今のところ、TwitBirdで落ち着いています。

とりあえず、こんな感じでiPhoneを使っています。





blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

HP 10bII 金融電卓(ただし、iPhoneアプリ)を購入しました!700円です。ぼくが購入した有料アプリの中では、歴代3位だと思います(これより高いのは、大辞林1500円、英辞郎1000円のみ)。


HP 10bII 金融電卓
HP 10bII 金融電卓
ヒューレット・パッカード
売り上げランキング : 12273

おすすめ平均 star
star質感向上

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で、実際の電卓も現在アマゾンでは3000円くらいのようですが、iPhoneアプリだと700円ということでさらに割安感があります。

思えば、この電卓は4年ほど前に購入を検討していました

で、不動産投資では欠かせない?、CPMホルダーなら誰もが持っている?、この電卓ですが、何ができるかというと、住宅ローンなどでも同じですが、要するにローンの計算ができます。

ということで、簡単ですが、使い方をご紹介してみます。

まずはアプリを立ち上げたところです。

IMG_0906.PNG

簡単な例として、住宅ローンをイメージしながら、3000万円を35年(420ヶ月)で、金利1%で借りた場合を考えてみます。

まずは420ヶ月ということで、Nのところに420を設定します(左上のNのボタンの上に420と表示されています(青い文字))。

IMG_0907.PNG


次に、金利1%を設定します(こちらも、同様、左上あたりのI/YRボタンの上に、1.00と表示されています)

IMG_0908.PNG


そして、借入額の3000万円を同様に設定(PVのボタンの上です)。

IMG_0909.PNG


最後に、FVがゼロに設定されているのを確認してから、PMTボタンを押すと、毎月の返済総額(金利分+元本分)が、84,686円と計算できました。

IMG_0910.PNG


例えば、この条件をベースに、毎月の返済額が120,000円になるような金利が何パーセントになるかを求めてみたり(この場合は、3.269%となりました)、

IMG_0914.PNG


仮に金利が5%になった場合の、毎月の返済額を計算してみることもできます(この場合は、151,406円)。

IMG_0915.PNG


このようにいろいろなパターンで事前にシミュレーションしておくと、市場環境が変化した場合に、どのような状況になるのかが事前に把握できるので、不必要に不安がることはなくなると思います。


そして、このアプリ、まだまだ使えます。

最初のローンの条件を入力してから、TVM(Time Value of Money)のモードへ。

IMG_0911.PNG


とりあえず、Start = 1, End = 12 を設定して、Amortボタンを押すと、以下のように表示されます。

IMG_0912.PNG

P -719,520.38
I -296,708.14
B 29,280,479.62

とあるので、最初の12ヶ月で元本分として719,520円返済し、金利分として296,708円返済し、そして、その12回の支払が終わった段階(残存期間34年)で、ローンの残高が29,280,479円残っていることが確認できます。


さらに、ローンの返済予定表も見ることができます。

IMG_0913.PNG

例えば、# 120 のところを見ると、120回目の支払において、金利分として18,780円、元本分として65,906円の支払を行っていることを示していて(合計金額はもちろん最初に計算した通り84,686円です)、その時点におけるローンの残高が22,470,619円になっていることがわかります。つまり、10年後の住宅ローン控除の適用額が簡単に計算できるわけです(もちろん、金利が変化せず、繰り上げ返済もしなかったという前提ですが)。


ここではローン計算について紹介しましたが、もちろん標準的な関数電卓の機能などは標準装備されています。


iPhoneユーザーかつ、不動産投資家もしくはマイホーム購入予定の方(すでに購入済の方も)なら活用できることでしょう。


ちなみに、この電卓(アプリ版ではない方)のマニュアルはHPのページからダウンロードできます。英語版ですが、このアプリの使い方を勉強するには印刷して手もとにおいておくと便利です。


ということでこのアプリ、かなり便利だと思います。オススメです。





blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

「稼げる 超ソーシャルフィルタリング」を読んでみました。情報収集、情報処理する場合、今だったら、どのような方法が最も効率的か、といったことが書かれています。ここで「今」と書いたのは、昔と比べて現代とかいった時間スケールではなく、まさに「今」だったらなのです。3年前だったら、そもそもiPhoneがありませんでしたし。

メール、RSS、Twitterといった情報収集・処理手段を、具体的にiPhoneやiPad、モバイルノートといったツールを使っていかにして処理していくか、といったことが書かれています。ぼくはメール、RSS、Twitterのいずれも、iPhoneで使っています(まだ使い始めて8ヶ月くらいです)が、この本を読んで、まだまだ使いつくせてないないなぁ、と思いました。

ちなみに、ちょっと影響を受けて、RSSリーダーをGoogle readerからLivedoor readerにまた戻してみてもいいかなぁ、と思い始めました。もともとLivedoor readerを使っていたのですが、iPhoneを使い始めてからBylineとの相性を考えてGoogle readerに切り替えたのですが、やはりLivedoor readerの方が使い勝手がよい気がするのです。ということで、現在考えているのでは、いつでも検索ができるようにGoogle readerでもRSSの登録はしておくものの、普段の購読はLivedoor readerでやろうかなぁ、なんて思い始めました。ちなみに、Livedoor readerに対応したiPhoneのアプリ、AeroReaderは無料です(このAeroReaderの使い勝手が以前ダウンロードした時と比べてかなり向上しているようです)。

それから、本で紹介されていたTweetFeed(ブログの更新を自動的にツイートするサービス)も早速使い始めました。これは便利ですね。今までマニュアルでやっていたので、これは助かります。


稼げる 超ソーシャルフィルタリング
稼げる 超ソーシャルフィルタリング
青志社 2010-04-21
売り上げランキング : 66

おすすめ平均 star
starもしあなたが以下に当てはまれば読んでもいいかも
starまたせこいことしやがって
star間違いのない一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

最近、iPhoneネタが増えてきましたが、iPhoneの活用方法についていろいろ調べて、ますます便利になりつつあります。iPhoneなしの生活は考えられなくなってきています。

さて、今回はGmailをiPhoneで使う方法です。GmailをiPhoneで使うと言っても、その使い方は様々です。iPhoneに標準で搭載されているアプリでGmailのアカウントを設定したり、Safariでモバイル用のGmailページを見たり、はたまたPC用のGmailページを見たり、といった方法があるかと思います。

そして、現在ぼくが使っているのは、基本的にはSafariでモバイル用のGmailページにアクセスする方法なのですが、English(US)版を使っていることです。

この方法は以下の本で紹介されていましたので、詳細は本をご覧頂ければと思いますが、設定方法はとても簡単です。

iPhone仕事術! ビジネスで役立つ74の方法
4023304905


iPoneのSafariでPC版のGmailにログインし、設定で言語をEnglish(US)に変更します。その状態で、モバイル版に変更し、そのページを「ホーム画面に追加」としてリンクを作成し、そのリンクからアクセスするようにする、というものです。

一度設定してしまえば、普段PCでアクセスする際のGmailは再び日本語にもどしてしまって問題ありません。

iPhoneからモバイルのEnglish(US)版でアクセスすることの何がよいかというと、Gmailの検索能力が高いこと、そして通常のPC版と同じように、ラベル操作だったり、削除、アーカイブといった操作がとてもやりやすくなっている、といったことでしょうか。

いまいちうまく説明できていないかもしれませんが、まだ試したことがない方は、試してみる価値が十分あると思います。一度お試しあれ。

あまりにiPhoneに依存しすぎてしまうと、iPhoneをハード的にも、データ的にも、なくしてしまったときの影響が大きいことがリスクですね。





blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

最近、ますますiPhoneにはまっています。最近、名刺管理をiPhoneで試してみたのですが、かなり便利そうなのでご紹介します。

iPhoneで名刺管理と言っても、いろいろな方法があると思いますが、とりあえずぼくが試してみた方法は以下の通りです。

名刺を画像として取り込む際のアプリはJotNotを使いました。JotNotについては例えば以下のブログをご覧ください。

JotNot Scanner : あなたのiPhoneをポータブルスキャナーに早代わりさせる便利なiPhoneアプリ。1423

もしくは以下のYouTubeをご覧ください。


iPhoneに内蔵のカメラを使って撮影し、名刺の形にうまく切り抜いて保存することができます。これを使うと、名刺がきっちり画像として保存できます(名刺に限らず、何でもスキャンして保存できます)。

iPhoneで写真をフォルダわけする方法がいまいちわからないのですが、きちんとフォルダわけできるのであれば、画像として保存した名刺を適度にフォルダわけするだけでも、けっこう管理ができるのではないかと思います。

ただ、ぼくはフォルダ分けの方法がいまいちわからないので、それを管理するために、別のアプリを購入しました。ぼくが買ったのは、"i名刺管理"というものですが、名刺管理ソフトは他にもいろいろあります。OCR機能が付いているものもありますが、このi名刺管理にはついていません。このアプリは単純に画像として取り込んだ名刺に対して、名前、住所、電話番号、メールアドレス、タグ、メモなどを追記して登録、後から検索しやすくして管理するというものです(すべての名刺に対して、すべての情報を入力する必要はなく、名前とタグくらいを入力しておき、後からでも探しやすくなる最低限の情報を入れておけばいいと思います)。

(実は、JotNotで取り込んだ画像をこのアプリで読み込むと、なぜか画質が少し落ちてしまい、ちょっと残念な結果になってしまうのですが、この点についてはレビューで改善要望を書いておいたので、アプリ開発者が改善してくれることを待つのみです。)

ただ、名刺を画像として保存し、iPhoneの中に入れて持ち歩けるというのはかなり便利です。

ぼくは仕事用に使っているわけではないのですが、家を建てる上でお世話になっている不動産屋さん、工務店の方、各メーカーの方など、出先でちょっと連絡先が必要になったりする場合に、画像として携帯電話に入れておくと便利です。

iPhoneの新たな活用法を発見して、最近、ますますiPhoneにハマリ気味です、、、

iPhoneをお持ちの方は試してみてはいかがでしょうか。





blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

以前、ぼくがインストールしてみたiPhoneのアプリをご紹介しましたが、

iPhoneのアプリ その1

iPhoneのアプリ その2

ホーム画面をそのまま載せた方がわかりやすそうなので、ご紹介してみることにしました。最近は雑誌なんかでも、いろいろな人のiPhoneのホーム画面を紹介したりしていますが、人によってインストールしているアプリが全く違うのはなかなかおもしろいと思います。


比較的よく使う5ページ目までを紹介してみます。


iPhoneHome1 20100302.jpg

1ページ目は、基本的に使う頻度の高いものです。天気は「ウェザーニュース」も入れてはいるのですが、現在は「そら案内」を主に使っています。

最近、けっこうなお値段の有料版が出た「乗換案内」ですが、これは無料版を使っています。調べた結果を一時的に保存したくなるのですが、これはiPhoneでスクリーンショットを撮影(ホームボタン+スリープボタンを押す)することで、保存可能です。画像として保存し、いらなくなったらすぐ削除しています。

「Google」は、検索のみならず、Gmail、ニュース、YouTubeなどのポータルとしてのアプリなので、1ページ目においてあります。

それから、仕事柄、「Bloomberg」「Simplex FX」「Thomson Reuters」は入れてあります。直接仕事で使うわけではありませんが、なんとなく入れてあります。

RSSリーダーは「Byline」、Twitterクライアントは「TwitBird」を使っています。

それから、何か食べたいときにお店を探すのに便利な「食べログ」はやはり1ページ目です。

カメラアプリは無料でデジタルズームが使えるということで「Camera Plus」を使っています。かなりのアプリが出ているのでいろいろ試してもいいのですが、数が多すぎてきりがないのと、そもそもiPhoneのカメラはハード的にはそれほどでもないので、いくらソフトでカバーしたとしても限界があるだろう、ということであまりこだわっていません。


iPhoneHome2 20100302.jpg


2ページ目は辞書系だったり、ちょっとしたツールなどで比較的よく使うものが入っています。


iPhoneHome3 20100302.jpg


3ページ目は食べもの系、実用系アプリといった感じでしょうか。バンクーバーオリンピックオフィシャルアプリも入っています(もう消してもいいのですが)。


iPhoneHome4 20100302.jpg


4ページ目は定期的に使うわけではないけど、たまーに使うツール系といった感じでしょうか。また別の機会にご紹介しますが、ローン計算ができる電卓二つはなかなか便利です。


iPhoneHome5 20100302.jpg


5ページ目はゲームです。あまりゲームはしない方ですが、たまーにやります。マリオカート同様の「Shrek Karting」は、Wi-fiで対戦とかやるとなかなかおもしろいです。


とりあえず、現在のところ、主に使っているアプリはこんな感じです。オススメのアプリ等ありましたら、コメント頂けるとありがたいです。





blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

iPhoneを購入して早5ヶ月が経過しようとしています。ブログではあまりiPhoneネタを書いていませんでしたが、毎日ある意味iPhone漬けの生活を送っています。

普通の携帯から、iPhoneへ乗り換える際にいろいろ懸念される点があるかと思いますが、その中でも文字の入力方法というのは皆さん気にされるところかもしれません。

ということで、iPhone特有のフリック入力という入力方法をご紹介します(ぼくは別にiPhoneのセールスマンでも何でもありません。念のため)。

百聞は一見にしかず、ということは、実際にフリック入力をしている動画を見て頂くのが一番いいかと思います。

普通の携帯と同じように、あかさたな、、、といったキーで入力するのですが、指を滑らせて方向を確定することで、「あかさ、、、」以外の、「いきし、、、」「うくす、、、」といった他の文字も素早く入力することができます。

ぼくは当初、キーボード入力(パソコンのキーボードと同じキーで入力)をしていたのですが、あるきっかけでフリック入力を覚えてからは、日本語の入力はすべてフリック入力をするようになりました。キーボード入力だと、やはり両手で持たないと入力しづらかったりしますが、フリック入力なら片手でも十分入力可能です。

で、あるきっかけですが、それは「Flick Master」というアプリ(現在230円)を購入して、試してみたことです。アプリについては、例えば次のレビューをご覧頂ければと思いますが、非常にシンプルでかんたんな一文字入力から始まり、少しずつステップアップしていくので、着実にフリック入力をマスターしていくことができる気がします。

Flick Master:iPhoneアプリ唯一のフリック入力練習ソフト!1342

このアプリを使うことで、早ければ1日くらいで、フリック入力の基本はマスターできるのではないでしょうか。後は必要に応じて実践していきながら、たまにアプリに戻って復習すると行った形で十分だと思います。

iPhoneユーザーの方で、フリック入力をまだ試していない方は、一度は試す価値があるかと思います。その際、自分でやろうとしても、いまいち身につかない可能性が高いので、上のアプリを使うのがマスターへの早道だと思います。

自分もまだすごく速く、正確に入力できるという感じではありませんが、日本語入力が以前よりも快適になって来ていることだけは間違いありません。フリック入力、オススメです。



blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

iPhone アプリの続きです。今のところ、iPhoneにまだ飽きていません。飽きそうにありません。

ということで、さらにアプリをダウンロードしてみました。

1 Samurai Taxi
2 LoanCalc Free
3 Good Choice
4 辞書登録 Lite
5 myLite Flashlight
6 Touch Hockey
7 N-News
8 Kotoba! (Japanese dictionary)
9 Evernote
10 iXpenseIt Lite
11 WSJ - The Wall Street Journal
12 AppBank.net Mobile
13 eWiFi

ここではApple Storeから送られてくる確認メールにある名前をそのまま使っているのですが、一部日本語で表示されている名前と違う気がします。

まあ、それはともかく、いろいろ便利なものがあります。

Samurai Taxi は、おそらくタクっちゃうという名前のような気がしますが、これはタクシー料金の概算を計算するアプリです。タクシーに乗る前にザックリしたイメージをつかむには便利です。会社から自宅までで計算してみたところ、実際にかかるであろう金額より2割程度安めの数字が出ました。ということで、あくまで目安ですが、まあ便利です。

LoanCalc Freeは、不動産投資(もしくは住宅ローン)には欠かせない電卓です。元利均等返済の場合の支払額などが計算できます。支払回数、支払額、金利、借入額など、好きな変数をターゲットに逆算できるので、とても便利です。しかも、無料!

AppBank.net Mobileは、iPhoneアプリをおすすめするAppBankというサイトのiPhone版です。いろいろなアプリを実際の画面とともに紹介しているサイトです。とりあえず、ダウンロードしておいて損はないと思います。

すべて説明するときりがないので、とりあえずこのへんで。


今のところ、まだ無料アプリのみで楽しんでいますが、これでもかなり楽しめます。


ちなみに、

『iPhone情報整理術』

という本が近々発売されるようで、早速購入したいところです。

iPhoneの可能性は広がる一方ですね。


blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

先日京都へ行ったとき、旅先でいろいろとiPhoneを使ってみました。ということで、まだまだ開拓の余地はある気がしますが、とりあえず今回使ってみたアプリを紹介してみます。

旅行と言えば、やはりおいしいものを食べるのが一つの楽しみだと思います。ということで、やはり食べログは便利です。京都のガイドブックも買ったのですが、レストラン情報などはやはり口コミベースの情報の方が外れが少なく、ベターかな、と。ということで、お昼を食べたくなったら、その場(現在地)から500m以内、1000m以内などといった形で範囲をしてして、口コミ情報を検索できる食べログはかなり便利です。投稿数が少ないと信頼性がどうしても落ちてしまうので、やはり投稿数が二桁以上くらいはあるお店で、評価の高いところを選ぶのがよいかと思います。

そして、旅行と言えば、見知らぬ土地でいろいろな移動が発生するわけですが、そのような場合やはり便利なのは乗換案内です。まあ、これは今さら説明するまでもないアプリだと思いますが。

さらに、タクシーを使ってしまおうかどうしようか、なんて思ったときにあらかじめタクシー料金の概算がわかるタクっちゃうがあると、心の準備ができるので安心です。

そして、Google Mapで現在地だったり、まわりの様子を確認するのはもちろん便利ですが、自分のまわりにカテゴリー別に何があるかを確認できるAroundMeも便利です。どこにでもコンビニやATMがある場所ならともかく、ちょっと中心から離れた場所なんかでATMないかな、とか思ったときなんかは、AroundMeで銀行を指定すると、自分のまわりにある銀行がそこまでの距離とともにリストで表示され、地図上で表示することも可能です。

さらに、京都なんかに行くといろいろな寺社に行ったりすることが多いかと思いますが、そもそもどんなところなんだろう、ととりあえず基本的なことを確認したい場合はWikipedia閲覧用のアプリWikiamoが便利でした。履歴とかも残るので、一度チェックしてまたすぐに見返したい場合などはすぐにアクセスできるようになっており、操作性も快適です。

最後に、京都特有のアプリとしては花なび(今の京都の花情報)というのがあります。今回事前にダウンロードしていたものの、ほとんど使わなかったので、使い勝手に関するコメントはありません。お花に興味がある方はどうぞ。


また、おそらくiPhoneで懸念材料の一つであるバッテリーの消耗ですが、旅行中、一日中上のようなアプリを駆使すると、たしかに消耗は早いです。夕方くらいに残り、30%とか、20%になってしまい、その後は気をつけながら使うことになりました。

音楽プレーヤーとしての機能は特に使っていなくてこれですから、さらにiPod機能も同時に使っていたら、バッテリーの消耗はさらに激しかったと思います。

ただ、平日、会社に行くときは基本的に携帯を使うことはほとんどないので、会社から帰ってくるころでも残り80%とか、70%くらいは普通にあります。

ということで、かなり激しく使う日はちょっと注意が必要ですが、毎日充電する習慣のある人にとってはそれほど問題にはならないかなと思います。


blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

更新がかなり飛んでしまいましたが、iPhoneはかなりいいです。たくさんのアプリが提供されており、無料のアプリが多く、また有料であってもそれほど高くないのはいいですね(今のところ、まだ無料のアプリしか試していませんが)。

とりあえず、いろいろとダウンロードしてみました。

1 食べログ
2 ぐるなび
3 乗換案内
4 ホットペッパー
5 Bloomberg
6 産経新聞
7 Skype
8 Google Earth
9 Wikiamo
10 Weathernews Touch
11 Dictionary.com - Dictionary & Thesaurus
12 Facebook
13 mixi
14 Yahoo!地図
15 LDR touch
16 AeroReader
17 今日の中吊り
18 GNReader
19 iSWEN News JP
20 30min.おでかけ
21 TV紹介の店舗検索-TeePee
22 iDicttFree
23 Now Playing
24 AroundMe
25 ITmedia
26 Yahoo! JAPAN
27 Torch
28 How Old ? (Age)
29 今日は何の日
30 Simplex FX
31 Ukulele San
32 Signals
33 BB2C
34 Google Mobile App
35 PickUp Recommended Exhibition of Japan
36 歩数計
37 SysStats Lite
38 Video Downloader iWoopie Lite
39 Dig Dug REMIX Lite
40 PAC-MAN Lite
41 Drum Kit Lite
42 花なび(今の京都の花情報)
43 Backgrounds
44 価格ポン!

まず一つ言えることは、GPS機能を活用したアプリはかなり便利です。初めから入っているGoogleマップはもちろんのこと、食べログ、ぐるなび、TV紹介の店舗検索-TeePee、AroundMeなど、かなりいい感じです。

それから、(オフィシャルではありませんが)LivedoorReaderのiPhoneアプリであるLDR touchも便利です。更新さえしておけば、地下鉄の中でも読めるので、ちょっとした暇つぶしには最適です。

あと、Facebookもかなり見やすくて気に入っています。今まで、あまりパソコンだとそれほど頻繁にはログインしていませんでしたが、これだと結構気軽に見てしまいます。一方、SNSアプリで使いづらいのは、mixiです。これはちょっと使い勝手が悪い気がします。オフィシャルではない有料版のアプリが使いやすいようですが、今のところ、そこまではいらないかな、と思っています。

最近では、セカイカメラが評判ですが、OSを3.1にバージョンアップしないといけないので、まだ試していません。

日々進化するiPhoneとそのアプリたち。これはかなりいい感じです。

かなり最近のお気に入りです。


blogram投票ボタン

ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

このページの上部へ

Ads by Google

プロフィール

yokoken

投資家的観点から日々思うことを書きたいと思います。まあ、ただの日記なのですが。
Manchester Business SchoolでのMBA留学を終え、2008年4月に帰国しました。最近は不動産投資やマイホーム購入に興味を持っています。


サイト内検索

最近のピクチャ

  • AA201605trend.png
  • AAchange201604.png
  • AA201603trend.png
  • AA201602trend.png
  • mgmtfeechange.png
  • AA201601trend.png
  • trend201512.png
  • AA201511trend.png

月別アーカイブ

  1. 2016年6月 [2]
  2. 2016年5月 [1]
  3. 2016年4月 [3]
  4. 2016年3月 [1]
  5. 2016年2月 [2]
  6. 2016年1月 [1]
  7. 2015年12月 [1]
  8. 2015年11月 [1]
  9. 2015年10月 [1]
  10. 2015年9月 [4]
  11. 2015年8月 [1]
  12. 2015年7月 [4]
  13. 2015年6月 [2]
  14. 2015年5月 [3]
  15. 2015年4月 [3]
  16. 2015年3月 [3]
  17. 2015年2月 [3]
  18. 2015年1月 [6]
  19. 2014年12月 [3]
  20. 2014年11月 [3]
  21. 2014年10月 [1]
  22. 2014年9月 [4]
  23. 2014年8月 [8]
  24. 2014年7月 [3]
  25. 2014年6月 [2]
  26. 2014年5月 [2]
  27. 2014年4月 [4]
  28. 2014年3月 [6]
  29. 2014年2月 [4]
  30. 2014年1月 [4]
  31. 2013年12月 [1]
  32. 2013年11月 [1]
  33. 2013年10月 [4]
  34. 2013年9月 [1]
  35. 2013年8月 [1]
  36. 2013年7月 [2]
  37. 2013年6月 [4]
  38. 2013年5月 [3]
  39. 2013年4月 [2]
  40. 2013年3月 [5]
  41. 2013年2月 [6]
  42. 2013年1月 [1]
  43. 2012年12月 [1]
  44. 2012年11月 [3]
  45. 2012年10月 [4]
  46. 2012年9月 [6]
  47. 2012年8月 [3]
  48. 2012年7月 [8]
  49. 2012年5月 [7]
  50. 2012年4月 [4]
  51. 2012年3月 [2]
  52. 2012年2月 [2]
  53. 2012年1月 [11]
  54. 2011年12月 [7]
  55. 2011年11月 [6]
  56. 2011年10月 [7]
  57. 2011年9月 [5]
  58. 2011年8月 [5]
  59. 2011年7月 [9]
  60. 2011年6月 [5]
  61. 2011年5月 [5]
  62. 2011年4月 [5]
  63. 2011年3月 [7]
  64. 2011年2月 [7]
  65. 2011年1月 [11]
  66. 2010年12月 [3]
  67. 2010年11月 [8]
  68. 2010年10月 [8]
  69. 2010年9月 [12]
  70. 2010年8月 [8]
  71. 2010年7月 [11]
  72. 2010年6月 [17]
  73. 2010年5月 [15]
  74. 2010年4月 [11]
  75. 2010年3月 [12]
  76. 2010年2月 [10]
  77. 2010年1月 [16]
  78. 2009年12月 [18]
  79. 2009年11月 [15]
  80. 2009年10月 [12]
  81. 2009年9月 [9]
  82. 2009年8月 [18]
  83. 2009年7月 [13]
  84. 2009年6月 [17]
  85. 2009年5月 [14]
  86. 2009年4月 [16]
  87. 2009年3月 [13]
  88. 2009年2月 [16]
  89. 2009年1月 [26]
  90. 2008年12月 [18]
  91. 2008年11月 [18]
  92. 2008年10月 [13]
  93. 2008年9月 [14]
  94. 2008年8月 [19]
  95. 2008年7月 [15]
  96. 2008年6月 [14]
  97. 2008年5月 [15]
  98. 2008年4月 [17]
  99. 2008年3月 [29]
  100. 2008年2月 [23]
  101. 2008年1月 [34]
  102. 2007年12月 [37]
  103. 2007年11月 [41]
  104. 2007年10月 [40]
  105. 2007年9月 [43]
  106. 2007年8月 [40]
  107. 2007年7月 [28]
  108. 2007年6月 [27]
  109. 2007年5月 [25]
  110. 2007年4月 [31]
  111. 2007年3月 [27]
  112. 2007年2月 [23]
  113. 2007年1月 [28]
  114. 2006年12月 [29]
  115. 2006年11月 [26]
  116. 2006年10月 [23]
  117. 2006年9月 [27]
  118. 2006年8月 [34]
  119. 2006年7月 [40]
  120. 2006年6月 [28]
  121. 2006年5月 [26]
  122. 2006年4月 [34]
  123. 2006年3月 [14]
  124. 2006年2月 [3]
  125. 2006年1月 [2]
  126. 2005年12月 [20]

Counter


( Since 2006/4/1 )
admin